Categories

Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

池田晶子『41歳からの哲学』

『14歳からの哲学』『14歳の君へ』の14→41と数字を入れ替えた続編? と思いながら手に取ったのですが、読んでみると『14歳〜』の大人版の趣ではありませんでした。

それもそのはず、どうやら『週刊新潮』での連載「死に方上手」を収録したもので、1回で読み切るという連載のスタイルが、哲学でありながらエッセイならではの読みやすさを作り出しています。中心テーマは、連載のタイトル通り「死」。人間に平等に与えられている「死」をテーマにするにあたり、「不惑」を越え、「死」を考え始める年齢の「41歳」なのかなと勝手に理解しました。(もちろん、14との言葉遊びや、40代の著者の哲学の意味もあるのでしょうが…)

 

 

「人生とは」、「生きて死ぬとは」、「存在して無でないとは」。いわゆる哲学的命題を、今現実として目の前にある「自分」「世界」といった「当たり前のこと」を例にとって、この「最も当たり前のことこそが、もっともわからないこと」だと気付かせてくれます。日常でさえも「わからない」神秘である、などなど、もちろん池田節は健在です。

わからないことをわかると信じるところに間違いが起こるのだから、わからないとわかることはどうすればいいのか。考えればいいのである。信じるのではなく、考えるのである。

私たちがいかに勝手に作り出した観念の中に生きている(信じている)かにたどり着けます。

(続編:『勝っても負けても 41歳からの哲学』は次回…)

  • 2018.11.24 Saturday
  • 12:27

事務局レポート

松山市立垣生小学校 句会ライブ 2018.11.19

石田波郷の母校として知られ、校内に「俳句の小径」もある松山市立垣生小学校での句会ライブ。俳都松山宣言・俳句対局の司会でおなじみの家藤正人さんのアシスタントで同行しました。

実は垣生小学校は、nhkkの第6回研究発表大会でもお邪魔した学校で、会長三浦の公開授業に参加した4年生の発想の豊かさに、参観の先生方から賞賛の声が上がった学校でもありました。今回の3、4年生が中心の句会ライブでも、活発に発言する姿が印象的で、友達の俳句について大いに語り、体育館の中が熱気に包まれていました。

 

 

今回の句会ライブは、取り合わせの型を学びながらの俳句作りでした。

1 5音のモノを見つける(5分間で25個見つけた児童も!)

2 1で見つけた5音のモノについてお話しして12音(俳句のタネ)にする

3 2の俳句のタネに季語をつけて一句にする

 

「スタート!」の声から、1分もたたないうちに「できた!」と声をあげる児童も多く、家藤さんが「どれも紹介したい句ばかりで、選ぶのに困ります」というくらいに楽しく個性的な句が沢山集まりました。決勝に残ったのは次の6句。

   冬の朝まん中オレンジめだまやき

   冬の空大きく育ったレモンの木

   おおみそかいろいろいれるペンケース

   息白し約束守れぬ日曜日

   おなか中ポコポコけるよ柿たべて

   青りんごしいーんとだれかまっている

そして

   かん楽器メロディー冬にのってゆけ
「垣生っ子フェスティバル」で音楽発表会があったばかりだという垣生小学校にぴったりの一句が優勝句となりました。

 

 

  • 2018.11.23 Friday
  • 11:29

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

『あの日、君と Boys』『あの日、君とGirls』『いつか、君へ Boys』『いつか、君へ Girls』

集英社文庫創刊35周年を記念して編集された、どれも上質の短編集。大人ではなく、少年少女を描いているという点も、失われてしまった何かが散りばめられているようで、ひりひりした感情すら懐かしく、また、愛しさを抱かせられます。

元々は、朝井リョウさんの「ひからない蛍」狙いで『いつか、君へ Boys』と『短篇少年』に辿りついたのが出会いだったのですが、読んでみると「少年」たちを描いた作品群がなかなかに個性的で面白く、「少年」という限定された一時期に特化した作品を一気に読める点も新鮮だったところから、全編を読んでみたくなった小説集でした。

ちなみに、「ひからない蛍」は、坪田譲治文学賞『世界地図の下書き』の「三年前」の章となった作品で、すでに読んでいたものだったのですが、少年を描いたアンソロジーという発想から、児童養護施設を描いた「ひからない蛍」のテーマや主人公たちが生まれたことが分かると、改めて心が震えました。

 

 

その他に好きだった作品は、伊坂幸太郎「逆ソクラテス」、加藤千恵「haircut17」、中島京子「モーガン」、村山由佳「イエスタデイズ」、石田衣良「跳ぶ少年」、山崎ナオコーラ「正直な子ども」、米澤穂信「913」、島本理生「きよしこの夜」、中田永一「宗像君と万年筆事件」。どの短編も、切り口がそれぞれの作家さんらしく、楽しめました。

4冊は2017年に、前出の『短編少年』と、『短編少女』『短編学校』に再編成されています。

  • 2018.11.17 Saturday
  • 23:30

実践報告・お便り

副会長ブログより 中学校文化祭での「俳句相撲」報告

夏井いつきの「いつき組日誌」(2018.11.12)にて、nhkk会員クラウド坂の上さんの実践報告が紹介されています。

 

「同じような取り組みはすぐ近くの小学校と高校でも行われ」ているそうです。ぜひ取り入れられてみませんか!

