Categories

Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

お便り&レポート

3 お便り

先日の「2 実践報告&質問→回答」の掲載後、ご質問いただきました先生からすぐに頂戴しましたお便りをご紹介します。「4 鑑賞会」に、その後の実践内容を掲載しいたしますのでご参考になさってください。

 

  ↓△箸癲読ませていただくにつけ、「なんとわかりやすい!」と感嘆しきりです。頭の中が整理されていくのを実感いたします。

 実は、今日も一クラスで俳句の時間を持ちました。早速、アドバイスを参考にさせていただきました。今回は、「俳句の種」を作る時間を長めにとり、完成した頃合いを見計らって「五月晴れ」、「梅雨入りし」、「梅雨曇り」の中から、季語を選ぶようにしました。

 

  五月晴れ絵の具で描いた記念館

  梅雨曇り中間テスト通知表

  バスの中流れる景色五月晴れ

  起きなさい怒鳴り込まれて梅雨入りす

  さみしくてネコが鳴き出す梅雨曇り

 

などの句が完成しました。明日は鑑賞会の予定です。

 

 

 私は、20年近いブランクを経て学校に戻ったのですが、アクティブラーニングが花盛りのいま、戸惑うことばかりです。 生徒達の意見のさばきや、学力・好奇心・向上心にばらつきのあるグループ内での学び合いが収拾のつかないものになってまったりするなど、この年になって試行錯誤を続けております。

 そのような中、俳句の鑑賞は、△濃任辰燭茲Δ法△泙世泙声蠱気蠅両態ではありますが、「なんちゃってアクティブラーニング」に近い形ができるのではないかと、密かに意欲を燃やしております。

 うまくいった時、行き詰まった時、ぜひまたご相談・ご報告させていただけたらと思います。

 

 俳句を始められたばかりだと言うのに、俳句から生徒さんたちが「取り合わせ」の型を理解しており、すでに先生流の「なんちゃってアクティブラーニング」の効果が見えているようでしたので、ぜひ鑑賞会の内容もお聞きしたくお願いしたところ、改めて鑑賞会の様子をお知らせいただけました。「4 鑑賞会」で掲載しますので、参考になさってください。

  • 2017.06.15 Thursday
  • 22:41

お便り&レポート

1 実践報告&質問

 事務局に届きましたお便りとご質問を紹介します。句会ライブに参加された後、早速ご担当のクラスで句会を試みられた中学校の先生からの報告です。
(なお、ご質問に対する回答は、「2実践報告&質問→回答」として次の記事に掲載させていただきます。)

 

 私立中学校で非常勤講師として、中学1年生の国語を担当しております。 今年4月、高松での句会ライブに参加させていただきました。 以来、裾野の一員として、  語彙と発想の乏しさにうなだれる一方、言葉をめぐらすことが楽しく、一日一句を目標に句作に励む毎日です。
  もっと自分が経験を積んでやった方が良かったのは重々承知なのですが、「俳句って、けっこうおもしろい。」と思う生徒が一人でも二人でも出たらいいなと思い、5月24日に3クラスで句会を開催してみました。
  ’亢腓里靴み、音数の数え方、季語の説明。
  句会ライブで教えていただいた「取り合わせ」の方法で、12音の俳句の種を考える。
  今回の季語は、「風薫る」・「衣替え」のいずれかにする。
  ぐ貎唯院腺穏酩覆鮨佑砲聾せず、提出。
 
1週間後の5月31日(欠席者の関係で)、
  ヽ謄ラスで、無記名の俳句一覧表を配付。
  ¬枡匹掘△いい隼廚Δ發里鬘院腺俺臍ぶ。
  A完が、選んだ理由・印象・情景を発表する。
  た裕い旅發ったものを、5句程度とりあげ、作者を発表。
  ズ郤圓榔咾鵑西襍覆篁廚い鯣表。
  私がよかったと思う作品について、どんな点が良かったかを説明した後、季重なりについて注意。

 


 そこで質問といいますか、教えていただきたいのです。

 

。隠臆擦稜亢腓亮錣涼罎法◆岾擇靴澆澄廖Α峭圓たいな」・「がんばるぞ」など、気持ちをそのまま言葉にしたものがかなりあったのですが、このような言葉が適切でない(?)ことをどのように伝えればいいのでしょうか。

 

鑑賞する際、「私も同じ経験があるから」、「共感したから」と発言する生徒が多く、句自体の言葉や、情景に言及することが少なかったのですが、この辺りのアドバイスの仕方はどのようにすべきでしょうか。

