Categories

Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

お便り&レポート

朗読 源氏物語 全五十四帖 (全八巻) Pan Rolling / digigi

『源氏物語』全五十四帖。与謝野晶子による現代語訳をすべて朗読し、オーディオ化したCDセット。夏井いつき副会長の推薦文にひかれ、通勤の車内で聞いています。

 

 

私の義弟ニックは、チャイコフスキー国際コンクール優勝の経歴を持つアメリカ人チェリストだ。若い頃からアーサー・ウェーリー訳の源氏物語が愛読書。世界の本屋には各国の言語で訳された源氏物語が置かれている、と聞く。飛行機で隣り合った人と源氏物語の話で盛り上がる。源氏物語に憧れる外国人ファン聴いていると心が癒される。楽の調べのような岡崎弥保さんの声にも、同じ癒しの力がある。幼い頃眠るまで耳元で語ってくれた母の声のようにも思える。目を閉じれば、艶やかな女御の壺の燭の灯、さやさやと衣擦れ、新作の恋物語に笑い涙する人々、そんな風景が耳から直に心を揺さぶる。
今も昔も世界中の人を虜にする源氏物語に、日本人も改めて触れ親しめる機会がここにある。――俳人 夏井いつき

 

 

耳から入ってくる与謝野源氏。思った以上に記憶に残っていきます。また、衣擦れの音からその人の気配を感じるなど、現代以上に五感を研ぎ澄ましていたであろう平安時代が舞台であるというのも、耳から味わうのによく合っています。さながら、平安の女房の読み上げる源氏を聞いているかのようで、物語世界に自然にワープしていきます。各巻の冒頭の晶子の歌も耳に快く、歌で平安の世と現代を繋いでくれます。晶子にならってそれぞれ一句ずつ詠んでいくのも一興かもしれません。
伊井春樹先生監修のフルカラーの特別冊子も、分かりやすくてとても美しい。遠い大学時代、幸運にも受けることのできた伊井先生の集中講義を懐かしく思い出してもいます。

また、オーディオCDでは78枚(全8巻)の膨大な枚数になるのですが、MP3データ3枚組が選べるようにもなっていて、手に入れやすいのも嬉しいところです。

 

 

  • 2017.04.16 Sunday
  • 20:44

Comment
八塚さま
ありがとうございます!
近々リンク貼らせていただきます。夏井先生にもどうぞよろしくお伝えくださいませ。
岡崎 弥保さま
重ねてありがとうございます。
HPへのリンクの件、もちろん大丈夫です!拙い文章ですのに、こちらこそありがとうございます。
伊井先生の文章もそうですが、何から何までこだわって作られたCDセットだと感じています。ぜひ多くの方に、岡崎&与謝野源氏を味わってほしいです。
  • 事務局・八塚
  • 2017/05/15 5:50 PM
八塚さま、ありがとうございます。源氏を最後まで聞くのはなかなかお時間かかることと思いますが、他の作品もぜひ聞いてくださいませ。
伊井先生の授業を受けられたことがおありなのですね。実は私は学生時代に伊井先生の論文は拝見していましたが、今回監修していただくにあたり、初めてお目にかかりました。特典冊子の伊井先生の文章は本当に素晴らしく、与謝野晶子訳を朗読することができてよかったと改めて思いました。

こちらのブログにご紹介いただきましたこと、私のHP、ブログなどにリンクを貼らせていただきてもいいでしょうか。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
岡崎 弥保 さま
コメント、ありがとうございます。
このCDの魅力はなんといっても岡崎さんのお声で、抑制された語り口でありながら、情感が伝わってくるので、聞いている一人一人が自分のイメージを壊さずに登場人物を思い描くことができるのだろうなと感じています。男性と女性の会話文の声色の変化もとても聞きやすく、上品で、物語の世界にぴったりだと思いながら、今日も車中で聞いておりました。
素敵な作品をありがとうございます。
副会長より、夏の花やひろしまのピカ、そして、おくの細道のCDもすすめてもらっていますので、源氏を堪能しましたら、そちらも聞いてみたいと思っています。楽しみです!
  • 事務局・八塚
  • 2017/05/12 9:29 PM
聞いてくださり、とても嬉しいです。ありがとうございます。
源氏物語を朗読させていただきました岡崎弥保と申します。黒田杏子先生主宰の藍生の会員で、そのご縁から夏井先生にご推薦をいただき、またそのおかげでこうして取り上げていただき、本当にありがたく、感謝申し上げます。
源氏物語、かなり長い物語ですが、気軽に耳で聞いていただいて、光源氏や女性たち、平安貴族の暮らしを言葉からイメージをふくらませて、楽しんでいただけたらと思っています。ご紹介、まことにありがとうございました。
Send Comment