Categories

Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

平野啓一郎『日蝕・一月物語』

平野啓一郎さんといえば、『マチネの終わりに』の映画化で話題ですが、ベストセラーの恋愛小説を読む前に先に平野さんの作品の感じが知りたくて、『日蝕・一月物語』を手に取りました。『日蝕・一月物語』は、平野さんが「ロマンティック三部作」と呼ぶ初期3部作のうちの2編で、どちらも擬古文的独特の文体で書かれていますが、それぞれの時代を映すために時代に即した文体が選ばれていて、「日蝕」(中世ヨーロッパ)よりも、「一月物語」(明治三十年)の方が読みやすくなっています。

 

 

第120回芥川賞を受賞したデビュー作の「日蝕」は、中世キリスト教世界における、異教哲学への関心をもちながら、異端を取り込んだ新しい神学の構築を胸に抱く神学僧・二コラが主人公です。彼が旅の中で出会っていく、「錬金術師」「両性具有者」、そして、「魔女焚刑」の場に起こった「日蝕」と「賢者の石」。異教を「太陽の所為(せい)」と考えていた二コラが、「日蝕」の際に得た世界との一体感を思う時、最終的に「錬金術」の作業に就き、「一刹那一刹那に、或る奇妙な確信を以て世界の渾てと直に接していると感じている」結末は必然であるように感じました。

錬金術の把握の仕方に、「錬金術で生み出した物質ではなくて、その『作業における心理学的な過程に注目』」するユング心理学的視点を感じさせられる小説でもありました。

 

「一月物語」も、主人公が自分の追い求めていたものを、本来とは違ったものではありながら、結果的に自身の納得する形で手に入れていく主人公が描かれる意味では、「日蝕」と同テーマともいえる作品でした。

明治という時代で「自己」を手に入れ、「奈何なる形を以て己の情熱を成就させるべきか」を問う若き詩人・井原真拆が、浦島伝説の竜宮にも比せられる、夢か幻か分からないような場所に迷い込み、「ラッヴ」という「愛したいという情熱」を手に入れ、「超越的な存在と一体化する」までが、耽美的に描かれていきます。

「一刹那にのみ、忽然と存在して消える」盲人の世界に「幸福」を思い描いていた真拆にとって、見つめると殺めてしまう見毒を持つ夢の女・高子の存在も象徴的です。高子との「予告される未来を持たない一個の絶対の瞬間。独り肉体によってのみ、行為によってのみ、導かれるその瞬間」によって、彼は絶対的な自己を手に入れ、魂と共に昇華されたのでしょう。

  • 2019.11.09 Saturday
  • 22:02

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

恩田陸『蜜蜂と遠雷』『祝祭と予感』

2017年の直木賞&本屋大賞ダブル受賞作『蜜蜂と遠雷』が映画化で話題ですが、スピンオフ短編小説集『祝祭と予感』も刊行されています。

ピアノコンクールを描いた『蜜蜂と遠雷』は、奏者の演奏する曲がBGMとして脳内で再生される中で、登場人物の高揚感や達成感に共感していくので、読者も否応なしに盛り上がり、心地よいカタルシスが得られるような作品です。実際、何度もウルウルさせられました。音楽への愛がテーマともいえる小説で、エンターテインメントの要素も一面的でなく、芸術に携わる者の側面や書き込まれていて懐が深く、直木賞と本屋大賞は、それぞれに別の部分を評価したのだろうなと感じた小説でした。

 

 

スピンオフ短編集『祝祭と予感』は、『蜜蜂と遠雷』の結果が気になる読者の期待に応えるかのように、コンクール後の亜夜・マサル・塵の三人のエピソード「祝祭と掃苔」から始まります。審査員ナサニエルと三枝子の出会いの「獅子と芍薬」、課題曲「春と修羅」の誕生譚「袈裟と鞦韆」、ナサニエルとマサル師弟の物語「竪琴と葦笛」、ヴィオラ奏者・奏が主人公で亜夜と塵も登場する「鈴蘭と階段」、と続いていき、読者が一番待っていたであろう塵とホフマンの出会いを描く「伝説と予感」で閉めくくられます。「祝祭」から「予感」へと、物語の時間が逆に流れていくのも乙な構成の短編集でした。

