Categories

Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

俳句関連・書籍など 紹介

ドナルド・キーン『正岡子規』

9月19日の子規忌ももうすぐです。

数多く出版されている正岡子規の評伝の中から、今年亡くなられたドナルド・キーンさんの『正岡子規』を手に取りました。日本と日本文学をこよなく愛し、2011年3月の東日本大震災の後、日本に帰化されたことでも知られるキーンさんですが、彼が捉える子規像がどんなものなのか、興味深く読み進めました。

子規や子規作品への深い造詣から書かれている本作は、幼少期から最晩年までを追っていく中で、子規を理解するのに外せないオールスターが登場します。また、引用される文献はすべて口語訳付きで載せられていて、明治の文体になれていない読者にとっても読みやすく、子規の生涯を詳しく知ることができます。

 

 

また、キーンさんならではの解説に意外なものが多くて面白く、

・子規は英語力がないと繰り返し述べているが、実は手厳しいものではなく、眉に唾して読んだ方がいい。

・母八重にとって、俳人および歌人といての子規の輝かしい経歴は何の意味もなかった。

・子規は自分の詩人としての仕事について、母や妹に一度も話したことがなく、その重要性が二人には理解できないという結論を下していた。

・子規は蕪村が芭蕉よりも優れていることを証明しようとしたのではなく、芭蕉の「消極美」と蕪村の「積極美」という芸術の世界における二つの美の型を発見しただけである。

・崇拝者的な弟子だけでなく、子規の死後その欠点を非難した若尾瀾水の例もあるが、弟子たちは「一つの革命に参加したという興奮を感じていた」。

・子規の功績によって、俳句や短歌を作ることが現代の世界にいきる経験を語るようになった。

などの指摘などは、ハッと驚かされました。

子規への称賛だけでなく、批判の声なども冷静に分析しながら、日本の伝統文化が危機的状況にあった時代において、「写生」という新しい手法で、俳句や短歌を国民的文芸にまで高めた革命児子規が淡々と描かれた評伝でした。

  • 2019.09.16 Monday
  • 22:26

俳句関連・書籍など 紹介

夏井いつき『子規365日』

朝日新書『子規365日』が、11年ぶりに新しく文庫になりました。朝日新聞紙面で一年間連載されたコラムが元になっていますので、正岡子規の俳句を一日一句完結で、解説と共に味わうことができ、どのページからでも読み始められるのが特徴です。研究者の視点から解説するのではなく、俳人の目線で選ばれているので、有名な子規の句はもちろん、生活者であった子規の姿の見えてくる句がたくさん紹介されています。病気と闘う子規が、苦しみの中にも作句し、書き続けられたのは、彼の精神の明るさ故であったのだ、ということを感じられる一冊です。

 

 

文庫版になるにあたり、季語一覧の目次や、読者が頭の中に残っているキーワードなどから目当ての俳句に行きつけるような索引も追加されていて、より知りたい俳句が見つけやすくなりました。文庫の見開きで3句を紹介しているので、子規を知らない人、俳句を知らない人にとっても楽しめる分量です。一日一句、子規俳句と出会ってみませんか!?

  • 2019.08.11 Sunday
  • 11:04

俳句関連・書籍など 紹介

堀内統義『恋する正岡子規』

これまであまり語られることのなかった正岡子規の「恋」について、子規や友人の文章、手紙などから丁寧に拾って検証した一冊です。女性に縁のないイメージの子規ですが、松山市立子規記念博物館の子規俳句のデータベースを見ていると、「傾城」「遊女」「吉原」といったワードの句が多く気になっていたのもあり、知られざる子規の一面を覗いてみたくて手に取りました。

子規の「恋」はあったのか…。生前子規が、漱石と碧梧桐にしか語らなかったという「秘事」・「流産」のエピソード(これに一番驚きました)は本当にあったのか…。壮絶な病に倒れた子規の生涯の中にもあった、子規の前を取り過ぎていった女性たちとのエピソードからなっています。また、「恋」という文章で「八百屋お七の恋に同情する」と書いた子規を取り上げ、彼の喀血後の「文芸への燃焼」をお七の「燃焼」に重ねたり、野球への執心ぶりを、ベースボールへの恋と題した章もあります。

