Categories

Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

ネット句会

第28回nhkkネット句会のご案内

実技研修句会→nhkkネット句会と七年間続いてきましたnhkk主催の句会も、残り3回の開催となりました。
長らくのご参加ありがとうございました。


●第28回nhkkネット句会
●投句締切日:2015年2月1日<日>
●投句一覧:水曜日までに到着しない場合はご連絡下さい
●選句締切日:2015年2月8日<日>
●内容:3句までの雑詠句会
です。
皆さまからのご投句をお待ちしております。



投句される方は、以下の投句フォームよりご投句下さい。

投句フォーム

携帯電話など、投句フォームがうまく利用できない場合は、事務局メールアドレス(nhkk.info@gmail.comまたはe-nhkk.info@e-nhkk.net)まで、俳号を記載の上、3句ご投句下さい。

〈流れ〉
1 「投句フォーム」を利用し、投句締め切り日2月1日(第1日曜日必着)までに投句する。
当季雑詠3句(携帯電話等で、「投句フォーム 」の利用ができない場合は、事務局<nhkk.info@gmail.comまたはe-nhkk.info@e-nhkk.net>まで投句する。)

投句フォーム

2 事務局より送られてきた「選句ファイル」を利用し、選句締め切り日2月8日(第2日曜日必着)までに選句・選評を送信する。(送信方法等は、事務局よりメールにて詳細を案内される)
◎特選1句、○並選4句、●予選(0句〜5句まで)
〜選句ファイルはでき次第送信します。水曜を過ぎても到着していない場合は、お知らせ下さい。
(携帯電話等で、「選句ファイル」の利用ができない場合は、事務局<nhkk.info@gmail.comまたはe-nhkk.info@e-nhkk.net>まで選句と選評を送信する。)

3 事務局より「全ての選評付きの句会報」を送信。句会終了後、句会報ができしだい、遅くても2月13日(金曜日)までには送信を完了する。(土曜になっても届いていない場合は、事務局まで連絡する。)




*************
日本俳句教育研究会主催の句会はひとまず閉じますが、8年目となります2015年5月より、ブログを中心に皆様からのご質問に答えるなど、会の形を変えて活動していく予定ですのでどうぞよろしくお願いいたします。
ご意見等、どうぞ事務局までお寄せ下さい。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 2015.01.21 Wednesday
  • 23:05

Comment
スージーさま

すごい秘策!!(笑)(笑)(笑)
なんと斬新なアイデアでしょう!!!
これは使えますね。サスガです!!!!!
このコメント欄だけにおいておくのはもったいないです。
おまとめになっている冊子もぜひぜひ拝見したいです。私たちも簡単に手に取ることができる形になるのでしょうか?またぜひお知らせ下さい。
もし、皆さんに周知できるようでしたら、勧誘(!?)の秘策と共に発信させて下さい(^_-)

句会は急なお知らせになりまして申し訳ありません。
今回私も残りを考えると感慨も一入でした…。
nhkkにつきましては、意義ある形で、かつ息長く続けていくためにどのようにあるべきか…という中で、8年目からはスタイルを変えることで、より広範囲の方々のお役にたてる形を目指して活動をしていくことになりました。
スージーさんの活動内容やアイデアなどもぜひ皆様に紹介していけたらと考えていますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
残りの句会も楽しみにしています。
  • 事務局 八塚
  • 2015/02/11 11:34 AM
今月の句会も、楽しかったです。
お世話様でした。
残り少なくなって、少し淋しい。夏に、松山行けなかったからなおさらに。
句会という交流の仕方の、スマートでいて温かく深く心を交わせるところが好きです。改めてそう感じることができました。本当にお世話になりました。
職員室に、俳句甲子園のポスターとチラシが届きました。絵のインパクトに思わず笑ってしまいました。私が着任したばかりの学校でも、選手を集めてチームを結成する秘策。それは毎時間始業時に「今日の一句」を板書して書き写させるのですが、句を詠み上げる時に目を落とす記録用紙の裏に俳句甲子園のチラシが仕組んであります。私が俳句を詠み上げる時には、必ず生徒にチラシが見えるようにしているのです。そして「それナニ?」と生徒が質問してくるまで、絶対に俳句甲子園の話をしない、というのが私の作戦です。漫研あたりがすぐに食いついてきます。イラストのコンクールもあるよー、とか。この原画、高校生が描いたんだよー、とか。十分に引きつけたところで、おもむろに「俳句甲子園」てのがあってねーと説明をします。テレビで俳句の辛口先生を見たでしょー、私は毎月あの人と句会をしてるのー、というのも使いました。エサを撒き、ダシも使って、タネを蒔く。
新入生の来るのが、新年度の授業が、楽しみになる今年のポスター画です。

今は、前任校での6年間の俳句甲子園の活動をまとめた冊子を作成中です。卒業式に間に合うように。
出会いと別れの春が来ていますね。

松山、雪がたくさん降ったようですね。どうぞお元気で。
  • スージー
  • 2015/02/11 3:51 AM
Send Comment