Categories

Calender

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

島本理生『ファーストラヴ』

第159回直木賞受賞作品で、来春には映画化も予定されている島本理生さんの長編ミステリー『ファーストラヴ』。

 

父親殺害の容疑で逮捕された女子大生・環菜。アナウンサー志望という経歴も相まって、事件は大きな話題となるが、動機は不明であった。臨床心理士の由紀は、ノンフィクション執筆のため環菜や、その周囲の人々へ取材をする。そのうちに明らかになってきた少女の過去とは。そして裁判は意外な結末を迎える。(裏表紙より)

 

裏表紙の紹介文とタイトルの『ファーストラヴ』とに、好奇心的違和感を持ちながら読み始めましたが、伏線に次ぐ伏線…という感じのストーリー展開で(伏線だけで出来た小説と言えるくらい)、この伏線がどう繋がっていくのか気になり続け、最後まで一気に読み進めました。

物語では、容疑者の環菜だけでなく、主人公の由紀や弁護士の迦葉をはじめとする登場人物たちそれぞれが抱えるトラウマがどんどん明らかになっていきます。環菜の事件を中心に据えながら、父子関係、母子関係の歪さが生んでいく闇のようなものが多方向から描かれていく小説でした。

 

 

自分の不快や恐怖はそっちのけにして、大人の期待に応えることで生き場所を確保してきた子供であった環菜。彼女を苦しめていたのは父なのか、母なのか、それとも…。彼女にとってタイトルとなった「ファーストラブ」の意味するものがなんとも切ない。そして、一番の闇を抱えていた人物が分かる結末まで…、心が折れそうになるばかりの展開の中で唯一の救いが、主人公の夫である、心を開かせる報道写真家・我聞でした。人の変われる可能性を信じる我聞の包容力。完璧ともいえる我聞の癒やしが存在することで、環菜だけでなく、主人公自身が変えていこうとしてる今に、読者である私も安心して寄り添うことができた気がします。一番番魅力的な我聞のお陰で、ミステリー要素だけでなくヒューマンドラマの要素を感じられました。

  • 2020.10.25 Sunday
  • 14:05

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

朝井リョウ『スター』

朝井リョウさんの新刊は、作家生活10周年記念作品[白版]の『スター』です。朝日新聞夕刊の1年2ヶ月の連載を加筆修正した作品ですが、私自身はこの単行本が初読みで、大変楽しみに手に取りました。

 

 

タイトルともなった「スター」の意味を探りながらの読書となりました。

小説では、プロとアマチュアの境目が曖昧になっているジャンルとして「映像」の世界が取り上げられていきます。主人公は、尚吾と紘の二人。彼らは、大学で二人で一つの映画を監督し、新人の登竜門となる映画祭でグランプリを受賞しますが、卒業後は、名監督への弟子入りとYouTubeでの発信という真逆の道を選ぶことになります。

二人は、それぞれの場で「作品の質や価値は何をもって測られるのか」「私たちはこの世界に、どの物差しを添えるのか」という表現者としての葛藤を抱えながら悩み、答えを出していくのですが、私たち読者自身も「質が高いもの」「本物」とは何なのか、私たちは何を選択しているのか、あなたはどんな星付けをしながら生きているのか、を問われているような作品でした。

対極を生きる二人の人生がどう再びクロスし、二人はどんな答えを出していくのか……。投げ込みチラシの「私の中で白黒つけられないグレーなテーマを扱っています」との作者からのメッセージを読んでいたので、どんな結末が用意されているのか(朝井リョウさんならではの不穏さも想定しながら)最後までドキドキしながら読み進めることになりました。

結末は明かせませんが、二人が別方向から同時に到達する「心」の問題、そして、彼らが世界に向かい合っていこうとする姿勢などなど、朝井リョウさん自身の表現者としての誇りや自信が、清々しく見えてくるような展開となっていて、まさに10周年記念作品[白版]と呼ぶにふさわしい作品だと一ファンとして嬉しくなりました。

どうやら、10周年記念作品は、今回の[白版]『スター』だけでなく[黒版]『正欲』の発売も予定されているようで、『正欲』は『スター』の対極にあるような作品なのだそうです。私たちが生きているまさに「グレー」である現実を、次回は「黒」側から眺めた一冊になるのでは! と、朝井リョウ的毒が大好物のファンとしては、来春の刊行が楽しみでなりません。