 

 最大の目標は、「俳句をする時間が楽しみ」、「句会が待ち遠しい」と生徒に思ってもらうことです。私自身のレベルが低く、生徒にも「一緒に上手になれたらいいね。」といっており、生徒への要求ばかりが高くなってはいけないと思っています。無謀な取り組みとは思いつつ、せっかくやりはじめたことですので、1〜2ヶ月に1度の句会を実践しつつ、生徒はもちろん私も成長できたらと思っております。

  • 2017.06.07 Wednesday
  • 23:17

お便り&レポート

朗読 源氏物語 全五十四帖 (全八巻) Pan Rolling / digigi

『源氏物語』全五十四帖。与謝野晶子による現代語訳をすべて朗読し、オーディオ化したCDセット。夏井いつき副会長の推薦文にひかれ、通勤の車内で聞いています。

 

 

私の義弟ニックは、チャイコフスキー国際コンクール優勝の経歴を持つアメリカ人チェリストだ。若い頃からアーサー・ウェーリー訳の源氏物語が愛読書。世界の本屋には各国の言語で訳された源氏物語が置かれている、と聞く。飛行機で隣り合った人と源氏物語の話で盛り上がる。源氏物語に憧れる外国人ファン聴いていると心が癒される。楽の調べのような岡崎弥保さんの声にも、同じ癒しの力がある。幼い頃眠るまで耳元で語ってくれた母の声のようにも思える。目を閉じれば、艶やかな女御の壺の燭の灯、さやさやと衣擦れ、新作の恋物語に笑い涙する人々、そんな風景が耳から直に心を揺さぶる。
今も昔も世界中の人を虜にする源氏物語に、日本人も改めて触れ親しめる機会がここにある。――俳人 夏井いつき

 

 

耳から入ってくる与謝野源氏。思った以上に記憶に残っていきます。また、衣擦れの音からその人の気配を感じるなど、現代以上に五感を研ぎ澄ましていたであろう平安時代が舞台であるというのも、耳から味わうのによく合っています。さながら、平安の女房の読み上げる源氏を聞いているかのようで、物語世界に自然にワープしていきます。各巻の冒頭の晶子の歌も耳に快く、歌で平安の世と現代を繋いでくれます。晶子にならってそれぞれ一句ずつ詠んでいくのも一興かもしれません。
伊井春樹先生監修のフルカラーの特別冊子も、分かりやすくてとても美しい。遠い大学時代、幸運にも受けることのできた伊井先生の集中講義を懐かしく思い出してもいます。

また、オーディオCDでは78枚(全8巻)の膨大な枚数になるのですが、MP3データ3枚組が選べるようにもなっていて、手に入れやすいのも嬉しいところです。

 

 

  • 2017.04.16 Sunday
  • 20:44

お便り&レポート

〜那覇市立城南小学校〜実践報告「俳句イン城南」

那覇市立城南小学校・安里恒男校長先生より2016年12月18日に開催された「第一回俳句イン城南」の実践報告が届きました。

城南小学校は、「ことばを大切にできる子」をめざす子ども像の一つにあげ、俳句づくりを推進している小学校です。

 

(琉球新報 2016年12月27日)

 

今回ご紹介する「第一回俳句イン城南」は、俳句甲子園形式をとった俳句大会で、まさに俳句甲子園の小学生版!オーダー用紙なども俳句甲子園を意識したものとなっています。また、俳句甲子園で活躍した地元興南高校生のお手伝いもあったそうで、大会で俳句の楽しみ方を知った子どもたちが、将来俳句甲子園に出場することを目標にしていくのだろうなと想像でき、小学校での学びがその後の学びへと繋がっていく可能性も感じました。

 

(優勝チームのオーダー用紙)

 

地元テレビ局の伝えるニュースでは、小学生とは思えないディベートと子どもたちの生き生きとした表情が大変印象的でした。

 

(ローカルニュースの映像より)

 

また、このイベント後に先生方に配布された校長先生のメッセージも心温まるもので、先生方でも「笑顔で初句会」をしようとの提案にも、城南小学校ならではのエネルギーを感じました。

 

(校長メモ)

 

安里校長先生、引き続き、城南小学校での実践報告を楽しみにしております。その後の活動もぜひお寄せ下さい。

また、城南小学校の子どもたちからの、「夏休み俳句を作ろう!コンテスト」へのご応募もお待ちしております。

 

