Categories

Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

実践報告・お便り

家串小学校 ……イノシシ・その後

皆様お待ちかね!(?)!
家串小学校の可愛らしい子ども達のその後のお便り紹介です(^_-)-☆


裏山からサツマイモ畑に降りるところに、いのしし防御の柵を作りました。
そして、ネットもかけました。
子どもたちは、
「先生が罠を仕掛けた」
と思っています。
毎朝、罠にかかっていないか、ベランダから見ています。
もしかかっていたら、どうしよう・・・(笑)。


山羊小屋の左側にあるのが以前からの柵、
       右側が新しい柵とネットだそうです 
 
            


また、台風の際には次のような可愛らしいやりとりも!

最近、授業中に裏山から鹿の声が聞こえてきます。
「先生、鹿が鳴きましたね」
「今は、算数の時間ですよ」
「鹿は秋の季語ですよ、ぼく知っています」
「鹿の声も季語ですよ」
「じゃあ、俳句作りますか?」
「算数が終わったらね」
「ガ〜ン」
台風のとき、鹿や猪はどうしているのかな・・・。
子どもたちと心配しています。


自然があふれてる教室で、とっても素敵!
ちなみに、台風&皆既月食でのさらなるやりとりが、nhkk事務局・俳人担当 渡部のブログにて紹介されていました(^0^)
ぜひぜひ、以下をクリックしてみて下さい。


渡部ブログ:猫まち「怪奇?&コメント」(←ここをクリック)

かのこ先生!
子どもたちの「鹿の俳句」もぜひお送り下さい!!
楽しみにしています。





 
  • 2014.10.21 Tuesday
  • 18:34

Comment
笑笑笑
かのこ先生の相撲!
子ども達がどんな反応をするのだろうと、想像がさらにさらに膨らみます!!

スージーさんのおっしゃるとおり!
本当に美しい日本語ですね…。
先生に対する時と、友達に対する時とを(思わず地が出てしまった時がさらに可愛らしいのですが)、きちんと使い分けをしようという意志をもって子ども達が会話をしているのが伝わってきて、心が洗われます。
言葉で伝え合う素晴らしい環境が整った教室だからこそ、日常のちょっとした会話の一つ一つがキラキラしていて、私たちが癒やされるエピソードになるのだろうとつくづく感じてしまいます。
言葉を豊かに育てることは、心を豊かにすることなのだなと心から…。
素敵な家串の子ども達のエピソードを心待ちにしている事務局なのでした。
  • 事務局 八塚
  • 2014/10/23 7:05 PM
癒されました。
丁寧な会話(やりとり)に学力向上のヒントを見出します。小学生の会話が丁寧語であり、主語・述語が明確ですね。荒れた現場にあると、こうした当たり前のやり取りがとても新鮮です。先生のしてくださることに常に注目している、鹿の声が秋の季語と知っている、俳句を作りたくなる、そんな児童と優しい先生のいる教室、理想です。
イノシシ、罠にかかって先生と相撲をとれー!
  • スージー
  • 2014/10/22 7:28 AM
Send Comment