Categories

Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

実践報告・お便り

総社市立総社東中学校の実践

総社市立総社東中学校の中原真智子先生よりお送りいただきました実践のご紹介です。

全て掲載が可能ということですので、資料をそのまま掲載いたします。

中原先生は、昨年の倉敷で行われた副会長の句会ライブに参加されたそうで、夏井の句会ライブでの内容も反映した資料となっております。ぜひご参考になさってください。

 

授業で使用するプリント

春夏秋冬の全てを作成

(秋のプリントと春のイラストを掲載)

(画像をクリックすると詳細がご覧いただけます)

 

生徒作品をまとめた国語通信(国語の授業で配布)

(画像をクリックすると詳細がご覧いただけます)

 

中原先生が参加された「句会ライブ」の記録

(画像をクリックすると詳細がご覧いただけます)

 

卒業生のためのプレゼン資料

(句会ライブの内容「直伝・俳句作りのコツ」も紹介)

「先生方から卒業する君たちへ贈るうた」も必見!

(画像をクリックすると詳細がご覧いただけます)

 

卒業生作品

「直伝・俳句作りのコツ」を紹介前(H28年度)&紹介後(H30年度)

(画像をクリックすると詳細がご覧いただけます)

 

国語教員やオバ様仲間など大人向けの通信〜趣味で配布〜

(画像をクリックすると詳細がご覧いただけます)

 

中原先生が出版されたエッセイもご紹介

『旅するマダム 英語も地図もネットも苦手な私が世界を旅した7年の記録』ペンネームは、中マチ子さん。

Amazonでもお求めいただけます。

英語、インターネットが苦手で、地図も読めない。
おまけに極度の方向音痴の私が、世界を旅することにしたのは、2011年、東日本大震災で被災した気仙沼の友との会話からだった。
以来、世界を知ろうと心に決め、各地を旅した7年間の記録がこの一冊に詰まっている。
振り返って思うのは、旅をすると自分が見えてくるということ。

さあ、私にだってできたんだ。何も恐れず旅に出よう。世界を、そして自分を知るために。(オビ裏面より)

 

中原先生は、4年前まで中国蘇州の日本人学校で、小学1年生から中学3年生まで全校生徒に海外俳句も作らせて楽しまれていたとのことです。「短い詩型の中で思いを写真のように刻みつけるにはいいですよね。」とのメッセージもいただいております。

 

中原真智子先生、ご実践をお送りいただきましてありがとうございました。

これからも、先生の実践報告が拝見できますのを楽しみにしております。

  • 2019.10.27 Sunday
  • 15:05

Comment
谷口様、クラウド坂の上様、俳句を愛するみなさま
こんにちは。中原兼中、です。
高校の先生方の授業、興味があります。
中学校の3年生を受け持っていて週3時間では、なかなかじっくり俳句に取り組めません。それでも、10月に秋の俳句作り1時間を7クラスしました。秋は入門編です。11月末から12月にかけて冬の俳句作りをします。教科書で、奥の細道や万葉集、古今集などをした直後なので、そのあたりとの関わりも含めたパワポでします。しかも川柳や短歌も入れるので盛りだくさんになってしまいますが、自分はどっちも好きなので。そして、2月に紹介した春のパワポへと進みます。5年前、蘇州日本人学校時代はカリキュラムにゆとりがあったので毎回句会をしていました。これは俳句作りより楽しくて、子供達は楽しみにしていました。これも紹介したいです。
  • 中マチ子兼中原真智子
  • 2019/10/31 10:52 PM
谷口奈々美さま
>オーサービジット以来、生徒達有志で放課後句会をしようとという話が盛り上がり、来月から始めることとなりました。
早速素晴らしいですね! 一つの行事をきっかけに発展的な学びへとつながっていく…、普段から谷口先生がご実践されてることで、学校の土壌が育っているからこそだと思います。
こうやって、nhkkのブログで日々の授業の中で精力的に実践されている先生方が交流していただけること、大変嬉しく、また刺激を頂いております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
  • 事務局・八塚
  • 2019/10/31 9:09 PM
中原真智子先生
すばらしい実践記録をありがとうございます。
国語通信、OBA通信、授業プリント、そして先生の御著書。素晴らしい活動でいらっしゃいますね。パワーポイント資料も明快で、その自在なアイデアのすばらしさに感化されます。私も作家になることを夢見てきたので、ものすごく勇気をいただいております。

今は高校の古典を担当していて、カリキュラム上なかなか授業では、短歌俳句創作の時間がとれずにおりますが、先日のオーサービジット以来、生徒達有志で放課後句会をしようとという話が盛り上がり、来月から始めることとなりました。

また色々なご報告を楽しみに存じています。
ありがとうございました。
  • 谷口奈々美
  • 2019/10/30 4:50 PM
中マチ子さま
この度は、充実の資料をお送りいただきましてありがとうございました。
卒業シーズンの「うた」は、早速私もやってみたくなっています! すぐに真似できないのは、先生が個人的にされているのでなく、学校の先生方を巻き込まれている点で、本当に素晴らしいなと! メッセージを受け取りながら、自分たちの作品も残っていって、子どもたちにとっても何よりの思い出になっていると思います。
引き続きのご実践など、またぜひ拝見できればと思っております。今後ともどうぞよろしくお願いします。
  • 事務局・八塚
  • 2019/10/29 10:09 PM
実践プリントを褒めてもらって嬉しいです。もう15年以上前から卒業シーズンには必ずしています。よその学校や小学校でも。あの時期は、子供達の心も高まっていて独特の心境にになっています。それを自分の言葉で残して欲しかったのです。ぜひいろんな学校で実践して欲しいです。
  • 中マチ子
  • 2019/10/29 9:19 PM
クラウド坂の上さま
社会科の枠組みを超えて、日々俳句の種まきをされていらっしゃるクラウド坂の上さんのご活躍に、私こそ感銘をうけております。
>卒業生に向けて教師全員の短歌や俳句があるスライドに感動しました。
私も同感です! 先生方のメッセージが作品となったスライドを見たら絶対に泣いてしまう自信があります(笑)
>わたしも、俳句の種まきの一環で、職員室向けへ俳句通信を出そうかな
クラウド坂の上さんの「俳句通信」も楽しみです!また、クラウド坂の上さんの日々のご実践の様子をお聞かせいただけるのを、事務局一同楽しみにしております!
  • 事務局・八塚
  • 2019/10/28 7:39 PM
同じく俳句の種まきをしている中学教師(教科は社会科)として「とても感銘を受けました。私は総合的学習の時間や文化祭のイベントの時間を利用したり、国語の時間にゲストティーちゃーとして参加したりなので、生徒の言葉に対するイマジネーションや感性を磨いていくような時間が取れません。
俳句の基本ルールや取り合わせの技法、季重なりや三段切れを避けること、「や」「かな」「けり」の使い方でほぼ2時間、生徒による投票での選句で1時間が限度です。国語の先生が短歌などと一緒に俳句を指導されている内容の濃さにに驚きました。
また、卒業生に向けて教師全員の短歌や俳句があるスライドに感動しました。
わたしも、俳句の種まきの一環で、職員室向けへ俳句通信を出そうかな、と思いました。
先生の実践、参考にさせていただきます。
貴重な実践をありがとうございます。
  • クラウド坂の上
  • 2019/10/27 5:26 PM
Send Comment