Categories

Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

第1回 研究発表大会

アンケートの回答ご紹介(2)

さて、nhkk研究発表大会・アンケートのご紹介第二弾です。
今回は「研究発表大会へのご要望・ご提案」及びその回答になります。


■ 事前アンケート方式を取り入れて、参加者がどういう取り組みをしているかが分かる事例があるといいと思った。
←来年度の申込書の中に実践例や質問事項の記入欄を作って、当日の議論を活発にできるよう工夫してみたいと思います。

■定期的に開催してほしい。
←nhkkの活動は、新指導要領施行(小学校が23年度、中学校が24年度)に向けての三年間をメドにしております。
 三年間の活動を終えてから、その後の方針については会員皆で考えていきたいと思っています。

■いつき先生の話をもっと聞きたい。
■せっかくの機会なのだから、参加記念に一人一句を投句して実作の場を設けてほしい。(後でいつきさんに見てもらって、まとめてもらえたら楽しいのでは)
 
←今回初めての研究発表大会を終えてみて、もっとやりたい事が沢山あったのに、とにかく時間が足りなかったという反省が残りました。
 来年度は、開始時刻を一時間早める等配慮工夫していきたいと思います。

■カナダの小学生の俳句の資料が欲しかった。
←司会の三浦会長が、発表を聞き終わった瞬間「なーんだ、カナダも日本も同じだ」とつぶやいた一言が印象に残っておりますが、カナダの小学生の俳句も大変生き生きしておりました。中西先生にご了解をいただいて、ブログ上にアップできたらと考えております。

■英語俳句の「I found」で作る方法、日本でも使える!と思いました。「見つけたよ」の他に「聞こえたよ」「さわったよ」「食べたいな o r食べたんだor おいしいな」で十二音。どうでしょう、いけるんちゃいますかね?   
←軽やかですね〜 これもまた使えますね〜!
  こういうアイデアを、このブログ上でもどんどん情報交換をしていけたらと願っております。早速試してみたくなりました。

 というわけで皆様のアイディア・ご提案、お待ちしております!
  • 2009.01.23 Friday
  • 15:41

Comment
Send Comment