Categories

Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

朝井リョウ『何様』

朝井リョウさんの直木賞受賞作『何者』のアナザーストーリーで構成された短編集『何様』。文庫化ということで再読しました。

『何者』で光太郎の人生を決めさせることとなった初恋の相手とは。理香と隆良の出会いは。社会人になったサワ先輩。烏丸ギンジの現在。瑞月の父親に起こった出来事。拓人とともにネット通販会社の面接を受けた学生のその後の6編。『何様』を通して、『何者』が色付けされていく作品集です。

両書あわせて読んでみて、個人的に印象的だったのは、「それでは二人組を作ってください」ラストの理香の隆良への評価です。『何者』では、拓人と対極にあるような理香でしたが、前書ではうかがい知れなかった理香の本心が暴かれていて、理香という人物の奥深さや恐ろしさ、そして弱さを垣間見た気がしました。また、瑞月の父親に起こった出来事が、最終的に『何者』で瑞月自身に及ぼした影響を思う時、「むしゃくしゃしてやった、と言ってみたかった」という題名の軽さが余計に人間の人生のあやうさを象徴しているようにも感じてしまいました。とは言え、「何者」かであろうともがいていた前書から一歩進んで、いまだ何者にもなれない自分を、何様なのだと突っ込むような味わいの「何様」では、現実を受け入れていく救いも用意されていて、ある意味読者の背中を押してくれているようにも感じました。

 

 

『何者』と『何様』の表紙を並べると、面接の風景となっているのもなかなか心憎い演出でした。

そして、声を大にしておススメしたいのが、文庫版で追加されたオードリー若林正恭さんの「解説」です。解説を超えて「何様」的に若林さんが裸になってくれていて、一読の価値ありでした! 

  • 2019.09.22 Sunday
  • 14:46

Comment
Send Comment