Categories

Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

乾ルカ『コイコワレ』

朝井リョウさんの『死にがいを求めて生きているの』伊坂幸太郎さんの『シーソーモンスター』薬丸岳さんの『蒼色の大地』に続いて手に取った「螺旋プロジェクト」8作品のうちの昭和前期編です。

「海族」と「山族」の対立構造を描く螺旋プロジェクトですが、これまでの作品が、主人公たちを描いていく中で、世の中の対立構造を浮かび上がらせていくような手法だったのに対して、『コイコワレ』は個人対個人の対立に主軸をおいた作品でした。対立の結果生まれた戦争という状況を背景にしながらも、清子とリツという二人のお互いへの嫌悪の感情と二人の成長物語が中心に語られていきます。

 

 

これまでの4作品の中で、一番「螺旋」について言及されている作品で、「中心へ収束」し「一点に集中していく線」が、即ち「逆に外へと拡散していく」力でもあるという把握の仕方が、清子とリツがお互いに嫌悪しながら受け入れようと努力する心の渦巻きや、彼女たちが変わろうとする中で得ていく心の解放を象徴しているところが印象的でした。対立がどんどん深まり、逃れられないものとして争いという形に集約していけば、あとはコワレて外へと開放するしかないという、作者のメッセージのようにも感じました。

全ての章に逅・恋う・紅・乞う・光…と「コウ」と読める字があてられていたのも興味深く、では、タイトルの「コイコワレ」にはどんな漢字があてられるのか…考え込んでしまいました。恋・恋い・濃い・乞い・請い・故意…、恋われ・壊れ・毀れ・乞われ・請われ…。それぞれどの組み合わせでも当てはまりそうで、また、どの組み合わせ方からも作品中の対立の生み出す何かを暗示しているようなタイトルだなと、読み終わって改めて感じています。

  • 2019.07.20 Saturday
  • 18:14

俳句関連・書籍など 紹介

堀内統義『恋する正岡子規』

これまであまり語られることのなかった正岡子規の「恋」について、子規や友人の文章、手紙などから丁寧に拾って検証した一冊です。女性に縁のないイメージの子規ですが、松山市立子規記念博物館の子規俳句のデータベースを見ていると、「傾城」「遊女」「吉原」といったワードの句が多く気になっていたのもあり、知られざる子規の一面を覗いてみたくて手に取りました。

子規の「恋」はあったのか…。生前子規が、漱石と碧梧桐にしか語らなかったという「秘事」・「流産」のエピソード(これに一番驚きました)は本当にあったのか…。壮絶な病に倒れた子規の生涯の中にもあった、子規の前を取り過ぎていった女性たちとのエピソードからなっています。また、「恋」という文章で「八百屋お七の恋に同情する」と書いた子規を取り上げ、彼の喀血後の「文芸への燃焼」をお七の「燃焼」に重ねたり、野球への執心ぶりを、ベースボールへの恋と題した章もあります。

 

 

花街に関する言及はありませんでしたが、実際に名前の挙がった女性は5名。彼女たちとの関係を詳らかにしていく中で、子規が「垢抜けして口が達者」で、「人を逸らさぬ機知に恵まれた、明るく社交的な女性に惹かれる傾向があった」というのも興味深く読みました。彼女らに抱いた恋心(恋のイメージ)が、子規の作品という「現実をしのぐ詩的リアリティ」へと昇華していくという分析に納得! 子規が「自分の切ない情緒の記念」だといった「流産」エピソードが、現実のものであるのか、はたまた子規の物語であるのか…。具体的な人物とつなぎながらもどちらともとれそうなところもまた子規らしいエピソードなのかな…と感じました。

  • 2019.07.13 Saturday
  • 16:55

句集を作ろう!コンテスト

リニューアル!! 「句集を作ろう!コンテスト」募集開始

「句集を作ろう!コンテスト」にリニューアルされた句集コン(通称)の募集が開始されました!

 

(画像をクリックするとチラシの詳細を御覧いただけます)

 

リニューアル点は、以下の通りです。

 

 ゞ臀犬龍膺瑤砲弔い

 40句部門と20句部門があり、俳句の数を選んで応募できます。

◆…切日について

 応募締め切りが9月末日に。

 賞について

 ・ 最優秀賞 … 小・中学生 各1名 ※40句部門のみ

 ・ 優秀賞 … 40句部門3名/20句部門5名

 ・ 一句賞優秀 … 40句部門5名/20句部門5名

 ・ 一句賞 … 両部門あわせて15名

 ・ 装丁賞優秀 … 40句部門2名/20句部門2名

 ・ 装丁賞 … 両部門あわせて5〜7名

 ・ 学校賞 … 最優秀賞1校、優秀賞2校、奨励賞2校

  ※ 賞は応募状況により多少変動します。

ぁ”賞について

 ・ 40句部門 … 上位入賞者にはレプリカ句集とパネルが進呈。

 ・ 20句部門 … 上位入賞者にはパネルが進呈。

ァ/該紺について

 三浦和尚(愛媛大学副学長)、愛媛県内の教員数名、キム・チャンヒ(デザイナー:装丁賞のみ)、他。

Α〆酩陛玄┐砲弔い

 表彰式の形をとらず、松山市立子規記念博物館で展示する予定です。

 

リニューアルされた「句集を作ろう!コンテスト」に挑戦してみませんか!

