Categories

Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

募集&ご案内

俳句番組のご案内

来る9月15日(月)、「俳句を知らない人は、俳句の鑑賞の楽しさを味わえ俳句を知っている人は、鑑賞の自由さを堪能できる、そんな面白くてためになる」番組が放映されますのでお知らせ致します。以下、番組内容が詳しく記載されています、夏井いつき公式ブログ「夏井いつきの100年俳句日記」(9/13掲載)を転載致しました。御参考の上、ぜひ番組を御覧下さいませ。
---------------------------------------------------------------
東京の一人さんからメール!
うちの事務所でも、すでに話題になっている番組のお知らせだ。(以下、一人さんのメールから転載。)
〜日本ナンダコリャこれくしょん「今度は俳句だ!」〜
放送日  9月15日(月)20:00〜22:00 (デジタル衛星ハイビジョン)
再放送  9月27日(土)16:00〜18:00(デジタル衛星ハイビジョン)

皆様から寄せられた奇想の俳句を厳選して百句リストを作りその中から出演者の皆さんに、これぞという句を二句ずつ選んでいただきました。それを句会形式で紹介しながら、どれが一番ナンダコリャかを侃々諤々議論しようという趣向です。二時間の長丁場ですが論客揃いで、収録は大層盛り上がりました。たとえば 

   露人ワシコフ叫びて石榴打ち落す  西東三鬼

俳壇一の伊達男として知られ、関係のあった女性はわかっているだけでも35人。乗馬やゴルフをたしなみ、女装の写真まで残している三鬼。今で言うと、もてもての「ちょいワルおやじ」というところでしょうか。三鬼の代表句でありながら、今なお論議の絶えないこの句の魅力に作家・高橋源一郎さんが迫ります。

一方、南海キャンディーズの静ちゃんが推薦するのは

   夏みかん酢つぱし今さら純潔など  鈴木しづ子

女性が性を詠うことがタブーだった時代。ダンスホールで働き、黒人米兵とつきあうなど奔放に生き、大胆に性を詠んだしづ子。句集発表後、「ごきげんよう、さようなら」という言葉を残して忽然と姿を消してしまいます。今なお生死不明という伝説の俳人・しづ子の名句を静ちゃんはどう鑑賞するのか?

俳句を知らない人は、俳句の鑑賞の楽しさを味わえ俳句を知っている人は、鑑賞の自由さを堪能できる、そんな面白くてためになる番組です。
俳人の小島健さんと浦川聡子さんが、句の監修をしてくださっています。俳句ファン、必見!是非ご覧ください。

宗匠:金子兜太
司会:いとうせいこう
出演:富士真奈美(俳優)
    吉行和子(俳優)
    高橋源一郎(作家)
    なぎら健壱(フォークシンガー)
    假屋崎省吾(華道家)
    箭内道彦(映像作家)
    大宮エリー(脚本家)
    明川哲也(詩人)
    南海キャンディーズ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・このメンバーも面白そうだし、句会スタイルの鑑賞会というアイデアがまた、この出演者の個性を存分に楽しませてくれそうで、いい!
さすがは、一人さんだなあ、と思う。こんな番組がどんどん作られることもまた、大いなる「100年俳句計画」だと思う。頼もしい仲間たちの個性的なアイデアが、さらに楽しい俳句の種を蒔いてくれる。ほんとうに嬉しいことだ。

あ、nhkk(日本俳句教育研究会)の事務局からも、この番組のお知らせメール、発信してもらおう! 学校の先生たちにとっても、「俳句甲子園」に出場する高校生たちにも興味深いに違いない。
おおー、そうぢゃ、そうしよう!・・・というか、あづきちゃん(事務局長)頼む。
----------------------------------------------------------------
以上、番組のお知らせでした。
9月18日(木)「第五回nhkk(日本俳句教育研究会)句会」への参加もお待ち申し上げております。
  • 2008.09.13 Saturday
  • 23:18

ナマ句会(2013〜)&実技研修句会(〜2012)