  • 2020.10.10 Saturday
  • 16:35

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

佐藤泰志『そこのみにて光輝く』

綾野剛×池脇千鶴×菅田将暉出演、呉美保監督の映画『そこのみにて光輝く』の原作本で、第二回三島由紀夫賞の候補になった作品です。背表紙には「にがさと痛みの彼方に生の輝きをみつめつづけながら生き急いだ作家・佐藤泰志がのこした唯一の長篇小説にして代表作。青春の夢と残酷を結晶させた伝説的名作」とあります。

 

 

読んでみると、映画は、原作本の設定や登場人物であるものの、主人公の背負っている過去が原作の要素だけを借りた別のものであり、主人公の達夫は別の影をまとう人物となっていました。また、他の登場人物たちのエピソードもかなり組み替えや追加のアレンジがされていました。とは言え、読みながら原作と映画との違いの一つ一つに気付いていくことは、小説の様々なエッセンスを凝縮して組み替え、一本の映画として作り上げている映画の完成度に改めて気付かされることとなりました。

個人的にこれまでは、映画と原作を比べてみると、描ききると言う点では、どうしても尺の中におさめなければならない映画は原作には及ばないなという印象で、別の視点で切り取った新しい作品として味わうことが多かったのですが、今回の呉美保監督作品については、凝縮することで、より深く原作の芯の部分が伝わる作品になっている印象で、こんな映画化の仕方があるのだ! と驚かされました。もちろん、綾野剛さんはじめ俳優さんたちの演技あってのものなのは言うまでもありませんが。

世の中から蔑まされた場所で、底辺の生活を送りながら、ままならない現実の中を生きていく人間、家族との繋がり、そして愛情。そして、そこに確かに注がれている「光」。救いの小説であり、また、映画でした。

  • 2020.09.27 Sunday
  • 23:10

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

三島由紀夫『青の時代』

河野多惠子さんと山田詠美さんの『文学問答』で、「認めざるをえないという三島作品」として挙げられていたのが『青の時代』で、ずっと読んでみたいと気になっていました。

『青の時代』は、実際に起こった「光クラブ事件」をモチーフに書かれた作品で、東京大学の学生でありながら高利貸し業務を行って検挙され服毒自殺をした山崎晃嗣(小説では川崎誠)を主人公に、検挙にいたる前までの会社が下り坂になる予兆までが描かれます。興味深いことに、どうやらモデルとなった山崎晃嗣は、同じく東大生だった三島の知人だったと言われているようです。

「序」で三島は、「僕の書きたいのは贋物の行動の小説なんだ。まじめな贋物の英雄譚なんだ」と言っています。そして、主人公誠の贋物の英雄ぶりを浮かび上がらせるものとして、対照的に描かれているのが再従兄の易(やすし)です。人と同じであることを嫌悪し、金銭に価値を認めずにただ事態を見極めて超然と過ごそうとする自分を誇る誠に対して、何の取柄もない一般人の象徴のように描かれる易なのですが、誠が易の自然さを軽蔑しきれないばかりか、誠にとっての救いのように随所で描かれているのが印象的です。誠が誠自身が演じている贋物の英雄ならば、易は誠にとっての本物の英雄であるとでも言わんばかりです。

 

 

そして、要所要所で登場する「緑いろの鉛筆」が効いています。幼い誠が欲しがり何とか手に入れながらも、父の教育観により無惨にも手放すことになった張子の鉛筆も緑いろ。父への反抗心を持つきっかけとなったのがこの鉛筆ならば、事業投資の金融詐欺に遭い、まんまと10万円を騙し取られてしまったのも、巨大な緑色の鉛筆の中に文房具一式が詰まっている玩具に心を惹かれたためでした。この詐欺にあったことが、誠が高利貸業に手を染めるきっかけとなるのですから意味深です。しかも小説のラストに、商売の行き詰まりや誠の服毒の最期を匂わせる一方で、誠に「自分の存在が一種透明なものになる稀な快い瞬間」が与えられる場面でも緑いろの鉛筆が登場します。