以下、夏井いつきの「いつき組日誌」(2018.11.12)の内容をそのまま転載します。

***********

心に石蕗の花あかりが灯りました♪

 

日本俳句教育研究会の新しいメンバーとなってくれたクラウド坂の上くんから、

こんな嬉しい「俳句の種まき」報告!

 

組長、夏井&カンパニーの皆様、こんにちは。

いつき組員のクラウド坂の上です。

私は中学校の教師をしていますが、この度、転勤に伴って新しい学校で、総合的な学習の時間に俳句作りの指導をさせてもらいました。参考としたのはもちろん組長の種々の本です。俳句甲子園のNHKのビデオも見せました。そして2学期間に及ぶ授業の成果を文化祭で「俳句相撲」という形で発表しました。

夏休みに宿題として、秋の雑詠を三句詠ませ、それをクラス内の選句会で代表五句を決め、俳句甲子園のように5対5の団体戦形式で文化祭当日に戦わせました 。

中学生であり、初めての俳句作りなので、ディベートはありません。

「相撲」と名がついているのは、チームがそれぞれ東西に分かれることと、行司が中央で軍配を持って進行していくことによります。審査は観客で赤か青のうちわを上げ、その数を行司が判断して勝敗を決します。学校区内に、江戸時代の三大女性俳人の一人、田上菊舎(代表句「山門を出れば日本ぞ茶摘み歌」)の生誕地があり、その菊舎を顕彰する会が発案した方法です。その俳句相撲は個人戦によるトーナメント制なのですが、そこに俳句甲子園の団体戦形式を取り入れてみました。同じような取り組みはすぐ近くの小学校と高校でも行われていて、菊舎顕彰会の主宰の先生が指導されています。句の作者は最後に句会ライブのように発表します。

俳句を作り発表した生徒、観客兼審査の生徒、保護者、他学年の教員に、「とてもおもしろい!!」、「中学生でもあんなに上手にできるんだね!」と大好評でした。生徒の句の何句かは、菊舎顕彰俳句大会の学生部門で、賞と市教育長賞、そして多数の佳作や入選をいただきました。

自身の俳句でつながるのは楽しいですが、俳句の種まきも又楽しく、やりがいがあります。これからも俳句の種まき続けていきます!!そして小、中、高の俳句一貫教育!?の成果で、将来教え子が俳句甲子園に出場してくれることを夢見ています!!

PS 11・23(金)の福岡県遠賀郡岡垣町での「俳句王国が行く」の公開収録の入場整理券が当選したの で行きます!!「星」頑張って考えます!!

 

 

クラウド坂の上くん、

ここのところ公私共々色々ありすぎて、脳がふしゃふしゃになりかけてましたが、元気をもらえるお便りありがとう! 日本俳句教育研究会(通称nhkk)は、俳句が学校現場にどう役立てるかを提案していく活動を地道に行っています。クラウド坂の上くんのような同志がいるのだ!と思うだけで、力が湧いてきます。石蕗の花の明かりみたいに、心がほんのりとほぐれてきたような思いです。ありがとう!

  • 2018.11.12 Monday
  • 22:41

俳句関連・書籍など 紹介

副会長新刊『夏井いつきのおウチde俳句』

季語の現場に立つために外に出かけなくても、おウチでも俳句は作れる!

事情を抱え、外へ出られない方々が自由に俳句がつくれるようにとの思いを込めてつくられた一冊です。

 


出てくる例句は、公式ブログ「夏井いつきの100年俳句日記」で募集した一般の方々からの投句作品です。驚き&納得の秀句から思いもよらないユニークな句まで沢山登場! 「いのうえさきこ」さんのイラストも可愛らしく楽しくクスリと笑え、秀句にさらなる味わいを加えてくれます。

「リビング」「台所」「寝室」「玄関」「風呂」「トイレ」のそれぞれの場所で使う五感+第六感をあげながら、具体的に句作をしていくための穴埋め式の書き込みドリルも収録。初心者の方でも、一つ一つ穴埋めしていくことでたちまち一句ができあがります。もちろん、俳句のタネを探すコツ「発想のポイント」も満載です。
第1回「おウチde俳句」大賞の募集も始まっているようです。付属ハガキ、公式Webサイト、官製ハガキでの応募が可能で、2019年2月28日まで!

  • 2018.11.10 Saturday
  • 13:26