【第5回 nhkk(日本俳句教育研究会)句会】のご案内

「第4回nhkk(日本俳句教育研究会)句会」は、初めての先生や、県外からのご参加もあり、盛況に句会を終える事が出来ました。ありがとうございました。
第5回句会は、原則通り「第三木曜日」9月18日(木)に開催致しますので、多数のご参加をお待ち申し上げております。また、「事前投句」は一週間前の9月11日(木)となっておりますのでよろしくお願いいたします。事前に途中参加が分かって居られる方や、ご希望の方には投句一覧をお送りいたしますので、お知らせ下さいませ。
投句なしでの参加や見学も受け付けておりますのでお気軽にお問い合せ下さい。
(事務局にご用の際には、E-mail<e-nhkk.info@e-nhkk.net>担当・八塚までご連絡下さい。)
--------------------------------------------------------
【第5回 nhkk(日本俳句教育研究会)句会】

■日時 9月18日(木)午後7時開始

■場所 俳句甲子園実行委員会事務局にて 
    松山市永代町16−1 

■電話  089−906−0694
 FAX 089−906−0695

■投句 当季雑詠3句
9月11日〈木)までに事務局 E-mail〈e-nhkk.info@e-nhkk.net〉に
て事前投句をしておいて下さい。投句なしでの参加も出来ますが、お席の
都合上参加の旨をお知らせ下さい。

■参加費 500円

■備考 夕飯代わりの弁当やら飲み物やらを各自持参していただいて結
構です。食べながら、飲みながらの句会となります。

  • 2008.08.28 Thursday
  • 14:25

入会案内

ブログ:「夏井いつきの100年俳句日記」より転載

以下、夏井いつき公式ブログ「夏井いつきの100年俳句日記」(2008年8月20日「日本俳句教育研究会」)より頂きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本俳句教育研究会

なんてグレイトな名前なんだろう〜!
はっきり言って、先に名乗ったモン勝ちである。

日本俳句教育研究会。
略して、「n.h.k.k」
なんと不届き千万な略称なんだろう。

ほんというと、ズバリ「NHK」としたかったのだが、会長である三浦鈍角和尚(愛媛大学教育学部教授・三浦和尚氏)が、「夏井さ〜ん、それだけは止めようよ〜。お互いにこれ以上、敵は増やさない方がいいよ〜」と言うので、仕方なく小文字にし、さらにもう一個「k」をつけた。いかにも、お互いに元・現場教員の苦い経験を生かした、姑息にしてユーモアに溢れた落としどころであった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【1】目的
 本会は、「俳句」を教材とした様々な教育の可能性を研究し、また「俳句」を教材とした様々な教育活動を展開している教師・俳句愛好家たちの情報交換を目的とする会である。

【2】組織
 本会は、NPO法人俳句甲子園実行委員会を側面から応援する組織として結成され、「俳句」と「俳句甲子園」を愛する教師・俳句愛好家たちによって構成される。

 会長   愛媛大学教育学部教授      三浦和尚
 副会長  俳句集団いつき組組長      夏井いつき

 事務局長                 八塚あづき

【3】活動内容
 毎月、「俳句」を愛する教師を増やしていくための実技研修句会を開催。(句会費として参加者から500円を徴収し、『日本俳句教育研究会』の当面の活動費に充てる。)

 毎年1月『まる裏俳句甲子園』の前日午後に、研究発表会を開催。(第一回研究発表大会は、2009年1月10日(土)の予定。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ま、こんな感じである。
句会は、「俳句甲子園実行委員会事務局」にて、月に一回(基本的には第3木曜日)に開催される。
仕事を終えたメンバーは、食べ物・飲み物を提げて集まってくる。教員というのは、ほんとに遅くまでゴソゴソ働く人たちなので、事前三句投句というシステムにしている。遅れてくる人のために、事前投句の一覧を、事前にメール送付し、会場に来るまでの空いた時間に選句もしておけるという、いたれりつくせりの「nhkk句会」なのである。

俳句なんてとんでもないッ!
自分に出来るわけがないッ!
・・と、頑なに思い込んでいる教員はとてつもなく多い。
が、一度句会に来てみれば、むしろ日頃の憂さの発散まで出来るほど笑い転げて帰るのを楽しんでくださるようになる。

小学校では平成23年度から、
中学校では平成24年度から、新しい指導要領が実施されることになるが、今回の改訂で、国語科では「創作」が義務づけられるようになる。
ぜひ、この機会に、日本中の子どもたちに「俳句」の楽しさを、「句会ライブ」の興奮を味わってもらえるようになれば嬉しい!