映画では、課題曲「春と修羅」が演奏され、4人それぞれのカデンツァ(即興演奏)も盛り込まれているそうで、気になってしまっています。

  • 2019.11.02 Saturday
  • 08:25

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

浜崎慎治『共感スイッチ』

au「三太郎」、家庭教師のトライ「トライさん」、日野自動車「ヒノノニトン」のCMと言えば、誰もが一度は目にし、記憶に残っているCMの代表的なものと言えますが、これらは全てCMディレクター・浜崎慎治さんの作品なのだそうです。私自身も大好きなユニークなCMを作った浜崎さんがどのようなことを語るのか、興味津々で読み始めました。

「共感スイッチ」とは、誰もが持っている「相手の心に何かを残す突破口を開」くための「鍵」のこと。浜崎さんが、CMをつくるコツだと考えている「共感」にスポットを当てて、おもしろスイッチ(インパクト)・鳥取スイッチ(ベタ)・次男スイッチ(バランス)・ 国立大スイッチ(共通理解)・教室スイッチ(記号)・朝ドラスイッチ(反復)・父親スイッチ(信頼)・自分スイッチ(軸)の8つに分類した共感スイッチが、浜崎さん自身の生活や考え方を具体例にだしながら語られていきます。

 

 

独創的なCMディレクターということで、私たちでは思いもつかないようなクリエイターとしてのアイデアが語られるのだろうと想像しながら読んでいったのですが、一番意外だったのが、「鳥取スイッチ」で語られた「『ベタ』はすごい」でした。

 

CMは決して芸術ではありません。もちろん、扱う商品によるかもしれませんが、公共の電波を用いて全国のお茶の間に流す以上、「わかる人だけにわかる」は不合格。子ども、若者、主婦、お年寄り、まずはみんなにわかるところから始めるのが理想です。

 

CMでは、全員がわかる「ベタ」を起点にして次を考えた方がスマートだという考え方にはハッとさせられました。また、以前は「誰かの力に頼らなくても、センスやアイデアで突破できる」とカッコつけていたが、「センスやアイデアがあるなら、それをさらに有名なタレントさんと一緒に作れば最強」と考えるようになったそうで、「全然知らない」から始めるよりも「知っている」から始める方が記憶に残るという「ど真ん中」理論には納得させられました。

もちろん、書籍では「ベタ」で「ど真ん中」を押さえたうえで、工夫しているところなども語られていくのですが(それは読んでいただくこととして)、CMに限らず日常生活においても、理想ばかりを求めるのではなく、目的にそって選ぶべきベストがあることに気づかせてくれた一冊となりました。

  • 2019.10.26 Saturday
  • 10:05

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

朝井リョウ『どうしても生きてる』

何らかの生きづらさを抱えている私たちが、それでも生きている理由は…と問われたとしたら…。答えなど出せないそんな問いを前にした時、結局私たちは、「どうしても生きてる」としか言うことができないのかもしれません。

そんな明確な答えの出せないところで生きている6つの人生からなった短編集です。

 

 

・〇〇だから××と簡単には説明できず、本人すらわからない積もり続けている何かに生死を左右される私たち。しかし一方で、確かに存在している生きる欲求。「健やかな論理」

