Categories

Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

俳句関連・書籍など 紹介

岡田一実『記憶における沼とその他の在処』

ふじみんこと岡田一実さんの第3句集。『記憶沼』という通称で呼ばれています。

 

 

「な、なんだ、これは!」

読み始めて数ページで、一句一句の濃密さに射貫かれてしまいました。十七音ごとに立ち止まらずにはいられない、もったいなくて簡単には進めない、そんな句が並びます。

,泙砂充群擦了蹐縫疋リとする→△修海砲△辰慎┯譴縫魯辰箸気擦蕕譴→0豢腓了蹐筏┯譴僚伝慇にまたドキリとする

変幻自在なふじみんの俳句はこんな風に染み入ってきます。

 

 

「真正面から」

蟻の上をのぼりて蟻や百合の中

阿波踊この世の空気天へ押す

椿落つ傷みつつ且つ喰はれつつ

 

「裏切りも」

秋晴や毒ゆたかなる処方箋

その中に倒木を組む泉かな

瓜の馬反故紙に美しき誤字のあり

 

「届く五感」

喉に沿ひ食道に沿ひ水澄めり

口中のちりめんじやこに目が沢山

体内を菅は隈なし百千鳥

 

「飄々と」

喪の人も僧も西瓜の種を吐く

端居して首の高さの揃ひけり

文様のあやしき亀を賀状に描く

 

「まっすぐ」

細胞に核の意識や黴の花

みづうみの芯の動かぬ良夜かな

龍天に昇るに顎の一途かな

 

「無常…」

宗教に西瓜に汁の赤さかな

死者いつも確かに死者で柿に色

常闇を巨きな鳥の渡りけり

 

空洞の世界を藤のはびこるよ

白藤や此の世を続く水の音

 

この世もあの世も私も、実は一体で「空洞の世界」があるだけではないか。では、その私とは…。もしかすると、私とは「記憶」そのものなのではないか。そんなふうに感じさせられる句集です。

では、「記憶における沼」とは…。何かが堆積し、また何かが育ちゆくような沼。もしかすると私たちは、時にはそんな沼に停滞しながら、また時には「その他の在処」を確かめながら、自分なりの記憶の形でここにあるということなのかもしれません。

裸木になりつつある木その他の木

「裸木」に目をやることがあれば、「その他の木」を真正面から詠むこともあるように。

手のひらにちょうどいい、少し小さめの句集であるのも、人の内にある「記憶」のサイズのようです。美しい装丁そのままに、あり続ける「水の音」のように、ふじみんの俳句とは、そんな記憶という彼女自身なのでしょう。

 

(句集『記憶における沼とその他の在処』出版記念パーティーにて)

  • 2018.10.13 Saturday
  • 10:13

Comment
Send Comment