 

〜リニューアルに寄せて、副会長の夏井いつきより応募者の皆さんに激励のメッセージが届いています。〜

 

俳句が子ども達の生活の一部になってほしい、との思いから、句集(40句)の重要性を力説し発案した「夏休み句集を作ろう!コンテスト」は、私にとって大変思い入れのあるコンテストです。どんな句集に出会えるかと毎年の審査を楽しみにし、大人の作品にはない魅力に溢れた句集に驚かされ続けてきました。小学生からの積み重ねが実っていき、中学生のレベルがどんどん上がっていったのも、句集コンならでは嬉しい成果だと思っています。
継続の力を感じさせてもらったコンテストが、「句集を作ろう!コンテスト」にリニューアルされることになりました。いつまでも審査員として関われると信じていたのですが、残念ながら、リニューアル後の審査に関わることが叶わなくなってしまいました。句集コンを通して、皆さんの俳句との時間がますます充実したものとなり、また、皆さんの生きた記録となっていくことを心から願っています。主催、日本俳句教育研究会の副会長として、皆さんからどんな句集が生まれてくるのか、これからも楽しみにしています!

  • 2019.07.11 Thursday
  • 12:02

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

村上春樹『騎士団長殺し』 第1部: 顕れるイデア編 第2部: 遷ろうメタファー編

前回の川上未映子さんと村上春樹さんのロングインタビュー『みみずくは黄昏に飛びたつ』に刺激されて、考えずに読んでみたくなって再読した『騎士団長殺し』ですが、やはり、ついつい考えてしまう作品でした(笑)とは言え、考えずにそのまま受け入れる読者であろうとして読んでいくことで、騎士団長という独特のキャラクター設定や、パラレルワールド的穴というモチーフ、ギャツビーを彷彿とさせる免色さんの存在や、上田秋成の怪異譚の取り込み方…などなど、村上春樹作品らしさにあふれた部分を純粋に楽しむことができたようにも思います。

 

 

また、先のインタビューによると、副題にも取り上げられている「イデア」や「メタファー」という言葉には一般的な概念としての意味はないということでしたが、やはりこれも所謂「イデア」や「メタファー」としても解釈できるものになっていて、かなり読者の受け取り方に委ねられているなと感じました。もしかすると、村上さんが意味を限定させずに「その言葉の持っているイメージの一部、ある意味での豊かさ」や「広い範囲の、磁力を持った何か」として使っているからこそ、読者は自由に村上作品と自分をつなぐことができ、読者自身にとっての心地よい物語として解釈していけるのかもしれません。

 

物語というのは、解釈できないからこそ物語になるのであって、これはこういう意味があると思うって作者がいちいちパッケージをほどいていたら、そんなの面白くも何ともない。読者はガッカリしちゃいます。作者にもよくわかってないからこそ、読者一人ひとりの中で意味が自由に膨らんでいくんだと僕はいつも思っている。(『みみずくは黄昏に飛びたつ』より)

 

まっとうさの中に孕まれている危険を感じ、また、確信をもって断言できることはこの世界にないとしながらも、目に見えるすべてが関連性の産物であると捉えていく受け止め方、そして、(思った以上に)穏やかな結末、また何より、肖像画家である主人公を描けば描くほど、小説家村上春樹が小説でやろうとしていることに近づけているような気にさせてもらえるところなどなど…、読者として嫌いでは“あらない”物語でした。

  • 2019.07.06 Saturday
  • 20:48

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

川上未映子 村上春樹『みみずくは黄昏に飛びたつ』

訊き手・川上未映子さん、語り手・村上春樹さんの『騎士団長殺し』をメインに据えた対談集です。

川上未映子さんは、少女時代から村上春樹さんの熱心な愛読者だったそうなのですが、愛読者の域を超えて、研究者のような緻密な読み込みと記憶力でインタビューが進められていきます。そして、そこに作家としての好奇心が上乗せされて訊き尽くされていくので、読者も一緒に過去の作品まで振り返りながら、興味深くまた面白く読むことのできるロングインタビューでした。

 

 

私自身が一番興味深かったのは、村上さんの創作で採用する言葉が、辞書的な意味で使用しているのではないというところでした。例として出されていたのが、『騎士団長殺し』の中に出てくる騎士団長の「私はイデアだ」や顔ながの「私はメタファーです」です。「イデア」も「メタファー」もふと出てきたから使っただけで、一般に考えられる「イデア」「メタファー」の意味で使っているのではないというのには驚きました。

「その言葉の持っているイメージの一部、ある意味での豊かさが必要」なだけで、「広い範囲の、磁力を持った何か」としての意味しかないそうで、村上さん自身も「僕にもよくわからない」とのこと。辞書的な意味で解釈し、意味づけて理解しようとする私には目からウロコでした。作者の前に現れ出てきたものをそのまま描いていく村上春樹作品は、読者の心に現れるままに読めばよいのだ、とふっと肩の力が抜け、『騎士団長殺し』の再読がより楽しみになりました。

その他にも。日常的な自我の葛藤を描かない創作姿勢や、よく例に出される地下二階のたとえ、そして、「善き物語」には力がある話などなど盛りだくさん。読んだ本の内容をすぐに忘れてしまう私としては、改めて村上春樹作品を読み直したくなる一冊でした。少なくとも国語総合の教科書に載っている「鏡」は、新しい作品へのアプローチ方法がありそうで、ぜひ扱ってみたいと思いました。

 

 

愛媛新聞で、毎週土曜日に6回にわたって掲載されていた”村上春樹さん特別インタビュー 小説家40年と「騎士団長殺し」”が、タイムリーにも本日で終了しました。『騎士団長殺し』が文庫化されたばかりのタイミングなので連載は想定内(!?)とは言え、ちょっと嬉しくなるシンクロニシティーでした。

  • 2019.06.29 Saturday
  • 15:07