Categories

Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

田辺聖子『金魚のうろこ』

句友・更紗さんが、SNSの投稿で『金魚のうろこ』を取り上げ、

「明るさのなかに陰があり、面白くて切なくて、諧謔味とユーモアたっぷり。短編それぞれの着地にも唸る。田辺聖子さん、やっぱり凄い〜」

と絶賛。興味をひかれ、思わず手に取った7編の短編集でした。

 

 

それぞれの主人公は、21歳のガールフレンドの36歳くらいの継母に惹かれていく大学生、何人もの男性を手玉に取る(結果的には取られた?)33歳の女性、16歳年下の彼に年齢を告げていない39歳の女性、女性の本質をのぞき見ては相手に本気になれない45歳男性、不倫を花火ととらえ楽しみたい28歳女性、59歳になって58歳までにはなかったある種の達観を手に入れた男性、結婚というゴールに意味を見出せず居心地の良い弟との関係で満足する36歳女性と、一癖も二癖もありそうな人物たちです。

物語には、どんでん返しというか、しっぺ返しなどもあったりするのですが、それぞれが自分の現状になんとなく満足している様子は共通していて、全てを受け止めて焦りなどないところが、淡々とした独特の空気をつくっています。主人公たちが異性に不自由していないという事実も、物事から切実さをなくすことに一役買っている気がします。全編にわたる大阪弁も、登場人物たちの切羽詰まっていない感じと相まって、読者に心地よくストレートに届いてきます。

表題作で、夜明けの美しさを「人生以上に美しいけど、でも、人生にはもっと美しい時もある」とし、それを「人生以上。人生未満。」と表現していたのが象徴的でした。もがき苦しむことのない登場人物たちから、あくせく生きなくてよい、人生はそのままに受け入れていこうよ、とでも言われているような気になりました。

  • 2019.10.05 Saturday
  • 21:36

Comment
Send Comment