・丸裸に自分をさらけ出せる者への羨望や嫉妬を抱え、自分に嘘をつきながら生きていく人生。そんな中でも手放すことのできない自分の変わる可能性。「流転」

・どんなに絶望的な状況にあっても、意味ないものの中にも見つけていく生きるよすが。「七分二十四秒目へ」

・ルールを破ることでしか成立しない社会の現実。飲み込まれそうになりながらも、それでも生きなければならない明日を受け止める強さ。「風が吹いたとて」

・私を離れ、誰でもない存在としてあることの必要性。我慢せずに思ったことをそのまま言える時間、自己を解放できる場所を持ちたいと願う悲しき人間。「そんなの痛いに決まってる」

・ハズレクジだけを引くような人生にあって、ハズレを嘆くのではなく受け止め、前に進んでいこうとする意志。ハズレをアタリにできるのは、自分だけなのかもしれない。「籤」

 

確かに「読み心地がいいものばかりではない」短編集ですが、「どうしても生き」るしかない私たちの可能性を信じたい作者の眼差しを感じずにいられない作品でした。

  • 2019.10.19 Saturday
  • 19:04

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

天童荒太『巡礼の家』

松山人であることの誇りを持てるような小説でした。

道後への、そして、四国八十八カ所を支えるお接待の精神への愛に満ち溢れていて、巡礼の家「さぎのや」で癒される登場人物たちと共に、読者までもが癒されていく、そんな作品です。そして、魅力的な登場人物たちの登場するストーリーを、純粋に面白く楽しみました。

 

 

生きとし生けるもの全ては、「何かしらの役割を背負い、親しい者たちの死を抱え、みずからもやがては死なねばならない、哀しくて切ない旅の者」である。そんな私たちの羽を休める場所として存在し続けてきた、3000年の歴史を重ねる「さぎのや」。日本最古の湯・道後温泉を見つけたサギが、初代の女将だったと言われる「さぎのや」の、人々の悲しみやつらさを受け止めてきた「心」が、「一人のために、みんながおのれを犠牲にして汗をかく」道後の粋と重ねて描かれていきます。

登場人物たちの抱える問題に、戦争、災害なども盛り込みながら、「命の大切さ」「共に生きることのかけがえのなさ」が静かに描かれる一方で、道後の「動」の象徴でもある秋祭での大神輿の鉢合わせの「命の限界を超える勢いでぶつかることで、生きていられることを祝い、喜び、天に向かって感謝を捧げ」る勇壮さも迫力で迫ってきます。

「互いに手を差しのべ、助け合うことで、みんなが共に笑って生きている」道後。命が巡り、人の思いが巡る道後。改めて、道後を散策してみたい気になっています。

 

**************      **************

 

『巡礼の家』刊行記念イベント【天童荒太 ふるさとを語る】

が10月20日(日)松山市立子規記念博物館にて開催されるようです。天童荒太さんがどのような「ふるさと」を語ってくれるのか、今から楽しみでなりません。

  • 2019.10.13 Sunday
  • 10:40

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

田辺聖子『金魚のうろこ』

句友・更紗さんが、SNSの投稿で『金魚のうろこ』を取り上げ、

「明るさのなかに陰があり、面白くて切なくて、諧謔味とユーモアたっぷり。短編それぞれの着地にも唸る。田辺聖子さん、やっぱり凄い〜」

と絶賛。興味をひかれ、思わず手に取った7編の短編集でした。

 

 

それぞれの主人公は、21歳のガールフレンドの36歳くらいの継母に惹かれていく大学生、何人もの男性を手玉に取る(結果的には取られた?)33歳の女性、16歳年下の彼に年齢を告げていない39歳の女性、女性の本質をのぞき見ては相手に本気になれない45歳男性、不倫を花火ととらえ楽しみたい28歳女性、59歳になって58歳までにはなかったある種の達観を手に入れた男性、結婚というゴールに意味を見出せず居心地の良い弟との関係で満足する36歳女性と、一癖も二癖もありそうな人物たちです。

