Categories

Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

ナマ句会(2013〜)&実技研修句会(〜2012)

【5月nhkk実技研修句会】のご案内

東日本大震災にて被災された皆様に心よりお見舞い申し上げると共
に、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
4月の実技研修句会より、句会参加費の一部を被災地への義援金とさせていただきたくお願いしておりましたが、ご賛同のお声を頂きましてありがとうございました。
4月ご参加頂きました句会費から「日本赤十字社東北関東大震災義援金」をお送りいたしましたのでご報告いたします。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
5月句会でも同様に、私たちにできることを重ねていきたいと考えております。
どうぞご協力をよろしくお願いいたします。
---------------------------------
【5月nhkk実技研修句会】は、予定を変更して「第3木曜日」5月19日に開催しますのでお知らせ致します。【欠席投句】も受け付けておりますので、ぜひご参加下さい。
また、「事前投句」締め切り日は、一週間前の5月12日(木)となりますのでよろしくお願いいたします。投句がおくれた場合は【欠席投句】方の選に入れない場合がありますので、締め切りをお守り下さい。事前に途中参加が分かっておられる方や、ご希望の方にも投句一覧をお送りいたしますので、お知らせ下さいませ。
投句なしでの参加や見学も受け付けておりますのでお気軽にお問い合せ下さい。

「投句フォーム」

また、携帯電話をご利用の方でうまくご利用できない場合は、「フルブラウザ」にて以下のページに入って頂くことでご投句頂けることが多いようです。簡単なテキストデータのページとなっており、携帯電話でもお気軽にご利用いただけますので、よろしくお願いいたします。
なお、「投句フォーム」がご利用できない場合は、従来通り事務局アドレスまでご投句下さい。

(ご不明の点は事務局E-mail<e-nhkk.info@e-nhkk.net>にて担当・八塚までご連絡下さい。)
----------------------------------
【5月 nhkk(日本俳句教育研究会)・実技研修句会】

■日時 5月19日(木)午後7時開始

■場所 俳句甲子園実行委員会事務局にて
    松山市永代町16−1

■電話&FAX  089ー943ー1512

■投句 当季雑詠3句
5月12日〈木)までに「投句フォーム」て事前投句をしておいて下さい。

投句なしでの参加も出来ますが、お席の都合上、参加の旨をお知らせ頂けるとありがたいです。

■参加費 チケット1回分(500円)<チケットは6回分(3,000円)を購入いただき、購入月より1年間有効です。>

■備考 夕飯代わりの弁当やら飲み物やらを各自持参していただいて結構です。食べながら、飲みながらの句会となります。
-----------------------------------------
【欠席投句】の場合

1 5月12日(木)までに投句する。「欠席投句希望」と明記。

2 事務局より「投句一覧」の送信。(投句がそろい次第、遅くても5月16日までに送信の予定)

3 5月18日(水)までに「選句・選評」を送信する。(特選1句・並選4句)水曜到着可

4 事務局より「句会報」の送信。(句会終了後、会報ができしだい送信いたします)
〜「句会報」は、結果が一覧で見られるものを出席者・欠席者共にお送りする他、欠席投句の方にはご自身の句を選んだ方からの選評を簡単にまとめたものを送付する予定です。〜

 ご不明の点は、事務局 E-mail<e-nhkk.info@e-nhkk.net担当八塚までご連絡下さい。
  • 2011.04.25 Monday
  • 12:14

ナマ句会(2013〜)&実技研修句会(〜2012)

