Categories

Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

村田沙耶香『コンビニ人間』

第155回芥川賞作品の文庫化。

驚きました! 新しいものに出会えた喜び、という意味では(常に驚かされ続けている朝井リョウさんの作品をのぞけば、)西加奈子さんの『サラバ!』以来の衝撃度で、私のどストライクの作品でした!

 

 

社会が求めている「普通」とは? 幼い頃から「自分は何かを修正しなくてはならない」「治らなくては」ならない人間だと自覚している主人公古倉恵子。いわゆる「普通」からはみ出した自分を自覚しながら、「『普通の人間』の定型」に気付いていく主人公の目線は、無意識に社会不適合者をはじき出しそうとする「普通」の人間たちが、いかに乱暴でマニュアル的であるかをあぶり出していきます。

一体何が正常なのか…。そして、結局は一番見えていて、一番考えている主人公…。そこに関わってくるコンビニという存在…。コンビニについては、ネタバレになるので作品を読んでもらうしかないのですが、「普通」と私たちが信じている社会の隠された矛盾をつきながら、読者それぞれが問いかけられているような作品でした。本当に面白かった!

  • 2018.09.29 Saturday
  • 16:10

Comment
Send Comment