あ、ぅううううう!!
大事なことを忘れていた。
「俳句甲子園」の審査員であった高野ムツオさん・大高翔さんが、「nhkkに入会する」と言って下さってたんだった!

ひょ、ひょっとすると、愛媛県以外でも「nhkk句会」を開催することができるようになるかも! すげ〜、ぜーたくダゼ、nhkk!

このブログのリンクのところに、「日本俳句教育研究会」ってのがあるので、そこから入ってもらえば、「愛媛・nhkk句会」の日程は分かる。参加希望の方は、事務局・あづきちゃんまで、連絡を入れていただければOK。
うは〜、
いきなり「nhkk」に、「愛媛」の2字が付くような展開になるとは!
これまた忙しくなるぞ〜。

  • 2008.08.23 Saturday
  • 22:52

ナマ句会(2013〜)&実技研修句会(〜2012)

【第4回 nhkk(日本俳句教育研究会)句会】のご案内

先日行われました「第3回nhkk(日本俳句教育研究会)句会」は、
初めての先生方にも多数おいでいただきまして、盛況に句会を終える事
が出来ました。ありがとうございました。
第4回句会は、原則通り「第三木曜日」・8月21日に開催致します
ので、多数のご参加をお待ち申し上げております。また、「事前投句」
は一週間前の8月14日(木)となっておりますのでよろしくお願いい
たします。事前に途中参加が分かって居られる方で、ご希望の方には投
句一覧をお送りいたしますので、お知らせ下さいませ。
---------------------------------------------------------
【第4回 nhkk(日本俳句教育研究会)句会】

■日時 8月21日(木)午後7時開始

■場所 俳句甲子園実行委員会事務局にて 
    松山市永代町16−1 

■電話  089−906−0694
 FAX 089−906−0695

■投句 当季雑詠3句
8月14日(木)までに事務局のE-mail〈e-nhkk.info@e-nhkk.net〉
にて事前投句をしておいて下さい。投句なしでの参加も出来ますが、席
の都合上参加の旨をお知らせ下さい。

■参加費 500円

■備考 夕飯代わりの弁当やら飲み物やらを各自持参していただいて結
構です。食べながら、飲みながらの句会となります。
  • 2008.07.31 Thursday
  • 11:24

ナマ句会(2013〜)&実技研修句会(〜2012)

第三回「nhkk(日本俳句教育研究会)句会」のご案内

 第三回「nhkk(日本俳句教育研究会)句会」は、多くの方に参加し
て頂くため、夏休み期間中の7月24日(第四木曜)に開催することにな
りました。「第三木曜日」ではありませんので、お気を付け下さい。
 また、「事前投句」は、一週間前の7月17日(木)が締め切りとなり
ます。事前に途中参加が分かって居られる方や、ご希望の方には投句一覧
をお送りいたしますので、投句の際にお知らせ下さいませ。
 ぜひ句会初体験の方もお誘い合わせの上、ご参加頂きたくご案内いたし
ます。
-----------------------------------------------------
【第三回 nhkk(日本俳句教育研究会)句会】

■日時 7月24日(第四木曜)午後7時開始

■場所 俳句甲子園実行委員会事務局にて 
    松山市永代町16−1 

■電話  089−906−0694
 FAX 089−906−0695

■投句 当季雑詠3句
7月17日(木)までに事務局のE-mail(e-nhkk.info@e-nhkk.net)にて
事前投句をしておいて下さい。(初めての方は手ぶらでも大丈夫ですが、
席の都合上参加の旨をお知らせ下さい。)

■参加費 500円

■備考 仕事から直行される方は、夕飯代わりの弁当やら飲み物やらを各
自持参していただいて結構です。食べながら、飲みながらの句会となりま
す。

  • 2008.06.26 Thursday
  • 10:13