Categories

Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

米澤穂信『さよなら妖精』

前々回、前回と、フリージャーナリスト「太刀洗万智」を主人公とする作品を読んでくると、書籍に初登場する高校生の彼女が気になって仕方が無くなってしまいました。というところで、引き続き米澤穂信さんの『さよなら妖精』です。

『さよなら妖精』は、「ボーイ・ミーツ・ガール・ミステリ」で、太刀洗万智はヒロインでもなく、準主役といった立ち所です。作品としては、日本を去ったヒロイン・マーヤの所在をつきとめようとする大きなミステリーを主軸に、彼らが日常で出会った些細な謎を解いていく(小さなミステリ−?)が散りばめられています。そして、それらの謎と立ち向かう高校生の主人公たちの中で独特の存在感と、探偵的心眼を持つ魅力的な人物として描かれているのが太刀洗万智です。

 

 

前回の『真実の一〇メートル手前』のあとがきの中で作者が、「正義漢」という作品が、『さよなら妖精』の太刀洗万智を大人にした物語を「時間も準備もない中でふと思いついた」ものであり、そこから記者太刀洗万智の作品群が生まれていったという経緯を書いていましたが、『さよなら妖精』を読み、ヒロインでもないのに際立つ太刀洗万智の存在感に触れてしまうと、限られた時間しかない作者が、ふと彼女を書きたくなったのは必然だったのだなと納得させられました。

そしてまた、『真実の一〇メートル手前』の「正義漢」と「ナイフを失われた思い出の中に」が、いかに『さよなら妖精』ファンを喜ばせるもので、作者の読者サービスであったかにも驚かされました。偶然に『王のサーカス』→『真実の一〇メートル手前』→『さよなら妖精』の順で出会った太刀洗万智でしたが、出会い方としてはベストの順番だった気がしています(笑)

  • 2019.02.16 Saturday
  • 17:07

Comment
Send Comment