【4月nhkk実技研修句会】のご案内

 東日本大震災により、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申しあげるとともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。
四国の地でも、被災地の皆様へ何かできないかとの思いでいっぱいです。
少しでも復興の手助けになれば…。
実技研修句会への参加費の一部を被災地への義援金とさせていただきたいと考えております。
毎回の句会費では少額ですが、思いを重ねていくこと、これが私たちにできることではないかと…。
どうぞご協力をよろしくお願いいたします。
---------------------------------
【4月nhkk実技研修句会】は、通常通り「第2木曜日」4月14日に開催しますのでお知らせ致します。【欠席投句】も受け付けておりますので、ぜひご参加下さい。
また、「事前投句」締め切り日は、一週間前の4月7日(木)となりますのでよろしくお願いいたします。投句がおくれた場合は【欠席投句】方の選に入れない場合がありますので、締め切りをお守り下さい。事前に途中参加が分かっておられる方や、ご希望の方にも投句一覧をお送りいたしますので、お知らせ下さいませ。
投句なしでの参加や見学も受け付けておりますのでお気軽にお問い合せ下さい。

「投句フォーム」

また、携帯電話をご利用の方でうまくご利用できない場合は、「フルブラウザ」にて以下のページに入って頂くことでご投句頂けることが多いようです。簡単なテキストデータのページとなっており、携帯電話でもお気軽にご利用いただけますので、よろしくお願いいたします。
なお、「投句フォーム」がご利用できない場合は、従来通り事務局アドレスまでご投句下さい。
"
(ご不明の点は事務局E-mail<e-nhkk.info@e-nhkk.net>にて担当・八塚までご連絡下さい。)
----------------------------------
【4月 nhkk(日本俳句教育研究会)・実技研修句会】

■日時 4月14日(木)午後7時開始

■場所 俳句甲子園実行委員会事務局にて
    松山市永代町16−1

■電話&FAX  089ー943ー1512

■投句 当季雑詠3句
"4月7日〈木)までに「投句フォーム」にて事前投句をしておいて下さい。

投句なしでの参加も出来ますが、お席の都合上、参加の旨をお知らせ頂けるとありがたいです。"

■参加費 チケット1回分(500円)<チケットは6回分(3,000円)を購入いただき、購入月より1年間有効です。>

■備考 夕飯代わりの弁当やら飲み物やらを各自持参していただいて結構です。食べながら、飲みながらの句会となります。
-----------------------------------------
【欠席投句】の場合

1 4月7日(木)までに投句する。「欠席投句希望」と明記。

2 事務局より「投句一覧」の送信。(投句がそろい次第、遅くても4月11日までに送信の予定)

3 4月13日(水)までに「選句・選評」を送信する。(特選1句・並選4句)水曜到着可

4 事務局より「句会報」の送信。(句会終了後、会報ができしだい送信いたします)
〜「句会報」は、結果が一覧で見られるものを出席者・欠席者共にお送りする他、欠席投句の方にはご自身の句を選んだ方からの選評を簡単にまとめたものを送付する予定です。〜

 ご不明の点は、事務局 E-mail<e-nhkk.info@e-nhkk.net担当八塚までご連絡下さい。
  • 2011.03.28 Monday
  • 11:23

-

東北地方太平洋沖地震


このたびの「東北地方太平洋沖地震」により、
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申しあげます。
また、被災された皆さま、そのご家族の方々に、衷心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈り申し上げます。
  • 2011.03.13 Sunday
  • 19:56

『俳句の授業ができる本 創作指導ハンドブック』

『俳句の授業ができる本 創作指導ハンドブック』

『俳句の授業ができる本 創作指導ハンドブック』
日本俳句教育研究会 三浦和尚 夏井いつき 編著

三省堂(2011年1月刊行)


「日本俳句教育研究会」の研究成果をまとめた一冊で、これまで開発してきた教材の中から、特に教育効果の高かった基本教材を選び、具体的な解説を加えています。
「俳句創作」を核とした日本語教育の未来への、ささやかな指針となるよう編集した本書。
ぜひお手元において頂けましたら幸いです。

全国有名書店にて販売中。

マルコボ.コム オンラインショップ(shop.marukobo.com)にても購入可能です。
マルコボ.コム オンラインショップ(shop.marukobo.com)では、「日本俳句教育研究会・研究発表大会」の第1回〜第3回資料の販売もお願いしておりますので、合わせての購入が可能です。

