Categories

Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

俳句関連・書籍など 紹介

星野高士『俳句真髄−鬼の高士の俳句指南』

「そもそも俳句の『俳』という文字は、『遊ぶ・戯れる・おどける』という意味である。人と違ったことをして楽しまなければ俳人ではない。」との本文に象徴されるように「遊び心」をもって、俳句を楽しみたい初心者への指南書です。

 

 

「季題」の魅力や、「季題との付き合い方」はもちろん、俳句でよく言われる「写生」についても、「写生と写実」の違いをあげて「スケッチ」だけに止まらない「俳句にとっての写生」が語られます。「『一歩近づく』のではなく、『一歩離れる』」写生、また、「着眼点を、どうやったら相手に伝えられるかを考える」ことで生まれる「客観性」など、例句をあげながら、初心者の疑問が一つ一つ解き明かされていきます。最終章は、「添削道場」で、具体的な添削例は実作の際のヒントになりそうです。

「いい句」ではなく「おもしろい句」を目指す、個性的な魅力ある俳人になるための一冊です。

 

**************

 

記録的な大雨で、各地で大変な被害がでています。松山の雨脚は弱まってきましたが、降り続く雨音をここまで恐ろしく感じたのも初めてのことで、自然を前にしてなすすべもない無力さを感じています。被害に遭われた方の少しでも早い救助と復旧を、そして、これ以上被害が広がらないことを心より祈りるばかりです。まだ雨は続くようです。どうぞ、皆様くれぐれもお気をつけてください。

  • 2018.07.07 Saturday
  • 23:07

Comment
スージーさま
タイトルに「鬼の高士」とありましたが、むしろ先生の俳句愛を感じる一冊でした。21回大会で先生の審査コメントを拝聴するのがますます楽しみになりました。
豪雨災害の甚大な被害にはただただ…。今日も、ランドセルを流されてしまった子ども達に使い終わったランドセルを…、との知らせに我が家も息子達のものをお渡ししたのでしたが、おそらく教科書などもきっと…と思うとできることの少なさがもどかしく…。
そんな中、県内の被災地でも、ボランティアの受け入れがはじまり、少しずつ復旧に向け動きだしました。
  • 事務局・八塚
  • 2018/07/11 11:17 PM
いつもブログを有り難うございます。
俳句甲子園の審査委員長のお一人として、神奈川県の鎌倉から星野先生が参加されますね。素敵な夏帽子姿で。
西日本の豪雨災害、被害の大きさにニュースを聞く度に胸が痛みます。心からお見舞い申し上げます。
  • スージー
  • 2018/07/11 10:30 PM
Send Comment