物語には、どんでん返しというか、しっぺ返しなどもあったりするのですが、それぞれが自分の現状になんとなく満足している様子は共通していて、全てを受け止めて焦りなどないところが、淡々とした独特の空気をつくっています。主人公たちが異性に不自由していないという事実も、物事から切実さをなくすことに一役買っている気がします。全編にわたる大阪弁も、登場人物たちの切羽詰まっていない感じと相まって、読者に心地よくストレートに届いてきます。

表題作で、夜明けの美しさを「人生以上に美しいけど、でも、人生にはもっと美しい時もある」とし、それを「人生以上。人生未満。」と表現していたのが象徴的でした。もがき苦しむことのない登場人物たちから、あくせく生きなくてよい、人生はそのままに受け入れていこうよ、とでも言われているような気になりました。

  • 2019.10.05 Saturday
  • 21:36

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

大島真寿美『渦 妹背山婦女庭訓魂結び』

実在した人形浄瑠璃作家・近松半二の生涯を描いた第161回直木賞受賞作。

主人公は、あの近松門左衛門の硯を譲り受けて、「せめて半人前になるように力を尽くそう」、「半分と半分、二つ合わせて一人前」と名乗りはじめた近松半二。そして、その半二の脇を魅力的な登場人物たちが支えます。斬新なアイデアで歌舞伎界に新風を吹き込むことになる並木正三は、半二のライバルであり、真の理解者。ちょっと癖はあるものの、油断してると「腹ん中が、ひきずりだされる」ような人形を使い、半二を浄瑠璃作家の道へ引きずり込んだ吉田文三郎。肝が据わった女房のお佐久などなど…。枚挙にいとまがありません。代表作でもある『妹背山婦女庭訓』の作成過程をど真ん中に据えて、「ぶっとい芯」のある浄瑠璃を目指す半二たちの物語です。

 

 

それぞれが、それぞれの役回りを背負って動いてる狂言のような「この世」。私たちが生きる世こそが妖かしであり、この世もあの世も虚実の渦である。そんな渦の中から、生まれたがっている詞章をずるりずるりと引き出して、人の世の凄まじさを文字にしてつなぎ止めていくのが人形浄瑠璃である。

人形浄瑠璃の世界の「渦」だけでなく、読者それぞれが生きている世界にある普遍的な「渦」までを意識させられるような作品でした。

人形浄瑠璃という「まことの妖かし」に翻弄されたくなって、さっそく公演情報を検索してしまっています(笑)

  • 2019.09.28 Saturday
  • 19:58

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

朝井リョウ『何様』

朝井リョウさんの直木賞受賞作『何者』のアナザーストーリーで構成された短編集『何様』。文庫化ということで再読しました。

『何者』で光太郎の人生を決めさせることとなった初恋の相手とは。理香と隆良の出会いは。社会人になったサワ先輩。烏丸ギンジの現在。瑞月の父親に起こった出来事。拓人とともにネット通販会社の面接を受けた学生のその後の6編。『何様』を通して、『何者』が色付けされていく作品集です。

両書あわせて読んでみて、個人的に印象的だったのは、「それでは二人組を作ってください」ラストの理香の隆良への評価です。『何者』では、拓人と対極にあるような理香でしたが、前書ではうかがい知れなかった理香の本心が暴かれていて、理香という人物の奥深さや恐ろしさ、そして弱さを垣間見た気がしました。また、瑞月の父親に起こった出来事が、最終的に『何者』で瑞月自身に及ぼした影響を思う時、「むしゃくしゃしてやった、と言ってみたかった」という題名の軽さが余計に人間の人生のあやうさを象徴しているようにも感じてしまいました。とは言え、「何者」かであろうともがいていた前書から一歩進んで、いまだ何者にもなれない自分を、何様なのだと突っ込むような味わいの「何様」では、現実を受け入れていく救いも用意されていて、ある意味読者の背中を押してくれているようにも感じました。

 

 

『何者』と『何様』の表紙を並べると、面接の風景となっているのもなかなか心憎い演出でした。

そして、声を大にしておススメしたいのが、文庫版で追加されたオードリー若林正恭さんの「解説」です。解説を超えて「何様」的に若林さんが裸になってくれていて、一読の価値ありでした! 