喫茶店で粗末な格好をした易と恋人らしき少女が、午前の日をふんだんに浴びながら会話しているのですが、この場面で易は、緑いろの鉛筆でいそがしそうに手帖に何かを書いています。この誠が快く眺めているこの瞬間に罅を入れるのが、誠の脳裏に聞こえてきた「誠や、あれは売り物ではありません」という声(張子の鉛筆をほしがった幼い時の誠が言われた言葉)であるのも象徴的です。

贋物の英雄である誠にどうしても手に入れることができず、万人の象徴である易に簡単に手に入るものが「緑いろの鉛筆」であったという事実。他者と同じであることを嫌悪していた誠は、結局は、他者が簡単に手に入れていた最も卑属なものをずっと手に入れようとしていた、と言うのはなんとも皮肉です。作者が、これから誠がむかえることになるだろう破滅的最期を書かなかったのは、むしろ贋物の英雄(誠)が抱えている虚無を描きたかったからかもしれません。

  • 2020.08.30 Sunday
  • 23:17

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

窪美澄『ふがいない僕は空を見た』

以前から気になっていた窪美澄さんの一冊を。『ふがいない僕は空を見た』は、第24回山本周五郎賞、本の雑誌が選ぶ2010年度ベスト10の1位、2011年本屋大賞2位、女による女のためのR-18文学賞大賞受賞し、映画化もされた話題作です。

 

 

5編からなる連作長編で、助産師の息子・高校生の斎藤卓巳をはじめとして、彼を取り巻く別々の人物が主人公に据えられているので、各作品の中で同じ登場人物たちが違った視点から描き出されていくことになります。一作目の「ミクマリ」がR-18文学受賞作ということもあり、女性が書く「性」をメインにしている感じで読み始めましたが、編を重ねていくうちに、何の救いも用意されていないような生きづらい世の中を生きる人々の「生」が浮き彫りになっていくような作品だな、と印象が変わっていきました。行き場のない人生に翻弄される登場人物たちのオンパレードなのですが、全編を通して「出産」という「生」を真ん中に据えているところに、この物語を支える希望があるようにも思いました。

と言いながら、生まれることが必ずしも幸福とは言えない現実はあまりにも残酷です……。

その最たるものが、全登場人物の中で、最も追い詰められたところにいる高校生の福田と言えるかもしれません。父は自殺、母に見捨てられ、認知症で他者に迷惑をかけ続ける祖母の面倒を見ながら、貧困の中食べるものすらままならない福田。にもかかわらず、そんな彼が、極限状態にいる自分をそっちのけに、他人のために「いじわるな神さま」に祈る現実を、切なくまた哀しく受け止め、作者の人間への信頼を見たように感じました。

同時に映画も鑑賞。本と同様、やはり、窪田正孝さん演じる福田良太が気になって仕方がありませんでした。

  • 2020.08.16 Sunday
  • 16:06

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

中村文則『土の中の子供』

『教団X』がいろんな要素がある小説だったので、どこが中村文則さんの持ち味なのか気になったのもあり、芥川賞受賞作『土の中の子供』を手に取ってみました。

背表紙には、次のように紹介されています。

 

27歳のタクシードライバーをいまも脅かすのは、親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながらも、暴力に乱された精神の暗部にかすかな生の核心をさぐる。人間の業と希望を正面から追求し、賞賛を集めた新世代の芥川賞受賞作。著者初の短篇「蜘蛛の声」を併録。

 

土の中に生き埋めにさせるなどの被虐体験だけにとどまらない、命を危険にさらすような「恐怖」をもたらす出来事の数々が次々に主人公を襲ってきます。その中には、主人公自らが引き寄せようとしたものもあり、また、偶然に見舞われたものもありますが、どの出来事も、それを克服することで主人公自身が立ち上がる力を得ていくというような、イニシエーション的出来事となっているように感じました。

 

 