 

 

花街に関する言及はありませんでしたが、実際に名前の挙がった女性は5名。彼女たちとの関係を詳らかにしていく中で、子規が「垢抜けして口が達者」で、「人を逸らさぬ機知に恵まれた、明るく社交的な女性に惹かれる傾向があった」というのも興味深く読みました。彼女らに抱いた恋心(恋のイメージ)が、子規の作品という「現実をしのぐ詩的リアリティ」へと昇華していくという分析に納得! 子規が「自分の切ない情緒の記念」だといった「流産」エピソードが、現実のものであるのか、はたまた子規の物語であるのか…。具体的な人物とつなぎながらもどちらともとれそうなところもまた子規らしいエピソードなのかな…と感じました。

  • 2019.07.13 Saturday
  • 16:55

俳句関連・書籍など 紹介

『NHK俳句岸本葉子の『俳句の学び方」』『NHK俳句夏井いつきの季語道場』

Eテレ「NHK俳句」の司会者を務められている岸本葉子さんが、数多くの選者から学んだ「司会の役得といえるメモ」をもとに作られた入門書です。「選をする俳人の立場からでなく、なんとかして選に入りたい立場から書いた本」ということで、教わる方の知りたい視点から書かれているのが新しい一冊です。例句は、岸本葉子さん自身の俳句で(ご自身もNHK俳句に投句されているそうです)、実体験に沿った添削例もあり、たいへん分かりやすい! 10の格言と57の技、そして、学ぶ際の7つの心得、さらには、岸本尚毅先生とのダブル岸本対談・「助詞力アップ対談添削十番稽古」と盛りだくさんです。

 

 

同じく「NHK俳句」の放送内容を元にしながらも、入門書から一歩進んで、俳句実作者のステップアップを目的としたのが『NHK俳句夏井いつきの季語道場』です。二年分の放送を元にしていて、季語のニュアンスの違いを「季語の六角成分図」にしながらその違いを味わっていく「似て非なる季語たち」(一年目)と、聴覚情報に特化した「音で楽しむ季語」(二年目)が収録されています。その他、「添削道場」や、大量の投句を分類して導きだされた陥りがちな「類想を越える秘訣」の対談、そして、「はじめての句会スタートガイド」まで。季語についてより深く学ぶことのできる一冊です。

 

  • 2019.04.27 Saturday
  • 17:37

俳句関連・書籍など 紹介

北大路翼『生き抜くための俳句塾』

副会長が「驚愕」したという「無頼的俳句のススメ!」「最も過激な入門書」とは!?

オビにひかれ、興味津々で読み始めましたが、これまでの入門書のイメージを覆される、期待以上の無頼っぷりで、愉快に驚かされました。

 

 

その過激さや不埒さは潔ささえ感じさせるもので、もちろん入門書なのですが、読んでいくと北大路翼という人間を繙いているような気になってきました。全身全霊でぶつかってくるような語り口で、俳句への真っ直ぐな熱意が伝わってきます。「おわりに」にあるように、文字通り「俺の遺書」のごとき切実さも感じさせます。

そしてまた、俳句が、綺麗ごとからだけでなく、不健全さや弱さや愚かさからも生まれるものであるという詩の本質的なところも見えてきます。まさに、「生き様が俳句になっている」「俳人」ならではの一冊でした。

  • 2019.03.23 Saturday
  • 14:12

俳句関連・書籍など 紹介

『夏井いつきの365日季語手帖』

毎日一季語を知り、一名句が味わえる「365日季語手帖」シリーズも3年目に入りました。

2019年度版の変更点は、読者の投句が「特選」マークと共に、本文の暦の俳句として採用されている点です!