以下、マルコボ.コム オンラインショップ(shop.marukobo.com)の商品案内ページの転載です。
俳句の授業ができる本
俳句の授業ができる本 〜創作指導ハンドブック〜

日本俳句教育研究会 三浦和尚 夏井いつき 編著
(発行:三省堂)
【付録】「音俳句」句会ライブのサンプル音CD

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いよいよ学習指導要領に明記される、国語の「創作」。
この創作は、なにも俳句に限ったことではありませんが
それでも、俳句の創作は教育現場の注目を集めています。
 
俳句の教育指導のノウハウを積み上げてきた
日本俳句教育研究会による俳句の創作指導の決定版!

俳句の教育指導は、俳句を核とはしながらも
日常の生活に密着した、文化・風習や歴史、
そしてもちろん、季節・自然をテーマとしていることで
俳句の枠をこえて、様々な分野の教育へと広がりを見せます。

本書には、簡単な俳句の作り方とその教え方、
さらには「句会ライブ」という形での授業の提案、
また、俳句を教えるために欠かせない、
俳句の評価のしかたについて……
つまり「選句」の力をつけるノウハウなどなど、
この本さえあればすぐに俳句の授業を行える内容が
ギッシリ詰まっています。

子どもに教える場合はもちろん、大人が学ぶ場合にも
じゅうぶん応用の利く内容となっています。


※【付録】『「音俳句」句会ライブのサンプル音CD』について

本書では「句会ライブ」の応用編のひとつとして
「音」のイメージから俳句を作る手法を紹介しており、
そこで必要となる様々な「音」を収録したCDです。

これらの音のポイントは、すぐには明確な答えが分からない、
イメージの広がりやすい音である、ということです。
「音俳句」は、決して“音当てゲーム”ではないのです。

「音俳句」の授業に、句会ライブに、どうぞお役立てください。


 
  • 2011.03.03 Thursday
  • 11:46

第3回 研究発表大会

事務局より

 

 皆様からいただいたご意見へ
事務局より回答させていただきます


 

 

◆ 俳句の視覚化や音からの創句等について色々な情報が知りたいです。

 

  ☆ 「音俳句」については、大会参加の先生から

 

早速『俳句の授業ができる本 創作指導ハンドブック』(三省堂)付録の「音俳句」CDを使ってみたが、生徒にも大変好評で、「音」で触発されなければ生まれなかったと思われる俳句が沢山でき、大変有効だった

 

……との声をお寄せ頂きました。

 

 引き続き、音俳句の実践報告も、お待ちしております!

 

 

 『歳時記』をどのように与えているのか知りたいと思った。

 

 ☆ 「歳時記を全ての子どもたちに与えることは難しい」という現場の先生方の声から生まれたのが『殿様ケンちゃん俳句ノート』(マルコボ.コム)で、日本俳句教育研究会でも推薦しています。


 このノートは、「絵で見る季寄せ(歳時記)」と「俳句の種をメモする句帳」を合体させた俳句創作ノートで、季節によって姿を変える季語が、一年を通したイラストで紹介されています。

 
 また、付属の表紙をデザインすれば、自身の世界に一つの句集に完成させることもでき、クラスの一人ひとりに持たせることの可能なノートとなっています。

 

◆ 学校での俳句作り、俳句の鑑賞〔教科書教材の句〕の実践事例の発表が聞いてみたい。新指導要領の創作の先行事例など。

 

 ☆ 来年度の大会では、学校現場での生の実践を多数紹介したいと考えております。

皆様からの実践例をぜひお寄せ頂きたくお願いいたします。

 

  

実践された方のご感想、またnhkkへのご意見やご要望など、ぜひお寄せ下さい。お待ちしております!
  • 2011.02.21 Monday
  • 19:47