彼が立ち向かおうとするのは、「この世界の、目に見えない暗闇の奥に確かに存在する、暴力的に人間や生物を支配しようとする運命というものに対して、そして、力のないものに対し、圧倒的な力を行使しようとする、全ての存在」です。ギリギリまで自分を追い詰めていくことで、自らを脅かしてきた恐怖や理不尽を凌駕していく主人公。だからこそ、これ以上の悲惨さはないと思われるような彼の人生であっても、読者はそこに希望を見ることができるのだと感じました。

同時収録の「蜘蛛の声」は、「土の中の子供」とは逆に内に入り込んでしまう主人公の話でした。両者を並べて読むことで、人は、おかれている精神状態や状況によって、外向かって立ち向かう力を手に入れることもあれば、内に向かって力を蓄える時間も必要なのだろうと感じさせられました。

  • 2020.08.01 Saturday
  • 17:24

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

中村文則『教団X』

『文筆系トークバラエティ ご本、出しときますね?』を読んで、以前から気になっていた中村文則さんの『教団X』にやっと手を出しました。中村文則さん、初読みです。

文庫600ページに、様々な要素が入り込み、登場人物たちそれぞれが背負っている(哲学的とも見える)信念のようなものが、これでもか、これでもか、というくらいに丁寧に描かれていきます。とにかく作者の書きたいことが全て書き尽くされていく、という感じで、ここまで書ききったら、作家としては気持ちがよいだろうなという印象でした!

物語で語られる、科学的思想や宗教的思想、そして、世界状況の分析などなど…、示唆に富んでいて、そこらを細かに丁寧に読んでいくと、600ページ以上の読み応えのある作品です。

 

 

物語の進んでいく方向、そして、彼らを動かしていく過去や思想などが、いわゆる世の中の暗部を抉り出していくようなものなので、一体この小説はどこに向かっていくのだろう…と思いながら読み進めていきましたが、結末の着地点が、ままない世の中にあって、人間そのものを信じたい作者自身の希望を見るようで、救われたような気になりました。

最後に語る人物も、それまでの登場人物たちへのスポットの当たり方でいえば意外でありながら、いや、やはりこの物語の全てを背負いきるには、この人でなければならなかったのだな…と妙に納得させられました。

  • 2020.07.05 Sunday
  • 22:13

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

西加奈子『ふる』

主人公は、自分の願望を考えることなどなく、人を安心させて見くびらせる何かがあると自認し、自分が誰なのかを見つけられずにいる「池井戸花しす」です。彼女が「新田人生」という名を持つ7人の男たちと出会いながら、「自分はなんて、なんてたくさんの人と、関わってきたのだろう」と気づき、それぞれの人が「その人の人生を生きている」「奇跡」に思い当たるまでの物語です。

 

 

花しすが出会う「新田人生」とは、一人一人が新たな人生を持っているという隠喩なのでしょうか。子どもから大人まで、年齢も職業もバラバラの「新田人生」とのエピソードごとに、一つずつ花しすにふってくる文字も象徴的で、やわらかな温かさを持つ言葉ばかりです。

あんしん・わらって!・おいしいよ!・こうふく・かんぱい!・せいこう・はじめまして!・しゅくふく

また、花しすは、全ての人の体のどこかにくっついている「正体が分からない」白くて、ふわふわしているものを見ながら生きているのですが、「得体のしれぬ」ふわふわが何なのか、なかなか種明かしはありません。しかし、そのふわふわが女性器から生まれたものであり、花しすが「母の子ども」である自分を受け入れて、皆が「誰かの子ども」であると認めていった時、読者である私自身も、全ての人々がふわふわの祝福をまとって生れ落ちた存在なのだと納得させられた気がしました。花しすは、全ての人々に授けられた「祝福」を白いふわふわとして目にしていたということなのでしょう。

AVへのモザイクがけという花しすの職業もふくめて、女性の象徴としての女性器を切り口としながら、そこから生まれてくるすべての人間存在への讃歌のように感じました。もしかすると、祝福された確かな人生を手に入れた花しすも、また、私たち読者も、皆誰かの「新田人生」であるのかもしれません。

  • 2020.06.21 Sunday
  • 14:55

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

小池真理子『恋』

前回の『二重生活』に引き続いて、小池真理子さんの第114回直木賞の受賞作品『恋』です。

タイトルだけを見ると、所謂恋愛小説なのかな…と想像しましたが、これが一筋縄ではいかない様々な「恋」が入り混じった作品で驚きました。描かれた「恋」の形は様々で、しかもどれもが普通に「恋」という文字面から想像するタイプの「恋」とはかけ離れたもので驚かされました。

