Categories

Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

事務局レポート

「いのちころころ」句会ライブ IN平岩小学校

広島県東広島市にある平岩小学校にて句会ライブ!

とても気持ちの良い秋晴れそのままのような、キラキラした笑顔がまぶしい子どもたちが迎えてくれました。
「命」をテーマにした参観日、ということで道徳の後の句会ライブのお題も「いのちころころ」。
自分や家族や友達…心が動いたことを俳句の種にして、5分で一句の「取り合わせ」の俳句に挑戦しました。

 

 

キム・チャンヒさんの俳画をゲットしたのは次の二句。

〜1位〜 お母さんへのメッセージが素敵な俳句に。
「ありがとう生んでくれて春の昼 海凪」
春生まれということで「春の昼」という季語を選んだそうですが、ぽかぽか暖かくなってきて、カラフルな花も咲き始める春の気分は、「ありがとう」の気持ちをさらに幾重にも色づけてくれています。全てのお母さんの心をふるわせる一句で、これを選んだ子どもたちの素直な気持ちにも嬉しくなりました。

 


〜2位〜 低学年から高学年まで幅広く子どもたちの心をつかんだ一句。
「天高し明日は席変えだれが来る 帆風」
皆が楽しみにしている「席変え」のワクワクした思いが、取り合わせた季語「天高し」〜教室の窓から見える気持ちよく澄み渡った青空〜によく表現されています。翌日の席変えの後の、新しく隣になった友達との笑い声まで想像できそうです。私自身、昔楽しみにしていた席変えを思い出しました。

 


平岩小学校は、普段から校長室の前に俳句ポスト「じまんのはいく」を設置して、毎月の入賞句を飾るなど、普段から取り組みをされているようです。じっくり季語を観察した一物仕立ての素敵な句が沢山並んでいました。今回の「出来事や感情、つぶやきなどを12音のフレーズにして、季語とドッキングさせて気軽に詠んでいける・取り合わせ」の技で、さらにバリエーション豊かな俳句が並んでいくのだろうと思わせる句会ライブでした。

 

 

校内には、子どもたちの作品が大切に掲示されていて、クラスごとに設置しているという「ふわふわことばの木」の「花」々には、こちらまで「ふわふわ」させてもらいました。これから、ふわふわの木に飾る「花」を集めていくように、12音の「俳句の種」を集めていってくれることでしょう。
素敵な子どもたちと俳句に出会え、「ころころ」と心が喜んだ秋の一日でした。平岩小学校の皆さん、ありがとうございました。

  • 2016.11.05 Saturday
  • 19:03

Comment
Send Comment