Categories

Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

ギュスターヴ・ドレ挿画*セルバンテス『ドン・キホーテ物語』 窪田般彌訳

本日開幕! 二代目松本白鸚さんが、喜寿にして挑むミュージカル『ラ・ マンチャの男』・50周年記念公演! 全国ツアーが始まります。

初日のチケットが手に入ったこともあり、ちゃんと読んだことのなかった『ドン・キホーテ物語』を読んでみることにしました。あまりにも知られた『ドン・キホーテ』ということもあり、全編が気になりながらも、岩波文庫でも6冊と長そうなので手が出ず…。結局(見覚えのあった)ドレの挿絵120枚が載せられているものなら、挿絵が理解を助けてくれるのでは! と期待して沖積舎版を選びました。

 

 

ドレの挿絵が左ページに載せられ、右ページに挿絵を解説するようなドン・キホーテの冒険が述べられているこの本。一枚一枚の絵がとても繊細で驚かされましたが、挿絵がメインになっているため、物語がプツプツ切れて脈絡を感じられないのが難点で、読み慣れるのにかなり苦労しました。物語を味わうために読む本というよりは、物語の全編を知った人が、挿絵を楽しむための本だなと感じました。とは言え、大まかな筋は分かりますし、美しい挿絵が、物語を想像させてくれるので、とりあえず、ドン・キホーテの世界に触れてみたい人にはオススメかもしれません。

やはり、作者セルバンテスのやりたかったものは、全編を読んでみないと分かりそうもありませんが、『ドン・キホーテ』のアレンジという意味で、ミュージカル『ラ・ マンチャの男』と同様に、本作もまたドレの挿絵を中心に置いた『ドン・キホーテ』の一つの解釈なのかなと思いました。ミュージカルでは、メタフィクションとしての『ドン・キホーテ』がまた舞台ならではの演出となっているようです。いよいよ18時開演です。『ラ・ マンチャの男』楽しみです!

  • 2019.09.07 Saturday
  • 10:00

募集&ご案内

山梨日日新聞 高校生俳句・短歌大会 作品募集

山梨日日新聞が発行五万号を記念して開催する「高校生俳句・短歌大会」のお知らせです。
対象は、山梨県内の高校生。
締め切りは10月31日で、郵送またはメールで応募が可能です。
詳細は、以下の写真をご参照ください。

 

 

俳句・短歌ともに、県内の高校生だけの大会とは思えない豪華な選者です! ぜひ挑戦されてみませんか!?


お問い合わせ電話番号 055-231-3112(山梨日日新聞社編集局文化・くらし報道部)

  • 2019.09.02 Monday
  • 23:34

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

田丸雅智『海色の壜』

松山市の「坊っちゃん文学賞」が、16回からショートショートのコンテストとして生まれ変わるそうで、審査委員長の田丸雅智さんが、松山市出身で新世代ショートショートの旗手として活躍中だと知り、読んでみたくなりました。

一編を数分で読めるショートショートというジャンルの存在は知っていましたが、私自身はあまりなじみがなく、興味深く読み始めました。「簡単に言うと『短くて不思議な物語』、もっと言うと『アイデアと、それを活かした印象的な結末のある物語』」をショートショートというのだそうです。

 

 

『海色の壜』は、「海を閉じ込めよう」とした作品群を含めた20編の作品集です。一番好きだったのは松山の三津を舞台にした「海酒」で、完成度からも、また、夢や郷愁、そして、読者それぞれの海への思いを載せることのできる点からも、心地よく読み進められた作品でした。どうやら「海酒」は、2012年樹立社ショートショートコンテストで最優秀賞に輝き、2016年にピース又吉氏主演で短編映画化もされた作品だったようで、納得! でした。