  • 2019.09.22 Sunday
  • 14:46

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

ギュスターヴ・ドレ挿画*セルバンテス『ドン・キホーテ物語』 窪田般彌訳

本日開幕! 二代目松本白鸚さんが、喜寿にして挑むミュージカル『ラ・ マンチャの男』・50周年記念公演! 全国ツアーが始まります。

初日のチケットが手に入ったこともあり、ちゃんと読んだことのなかった『ドン・キホーテ物語』を読んでみることにしました。あまりにも知られた『ドン・キホーテ』ということもあり、全編が気になりながらも、岩波文庫でも6冊と長そうなので手が出ず…。結局(見覚えのあった)ドレの挿絵120枚が載せられているものなら、挿絵が理解を助けてくれるのでは! と期待して沖積舎版を選びました。

 

 

ドレの挿絵が左ページに載せられ、右ページに挿絵を解説するようなドン・キホーテの冒険が述べられているこの本。一枚一枚の絵がとても繊細で驚かされましたが、挿絵がメインになっているため、物語がプツプツ切れて脈絡を感じられないのが難点で、読み慣れるのにかなり苦労しました。物語を味わうために読む本というよりは、物語の全編を知った人が、挿絵を楽しむための本だなと感じました。とは言え、大まかな筋は分かりますし、美しい挿絵が、物語を想像させてくれるので、とりあえず、ドン・キホーテの世界に触れてみたい人にはオススメかもしれません。

やはり、作者セルバンテスのやりたかったものは、全編を読んでみないと分かりそうもありませんが、『ドン・キホーテ』のアレンジという意味で、ミュージカル『ラ・ マンチャの男』と同様に、本作もまたドレの挿絵を中心に置いた『ドン・キホーテ』の一つの解釈なのかなと思いました。ミュージカルでは、メタフィクションとしての『ドン・キホーテ』がまた舞台ならではの演出となっているようです。いよいよ18時開演です。『ラ・ マンチャの男』楽しみです!

  • 2019.09.07 Saturday
  • 10:00

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

田丸雅智『海色の壜』

松山市の「坊っちゃん文学賞」が、16回からショートショートのコンテストとして生まれ変わるそうで、審査委員長の田丸雅智さんが、松山市出身で新世代ショートショートの旗手として活躍中だと知り、読んでみたくなりました。

一編を数分で読めるショートショートというジャンルの存在は知っていましたが、私自身はあまりなじみがなく、興味深く読み始めました。「簡単に言うと『短くて不思議な物語』、もっと言うと『アイデアと、それを活かした印象的な結末のある物語』」をショートショートというのだそうです。

 

 

『海色の壜』は、「海を閉じ込めよう」とした作品群を含めた20編の作品集です。一番好きだったのは松山の三津を舞台にした「海酒」で、完成度からも、また、夢や郷愁、そして、読者それぞれの海への思いを載せることのできる点からも、心地よく読み進められた作品でした。どうやら「海酒」は、2012年樹立社ショートショートコンテストで最優秀賞に輝き、2016年にピース又吉氏主演で短編映画化もされた作品だったようで、納得! でした。

その他、狂気的な心の闇をのぞくような「蜜」や、どんでん返し的不如意なエンディングにで驚かされる「壁画の人々」などが好きでした。全体を通しては、せつなさを感じながらも、前向きな希望を感じさせたり、人のよすがとなる救いのようなものを描いていく作家さんだなと感じました。

 

ショートショートを書く醍醐味は、と尋ねられると、ぼくはいつもこう答えます。

たくさんの自分の好きなものや大切な思い出を、理想の形に変えて人に伝えることができること、だと。(あとがきより)

  • 2019.08.31 Saturday
  • 19:26