***************************************

各学校にて様々な実践を重ねていらっしゃることと思います。ぜひともnhkkまでお寄せ下さい。

(nhkk.info@gmail.com 宛てのメールでも、左のフォームからでもご連絡いただけます。)

 

 

 

 

 

 

 

  • 2017.01.21 Saturday
  • 17:30

お便り&レポート

句会ライブ&灯明アート

東京・町田高校の皆さんが修学旅行で松山に。俳句コースを希望する皆さんとの句会ライブに行ってきました。
俳句初心者ばかりということでしたが、皆うまい!写真以外にも言葉達者で、軽やかな句が並びました。句会わせで決まった本日の一位は、
冬の日の漱石あたためたマッチ箱
小説「坊っちゃん」で漱石が「マッチ箱のような汽車」と形容した「坊っちゃん列車」を詠んだ一句。そこに「マッチ売りの少女」的色合いも掛けられているところが高評価だったようで、一番票が集まりました。

 

 

また、俳句による灯明アートのご紹介。
自分の俳句を灯明アートにできるというセットを、制作者のキム・チャンヒさんから譲りうけ、カルチャー教室「作ってみよう〜ジュニア俳句入門〜」で子どもたちと挑戦してみました。明かりをともした瞬間、とても素敵な空間が出現し、子どもたちも大興奮。配置や絵など、あれこれアレンジしてオリジナルの灯明を完成させていく過程も楽しそうでした。俳句の楽しみ方もいろいろですね。

 

  • 2016.12.14 Wednesday
  • 19:41

お便り&レポート

俳句が歌に!

〜俳句集団いつき組・大忘年会にて〜
TV「サワコの朝」でも紹介された、日本俳句教育研究会副会長・夏井いつき組長の俳句を曲にして歌っているマユミーヌさんがゲストで登場し、美しい生歌で会場を包み込みました。

テレビで流された「密会」だけでなく、当日は新曲「太一と申す」も初披露。

歌として味わう俳句の現場に居合わせていることに震えました。

 

 

句会ライブも個性的な句が並び、2016年を賑やかに締めくくる会となりました。

 

 

ちなみに、マユミーヌさんの新曲は「マルコボコム オンラインショップ」にて近日発売予定だそうです。

  • 2016.12.11 Sunday
  • 16:44

お便り&レポート

「いのちころころ」句会ライブ IN平岩小学校

広島県東広島市にある平岩小学校にて句会ライブ!

とても気持ちの良い秋晴れそのままのような、キラキラした笑顔がまぶしい子どもたちが迎えてくれました。
「命」をテーマにした参観日、ということで道徳の後の句会ライブのお題も「いのちころころ」。
自分や家族や友達…心が動いたことを俳句の種にして、5分で一句の「取り合わせ」の俳句に挑戦しました。

 

 

キム・チャンヒさんの俳画をゲットしたのは次の二句。

〜1位〜 お母さんへのメッセージが素敵な俳句に。
「ありがとう生んでくれて春の昼 海凪」
春生まれということで「春の昼」という季語を選んだそうですが、ぽかぽか暖かくなってきて、カラフルな花も咲き始める春の気分は、「ありがとう」の気持ちをさらに幾重にも色づけてくれています。全てのお母さんの心をふるわせる一句で、これを選んだ子どもたちの素直な気持ちにも嬉しくなりました。

 


〜2位〜 低学年から高学年まで幅広く子どもたちの心をつかんだ一句。
「天高し明日は席変えだれが来る 帆風」
皆が楽しみにしている「席変え」のワクワクした思いが、取り合わせた季語「天高し」〜教室の窓から見える気持ちよく澄み渡った青空〜によく表現されています。翌日の席変えの後の、新しく隣になった友達との笑い声まで想像できそうです。私自身、昔楽しみにしていた席変えを思い出しました。

 


平岩小学校は、普段から校長室の前に俳句ポスト「じまんのはいく」を設置して、毎月の入賞句を飾るなど、普段から取り組みをされているようです。じっくり季語を観察した一物仕立ての素敵な句が沢山並んでいました。今回の「出来事や感情、つぶやきなどを12音のフレーズにして、季語とドッキングさせて気軽に詠んでいける・取り合わせ」の技で、さらにバリエーション豊かな俳句が並んでいくのだろうと思わせる句会ライブでした。

 

 

校内には、子どもたちの作品が大切に掲示されていて、クラスごとに設置しているという「ふわふわことばの木」の「花」々には、こちらまで「ふわふわ」させてもらいました。これから、ふわふわの木に飾る「花」を集めていくように、12音の「俳句の種」を集めていってくれることでしょう。
素敵な子どもたちと俳句に出会え、「ころころ」と心が喜んだ秋の一日でした。平岩小学校の皆さん、ありがとうございました。

  • 2016.11.05 Saturday
  • 19:03

お便り&レポート

修学旅行で句会ライブ!