その他、狂気的な心の闇をのぞくような「蜜」や、どんでん返し的不如意なエンディングにで驚かされる「壁画の人々」などが好きでした。全体を通しては、せつなさを感じながらも、前向きな希望を感じさせたり、人のよすがとなる救いのようなものを描いていく作家さんだなと感じました。

 

ショートショートを書く醍醐味は、と尋ねられると、ぼくはいつもこう答えます。

たくさんの自分の好きなものや大切な思い出を、理想の形に変えて人に伝えることができること、だと。(あとがきより)

  • 2019.08.31 Saturday
  • 19:26

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

今村夏子『むらさきのスカートの女』

第161回芥川賞受賞作。初めての今村夏子さんです。オビには、

 

近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが、気になって仕方のない〈わたし〉は、彼女と「ともだち」になるために、自分と同じ職場で働きだすように誘導し、その生活を観察し続ける。

 

とありますが、実際の〈わたし(自称:黄色いカーディガンの女)〉の行動は、観察レベルを超えていて、完全なるストーカーと言えるほどの不気味な執着のみを示していきます。冒頭から「むらさきのスカートの女」は、行動も姿も世の中に適応しづらい女性の典型ように語られていくのですが、〈わたし〉が彼女に近づけば近づくほど、「むらさきのスカートの女」が、〈わたし〉の認識とは違った現実社会で普通に生きられる(生きている)女であることが浮かび上がってきます。むしろ、〈わたし〉の異常性の方が際立ってきて、読者はゾワゾワさせられます。

 

 

そして、執拗なストーキングにも関わらず、不思議なことに、〈わたし〉が「むらさきのスカートの女」に気づかれることは全くありません。この辺から、読者は、もしかして二人は同一人物なのではないか…なんてことも考えながら読んでいくことになります。しかし、物語を追っていくと、やはり作者は二人を別人として設定しているようです。最終的な物語の展開、そして、集約点を思う時、この話は、社会的に認知されにくい〈わたし〉が、「黄色いカーディガンの女」として社会に存在するようになる話だったのだなと思いました。

〈わたし〉の思い込んでいた「むらさきのスカートの女」とは、「黄色いカーディガンの女」になりたい〈わたし〉が思い描いていた理想像であって、これから〈わたし〉はやっとなりたい「黄色いカーディガンの女」になっていくのでしょう。それは、社会的に好ましい存在とはいいがたいものなのかもしれませんが、〈わたし〉にとっては唯一の社会に色をもった人間として存在できる術なのかもしれません。そう思うと、表紙のイラストは「むらさきのスカートの女」を通して変化する彼女を象徴しているようで、またゾワゾワがこみあげてきました。ドット柄の布の下には、かなしくもいじらしい人間が隠されているようです。

  • 2019.08.24 Saturday
  • 23:08

事務局レポート

松山市制施行130周年記念『第22回俳句甲子園全国大会』

俳都松山の夏の風物詩ともなった「俳句甲子園」!

8月17&18日の二日間、大街道商店街特設会場と松山市総合コミュニティセンターにて、熱い戦いが繰り広げられました。
俳句もディベートもレベルアップして、予選からチームの差が全くない状態でまったく旗の数がよめません! 審査員の好み次第でいかようにも判定が変わりそうな好試合ばかりでした!

 

 

令和初めての優勝は弘前高等学校!
最優秀句は、開成高等学校 重田渉さんの「中腰の世界に玉葱の匂ふ」に!

それにしても、表彰式の個人賞の発表は何度見てもよいものです。チームメイトの受賞に喜ぶメンバーたちの様子からも、俳句甲子園までのそれぞれのチームが送ったであろう充実の日々が想像させられ、胸が熱くなりました。

 

 

表彰式後には、恒例となったプレバト!!芸人VS優勝校のエキシビションマッチも開催。東国原英夫さん、立川志らくさん、フルーツポンチ村上健志さんが来松し、キャメリアホールは最後まで満席でした。放送も楽しみです!

  • 2019.08.18 Sunday
  • 20:32