 

 

裏表紙には、

 

1972年冬。全国を震撼させた浅間山荘事件の蔭で、一人の女が引き起こした発砲事件。当時学生だった布美子は、大学助教授・片瀬と妻の雛子との奔放な結びつきに惹かれ、倒錯した関係に陥っていく。が、一人の青年の出現によって生じた軋みが三人の微妙な均衡に悲劇をもたらした…。全編を覆う官能と虚無感。その奥底に漂う静謐な熱情を綴り、小池文学の頂点を極めた直木賞受賞作。

 

とあります。

冒頭で主人公布美子の行く末が語られているにも関わらず、最後の最後まで先が読めまないミステリーとなっています。とにかく、一つ一つが用意周到に積み重ねられ、結末まで組み立てられているので、ネタバレの観点からは、上の解説以上の内容については全く語れません。もちろん話の筋の面白さの魅力もあるのですが、そこに悲しい人間の性が驚きの展開の中で描き出されていき、先へ進めば進むほど退廃的な空気感をまとった純文学的読みごたえが加わっていって飽きさせません。

何か(誰か)をひたすらに恋う心が、幾重にも描かれた作品なので、これまで一途に思いをかけたことのある人(かけたいと願う人)であれば、何かしら立ち止まらずにいられない、思わず読み続けさせられてしまう、そんな作品でした。

  • 2020.06.06 Saturday
  • 22:04

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

小池真理子『二重生活』

門脇麦×長谷川博己×リリー・フランキー×菅田将暉の豪華俳優陣共演の映画『二重生活』は、哲学科の大学院生珠(たま)が、担当教授のすすめから「哲学的尾行」を実践して、人間の実存についての論文を書き上げるまでの物語です。好みの俳優さんばかりで興味深く観、また、登場人物としては、リリー・フランキーさん演じる教授に興味を持ちました。そこで、原作では教授がどのような人物として描かれているのか、映画だけでは消化しきれなかった部分を埋めたい衝動にかられ、原作本を手に取りました。

これまでも、映画→原作本という流れで出会う作品は多かったのですが、ここまで原作とかけ離れた映画に出会ったのは初めてで驚きました。唯一、珠に尾行される近所の既婚男性石坂のみが、原作と映画での描かれ方にそれほどの違和感はなかったものの、その他の登場人物は、名前が同じであるだけで、背負っている人生が異なった別人でした。微妙にエッセンスが似ているので、一見同じように見えなくもないのですが、小池真理子さんが意図していたであろう人物像とは、ことごとく別人として切り取られている印象でした。

 

 

まず、主人公珠の専攻は仏文学で、また、彼女に論文を仕上げる必要にもかられてはいません。また、何より恋人との絡みも含めた彼女の背負っている物語が全く異なっています。物語の核となる「尾行」に至る経緯も、教授の講義や人物からの影響はあるものの、自然発生的に珠自らが能動的に開始した「文学的・哲学的尾行」で、目的を持たない「自分自身から解き放たれる」だけのものです。映画でも、「尾行」を「理由のない尾行」と定義してはいるものの、最終的に論文を書くという目的が発生している時点で、原作で描こうとしていた「尾行」の理論は破綻してしまっているように感じました。

また、映画で個人的に興味のあった教授についての知りたい部分の答え合わせ的な記述は何もなく、映画で重要な役割を占めていた教授の物語は、全くの映画のみの設定だと分かりました。つまり、映画で描きたかったものと、原作で描いていたものはやはり別のものであった訳で、結末の差異云々を超えて、もうテーマが異なっているので、それぞれ別物として味わうしかない、という結論に達した読書体験でした。

背徳や秘密に焦点をあてた「二重生活」を描いた映画としてのテーマも嫌いではありませんでしたが、虚無を抱えて日常を生きる一女性の、自己解放の手段としての「尾行」という「二重生活」を得た現実の方に、より信ぴょう性を感じました。

  • 2020.05.24 Sunday
  • 11:59