Categories

Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』

第158回芥川賞受賞作。題名から、宮沢賢治の「永訣の朝」に出てくる妹トシ像をイメージしてしまったので、全く別物の話で驚きでした。
63歳の若竹さんの描く75歳間近の桃子さん。彼女の心の最古層にある原初のイメージが東北弁で、東北弁で語ることが、彼女自身を汲み上げて顕わにしていくものという設定です。本心は東北弁によってのみ語られます。

 

 

一番の驚きは、セリフの「おらおらでひとりいぐも」が、賢治の詩の「一人で死んでいくと」いう意味でなかったところでしょうか。とは言いながら、桃子さんが到達していく境地が「全てのものが、まぶしくみな輝いている」ところなのだとしたら、それはある意味トシの達観した境地にも繋がるところがあって、やはり、題名は賢治の詩を彷彿とさせる「おらおらでひとりいぐも」である必要があったのでしょう。いわゆる老年を過ごす桃子さんが、まだ見ない世界へ独りで行こうとする心意気(!?)と、作者の実験的な書きぶりが、芥川賞選考委員の心を動かしたのかもしれません。

  • 2018.03.17 Saturday
  • 08:44

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

門井慶喜『銀河鉄道の父』

第158回直木賞受賞作。
宮沢賢治とその父…ということで、きっと親子の確執の話だと思って読み始めたら、なんと現代のイクメンに繋がるような親バカパパの話で驚きました。
もちろん、父子の「対立」は描かれるのですが、これまで「父とは相容れなかった賢治」という印象が強かったので、この時代設定で、ここまで息子を献身的に(偏)愛する父親であったことの方が衝撃的で、むしろ友好的な父子関係の印象ばかりが残りました。
きっと門井さんも、実際の父の意外なエピソードに行き当たり、書かずにはいられなかったということでしょうか。しかも、いわゆる「確執」の原因と言われている宗教的対立の部分も、実は…という展開で締めくくられていて、これまた驚かされました。

父子の交流の中で、宮沢賢治の文学性を含めた賢治像を描き出す、というよりは、賢治というのは材料に過ぎず、父子の関係性そのものを紡ぎ出すことに主眼がある作品と感じました。

 


文学的解釈という意味で、一番驚いたのは、妹トシの「永訣の朝」にからむ門井さんの解釈の部分でした。高校の教科書にも載っていてあまりにも有名な詩ですが、トシのセリフの部分を、作家としての賢治の創作開眼という視点で展開していたのはなかなかに面白く感じました。
ちょうど、「永訣の朝」のトシのセリフの一部「おらおらでひとりいぐも」が題となった作品が同時に芥川賞に選ばれているようです。次は芥川賞に手を伸ばしてみたいなと思っています。

  • 2018.03.10 Saturday
  • 19:45

俳句関連・書籍など 紹介

副会長・夏井いつきの新刊ご紹介

夏井いつきの「花」の歳時記
一つの季語に特化したカラー歳時記第二弾!

 


今回は桜づくし。とにかく美しい!

様々に表情を変える桜の写真と俳句とのコラボレーションが見所の一つですが、有名句だけでなく、市井の俳人から応募されたバリエーションに飛んだ48句が載っていて、それらが絶妙な並びの中で味わえるのも楽しい一冊です。
また、桜の専門家との科学的インタビューに加えて、実際には350種あるという桜の中から選ばれた厳選100種の「桜図鑑」もカラーで掲載されており、「俳句はまだ…でも桜のことを知りたい!」という方にもオススメ書籍になっています。

 


「桜」ならではの構成で、「雪」の歳時記とはまた違った味わいの一冊です!
夏には「時鳥」が刊行予定とのこと!「時鳥」でも、有名句とのコラボ企画は継続のようです。夏に向けて、「時鳥」の投句にチャレンジする春にしてはいかがでしょう!
 

  • 2018.03.03 Saturday
  • 09:51

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

朝井リョウ『世にも奇妙な君物語』

テレビドラマ「世にも奇妙な物語」のファンである朝井リョウさんが、映像化を夢見て勝手に原作を書き下ろしたという5つの短編集。

 

 

やはり、ウマイ!朝井リョウならではの"毒"が、「世にも奇妙な物語」的設定にピッタリはまっていて、どの短編も一筋縄ではいきません。しかも、毒だけでない、現実をしっかり写した書きっぷりも健在で、途中ウルっとこさせるところまで織り込むのが彼らしい心憎い演出。

映像化しても面白いのでしょうが、主眼はそこにはなくて、一見ドラマ的仮面を被りながら、実は現実生活に潜んでいる(当たり前になりすぎて気が付かない)奇妙さを描き出した小説だと感じました。もしかすると、現実のあなたはどうですか!?という問いがタイトルの「君」なのかもしれません。

そして、もしドラマ化するなら…、あえてモデルとなった俳優さんたちが分かるようにパロディ的に作られていた最後の短編の映像化をのぞみます。ぜひとも、ご本人方に出演して頂きたい(笑)

  • 2018.02.24 Saturday
  • 12:27

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

池田晶子『人生のほんとう』

中高生にも分かりやすく語りかけの文体で書かれた哲学入門書『14歳からの哲学』でも有名な池田晶子さん。『人生のほんとう』は、彼女のコミュニティ・カレッジの全6回の講義が収録されてた大人向けの哲学書。子ども向けの『14歳〜』では使えなかった、反語や逆接もふんだんに取り入れられていますが、「語り」の形式が取られているので、書き物を読むよりも分かりやすくなっています。

近代文学を専攻していた私自身は、近代小説の「自我」とか「個人性」といったものが哲学的思考に直結しているものと、安易に感じてしまっているところがあったのですが、池田さんの著作を読むと、哲学と文学は別物だとその根っこのところから覆えされます。いわゆるイメージとしての哲学を破壊するところからの出発で、日常で全く思いも寄らない(哲学的)考え方に浸っていく面白さを味わえます。

 

 

「普通に『人生』と呼ばれているものが何なのか、それを哲学的に考えるという話ですので、個人的な人生観ではないし、ましてや現世的処世訓でもない」(あとがきより)

 

詳細は、『人生のほんとう』を読んでもらうしかないのですが、「謎を生きているという自覚」のもとに、ただそこに「ある」こと。(哲学的には「ない」と言うべきなのかもしれませんが)その「ある」ものをとらえようとする捉え方の違いで、哲学になったり、宗教になったり、文学になったりするのだろうなとも感じました。とすると、別物とは言いながら、「言葉」というものを介して思索していくと言う意味で、やはり、人文科学という共通項があるのだとも改めて感じました。

少なくとも、常々大事な選択を迫られた時に「ご縁」を最優先してきた私には、とても受け入れやすい哲学的「人生」論でした。

  • 2018.02.17 Saturday
  • 15:54