Categories

Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

朝井リョウ『武道館』『ままならないから私とあなた』

年甲斐もなく最近夢中になっている作家が朝井リョウさん。デビュー作『桐島、部活やめるってよ』からひきつけられっぱなしで、彼の作品は、どんなジャンルでも驚きが用意されていて面白く、しかも、朝井リョウ色はちゃんと根底に流れているので、毎回うならされます。話の筋云々以上に、話の紡ぎ方に魅力を感じる作家です。

 

 

★『武道館』−アイドルという矛盾を抱えた存在を描き出していく中で、世の中に存在し続ける悪意や、いつでも加害者になり得る無自覚な大衆を浮き彫りにしていきます。やはり、単純なアイドル小説ではなかった!また、人が幸せになることとは、そして、人が選びとりたいものとは…が問われる小説でもありました。救いある読後感が、読者の背中をも押してくれます。

 

★『ままならないから私とあなた』再読。これは、初読の時に、その才能にノックアウトされた作品でしたが、やはり面白い!同時収録の「レンタル世界」も設定だけでない驚きに満ちた展開の作品。両作品共に、「ままならない」世の中で生きている私たちであるという真実が、作者ならではの切り口で描き出されます。では、そんな世の中を私たちはどう生きていくのか…。軽快な書きぶりでありながら、重厚な純文学を読んだ読後感。やはり朝井リョウはスゴイ!

 

(ただのファンレターのようになってしまいました@笑)

  • 2018.01.20 Saturday
  • 15:10

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

辻井いつ子『今日の風、なに色?』『のぶカンタービレ!』

昨年末に松山でも開かれた「辻井伸行 音楽と絵画コンサート」。驚きの音に震えましたが、個人的には、ハンディの中で才能を開かせてた辻井さんをサポートしてきたであろうご両親のことが気になって仕方がなく、自分は親として子どもに何かできたのか…と自問、反省させられたリサイタルともなりました。

 

 

ということで、辻井伸行さんの母、辻井いつ子さんの、誕生〜親や師から巣立つ19歳までの記録本を手に取りました。

本当なら人には隠しておきたいだろう母としての悩みも、日記をそのままに載せるなど包み隠すところがなく、きれい事だけでない現実がストレートに読者に届けられます。最終的にいつ子さんは、

「私のなかで伸行が『見えない』ということは、少なくとも芸術や美の鑑賞においては関係なくなりました。その点では『かわいそう』とも思いません。(略)美の現場において伸行はしっかりと聴覚や触覚、そして心でそれを味わうことができるのです」

という境地にまで。そこにたどり着くまでのいつ子さんの明るさと全力ぶりに、親としての感情が揺すぶられます。プロのピアニストが誕生するまでのキセキに、思わずいつ子さんの感情に寄り添って一緒に涙してしまう書。

  • 2018.01.13 Saturday
  • 12:28

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

漱石・太宰 関連本

2018年より、nhkkのブログにも備忘録的本の感想を投稿することにしました。

これまで私個人のSNSで投稿していた流れのもので、かなり個人的な感想になっていますのでご了承ください。(nhkkの活動には関係のない内容ですが…。お時間の許す方はお付き合いください。)

※ 俳句関連書籍については、「俳句関連・書籍など 紹介」とカテゴリーを分けていますのでそちらをご覧ください。

***********

★夏目漱石「道草」−自伝的小説。養父母と義父からのお金の無心問題に、「がたぴしする」夫婦仲がリアルに描かれます。お金の問題以上に、どうしようもない夫と妻のズレが淡々と…。それにしても埋めようのない夫婦の距離…。男と女の考え方の違いが良く描かれ、永遠に交わることはないようで…、恐ろしいほど。

 

★夏目鏡子夫人述の「漱石の思い出」。文豪漱石でなく、生の人間漱石が語られ、漱石の神経衰弱のことなどよく分かる一冊。漱石の狂気を病気のせいと開き直って夫につくす鏡子さんに驚く…。「道草」で漱石が夫婦仲を好きなように書けたのも、結局は夫人に甘えていたのかもしれない…という気がしてきます。

 

 

★猪瀬直樹「ピカレスク太宰治評伝」。裏表紙には「井伏鱒二と太宰治の、人間としての素顔を赤裸々に描く傑作評伝ミステリー」と。読み進めながら、猪瀬直樹さんは、あまり太宰治と特に井伏鱒二がお好きではないのではないかと…。太宰の死の真相に思い至って書かれた本という印象で、こんなにも作家に対して挑戦的に書かれた評伝を始めて読みました。もちろん、謎解きの部分に、新発見や納得させられる部分はあったのですが、太宰ファンの私としては、やや悪意さえみえるくらいに感じてしまい…、そこがしんどかった…。

 

★津島美知子「回想の太宰治」。「ピカレスク」読了後の気分を切り替えたくて、再読、救われました。同じ出来事が描かれても、こちらは太宰への愛情から書かれた印象。生身の太宰を知っている、妻だからこそ書ける一冊で、本当に賢明な女性だったのだろうなとつくづく…。実際には妻としての悩みも多かったのでしょうが、その辺りには触れずに、夫である作家を淡々と描きつくし、作家太宰に惚れていた美知子さんが伝わる一冊。

  • 2018.01.05 Friday
  • 14:03