また、副会長・夏井いつき選の秀作と佳作が巻末に一挙掲載!前回は、季語ごとの選句だったのですが、2019年度版は季語での縛りをなくして、選に残ったものが全て掲載されています。惜しくも暦には採用されていないものの、「選評付きで読みたかった」と思わせる刺激的な俳句が沢山掲載されています。

 

 

例年どおり、一週間毎に「発想のヒント」付きの作句できるメモ欄や、3ヶ月ごとのまとめのページもあり、一年間の句作を記録するための一冊として使うこともできます。

来年度の暦への掲載を目標に、一日一句、もしくは、一週間に一句などなど、気軽に初めてみませんか!

2020年度版掲載への投句〆切は、これまでより早くなっていますのでご注意を。8月15日(木)必着です!!!

  • 2019.01.26 Saturday
  • 14:10

俳句関連・書籍など 紹介

『夏井いつきの俳句ことはじめ 俳句をはじめる前に聞きたい40のこと』

俳句入門「前夜」の方に送る一冊が出ました!入門前夜とは、初心者としての一歩を踏み出す前夜のこと。つまり、俳句のスタート地点にすら立っていない人たちに向けた書籍です。

 

 

俳句を全く知らない人が抱く、あまりにも素朴すぎて聞けなかった40の疑問あり、「NHK俳句」司会の岸本葉子さんとの「俳句初心者あるある」の特別対談あり、俳句ド素人5人の初吟行&句会体験記ありの充実の内容で、教養として知っておきたい俳句のあれこれも詰まっています。オールカラーで、楽しく可愛らしく分かりやすいイラストも満載!意外なプレゼントとしても使えそうです。

  • 2019.01.19 Saturday
  • 11:27

俳句関連・書籍など 紹介

青木亮人『近代俳句の諸相−正岡子規、高浜虚子、山口誓子など−』

これまでの認識を覆されるような新しさに満ちた評論集。題名通り、近代俳句で外せない俳人たちの俳句や功績が丁寧に論じられていきます。

子規の時代精神を帯びた独断的な俳句観を、小説家や従軍記者などの夢に破れ、挫折と、屈託を味わうことで誕生したと指摘する本書。煩悶に苛まれる故に、俳句に煩悶など盛り込みえず、風景の断片しか詠みえないことに気付いた子規。業病に苛まれる日々に「理」を付けず、想像を絶する痛みや「精神の煩悶」に襲われるあられもない姿を、そのまま活写するのが子規の「写生」であり「美」であると説かれていきます。「写生」が、先入観や空想の陳腐を打破し、実景を掴み出し、身も蓋もない生身の人間の姿をいきいきと記すものならば、子規の「俳句」は文字通り近代的だったのだなと納得させられました。

また、現代の私たちにとっては、正統そのものと思われている虚子選の句が、当時としては類例のない奇妙な句であったという考察もとても新鮮でした。虚子の「写生」を基準にした選が、当時の月並み俳句の陳腐さと一線を画したものであり、虚子選が俳句観そのものをを創造していったということ。さらには、「選と云ふことは一つの創作」という宣言。現代の私たちの俳句観の源流を見た気がしました。

 

 

さらに、「連作」で知られる山口誓子の「写生」が、「写真」ではなく「映画」を念頭においた写生であり、映画のように連作を詠んだという分析にもなるほどと思わされました。その他、尾崎放哉、石田波郷に加え、高野素十の例なども出てきますが、中村草田男の章は必読です。

著者は草田男が好きなのだろう、と感じずにはいられない、熱量が伝わってくる鑑賞の濃厚さで、「万緑」の句をはじめ、数々の句が語られていきます。「互いに齟齬を来しかねない妙な生々しさ」を持つ草田男俳句を、「慈しみに満ちた共感や同情と、ほろ苦いユーモア」とする把握には、新たな草田男の魅力を見た気がしました。

そして、傑作や潮流をなした俳人たちだけに留まらず、わたし達が仰ぐべき俳人のシルエットとして紹介されるのが菖蒲あやです。しがない庶民のつつましい暮らしぶりを詠んだ彼女の俳句の持つ「貧しい自分自身を朗々と詠んだ強さや飄逸さ」。華々しくはなくとも、俳句に作者自身の「履歴書」を見つけられる魅力。俳句との新しい関わり方を提案された気がし、もっと彼女の句を読んでみたくなりました。

  • 2018.12.22 Saturday
  • 10:36

俳句関連・書籍など 紹介

副会長新刊『夏井いつきのおウチde俳句』

季語の現場に立つために外に出かけなくても、おウチでも俳句は作れる!