愛知の豊田北高校の皆さんが修学旅行で松山に!昼間散策して松山を楽しみ、俳句まで詠んでくれたそうで、キム・チャンヒさんと一緒に句会ライブにいってきました。
夕食時間に合わせての句会ライブは、360人+先生方が並んでいて壮観!面白く楽しい俳句が続出で、この人数だど盛り上がり方も最高です!本当によく笑いました(^^)自分たちの拍手で優勝句が決まり、上位2句には、キム・チャンヒさんの俳画が賞品になると知り、拍手にも力が入ります。
優勝句は高校生らしい恋の句!「話せずに思いがつのる秋の風 正慈」皆、修学旅行に何かを期待しているということでしょうか(笑)

 


接戦で2位になった句は、松山弁を詠み込んだなかなかワザアリの一句!「そぞろ寒よもよも言うな団子の値 健士朗」セット団子が割高で納得がいかなかったらしいです(笑)

 

 

豊田北高校の皆さん、本当に発想が豊かで楽しくて素敵な生徒さんたちでした。先生方も拍手の判定など、ご協力ありがとうございました。
松山への修学旅行生がどんどん増えてくると良いですね(^_-)

  • 2016.11.01 Tuesday
  • 21:35

お便り&レポート

俳都松山宣言2016 十七音が景色を変える

2016年11月29日(土) 松山市総合コミュニティセンター

「俳都松山宣言2016 十七音が景色を変える」

第1部 トークショー「俳句と出会ってからというもの」
第2部 俳句対局 第2回松山市長杯

 

 

夏井いつき副会長と、TV「プレバト」で共演中の梅沢富美男さんのトークショーは、テレビの話も交えながら、次から次へと話がテンポ良くすすみ笑いがたえない。やのひろみさんの司会も楽しさを倍増させ、あっという間の一時間。

 

 

第2部の俳句対局は、対戦相手の俳句を元に二分以内(ほぼ一分くらいで作っていました@驚)に一句のペースで俳句を作り合う対決で、出場者のキャラクターも句柄もユニークで見応え十分。やはり頂上決戦はサスガ!の一言です!審査員の先生方もバラエティに富んでいて、俳句の解釈に幅がでて深みがより追加されていました。

 


笑って、感嘆して、また笑って…の楽しい3時間。「俳都松山」の顔の一つとして、これからも続いていってほしいイベントです。

 


入場整理券は、申込開始から数時間でなくなったそうです。(私自身、いつき組組員さんの声がけがなければ観覧できないところでした。)次は少しでも多くの希望者が観覧できるよう、さらに大きな会場での開催を願います。

  • 2016.10.29 Saturday
  • 18:56

お便り&レポート

第19回 俳句甲子園 2日目

松山市総合コミュニティセンターに会場を移しての俳句甲子園二日目。

 

 

地元愛媛の・愛光は準決勝で敗れてしまいましたが、相手へのリスペクトやチーム全員を意識した清々しい戦いぶりで会場を感動に包みました。

 

「愛媛CATV 特別番組 テレビ同時生放送 インターネット生中継」より

 

残る3チームはすべて東京勢。開成高校A・B両チームと、敗者復活で上がってきた東京家政学院。

東京家政学院の自由奔放な句柄は大会を沸きあがらせ、見応え十分でした!!

 

「愛媛CATV 特別番組 テレビ同時生放送 インターネット生中継」より

 

毎年コミュニティセンターの舞台にあがってくる開成高校は、今年は2チームそろっての準決勝にコマを進め、どちらもさすがの好舌戦。Aチームが王者的強さを見せ優勝。ディベートはもちろん、句の確かさを含め、素晴らしき優勝でした!

 

「愛媛CATV 特別番組 テレビ同時生放送 インターネット生中継」より

 

今年は130チームを超えるエントリーがあったとのこと。

「松山に行きたい!」と言ってもらえる俳句甲子園、地元からも盛り上げていかなければなりません。

 

 

 

 

  • 2016.08.21 Sunday
  • 19:47