事情を抱え、外へ出られない方々が自由に俳句がつくれるようにとの思いを込めてつくられた一冊です。

 


出てくる例句は、公式ブログ「夏井いつきの100年俳句日記」で募集した一般の方々からの投句作品です。驚き&納得の秀句から思いもよらないユニークな句まで沢山登場! 「いのうえさきこ」さんのイラストも可愛らしく楽しくクスリと笑え、秀句にさらなる味わいを加えてくれます。

「リビング」「台所」「寝室」「玄関」「風呂」「トイレ」のそれぞれの場所で使う五感+第六感をあげながら、具体的に句作をしていくための穴埋め式の書き込みドリルも収録。初心者の方でも、一つ一つ穴埋めしていくことでたちまち一句ができあがります。もちろん、俳句のタネを探すコツ「発想のポイント」も満載です。
第1回「おウチde俳句」大賞の募集も始まっているようです。付属ハガキ、公式Webサイト、官製ハガキでの応募が可能で、2019年2月28日まで!

  • 2018.11.10 Saturday
  • 13:26

俳句関連・書籍など 紹介

岡田一実『記憶における沼とその他の在処』

ふじみんこと岡田一実さんの第3句集。『記憶沼』という通称で呼ばれています。

 

 

「な、なんだ、これは!」

読み始めて数ページで、一句一句の濃密さに射貫かれてしまいました。十七音ごとに立ち止まらずにはいられない、もったいなくて簡単には進めない、そんな句が並びます。

,泙砂充群擦了蹐縫疋リとする→△修海砲△辰慎┯譴縫魯辰箸気擦蕕譴→0豢腓了蹐筏┯譴僚伝慇にまたドキリとする

変幻自在なふじみんの俳句はこんな風に染み入ってきます。

 

 

「真正面から」

蟻の上をのぼりて蟻や百合の中

阿波踊この世の空気天へ押す

椿落つ傷みつつ且つ喰はれつつ

 

「裏切りも」

秋晴や毒ゆたかなる処方箋

その中に倒木を組む泉かな

瓜の馬反故紙に美しき誤字のあり

 

「届く五感」

喉に沿ひ食道に沿ひ水澄めり

口中のちりめんじやこに目が沢山

体内を菅は隈なし百千鳥

 

「飄々と」

喪の人も僧も西瓜の種を吐く

端居して首の高さの揃ひけり

文様のあやしき亀を賀状に描く

 

「まっすぐ」

細胞に核の意識や黴の花

みづうみの芯の動かぬ良夜かな

龍天に昇るに顎の一途かな

 

「無常…」

宗教に西瓜に汁の赤さかな

死者いつも確かに死者で柿に色

常闇を巨きな鳥の渡りけり

 

空洞の世界を藤のはびこるよ

白藤や此の世を続く水の音

 

この世もあの世も私も、実は一体で「空洞の世界」があるだけではないか。では、その私とは…。もしかすると、私とは「記憶」そのものなのではないか。そんなふうに感じさせられる句集です。

では、「記憶における沼」とは…。何かが堆積し、また何かが育ちゆくような沼。もしかすると私たちは、時にはそんな沼に停滞しながら、また時には「その他の在処」を確かめながら、自分なりの記憶の形でここにあるということなのかもしれません。

裸木になりつつある木その他の木

「裸木」に目をやることがあれば、「その他の木」を真正面から詠むこともあるように。

手のひらにちょうどいい、少し小さめの句集であるのも、人の内にある「記憶」のサイズのようです。美しい装丁そのままに、あり続ける「水の音」のように、ふじみんの俳句とは、そんな記憶という彼女自身なのでしょう。

 

(句集『記憶における沼とその他の在処』出版記念パーティーにて)

  • 2018.10.13 Saturday
  • 10:13