Categories

Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

質問への回答

季語・類想類句について(質問への回答)

 nhkkへお寄せいただきました質問と回答をご紹介します。
 前回の「俳句の取り組み方・「取り合わせ」について(質問への回答)」に引き続いてのご質問です。


Q たくさんのアイデアをありがとうございました。さらにご質問いたします。
 まず、季語は本にのっているものしかダメなのでしょうか?水たまりや長靴、プリンなどの冷やして食べるおやつは本に載っていませんでした。ということは、使えない、季語でない言葉という解釈になるのでしょうか?
 次に、一物仕立についてですが、本学級では季語は決めていません。例えば、
    かき氷 練乳かけて甘すぎる
という句があります。その通りで、私としては写実的! とほめたいのです。が、散文的すぎるのが気になります。では、どうするか、といったところです。

 また、以下のような俳句はルール違反でしょうか?比喩を大事にしていたら、季節感がぐじゃぐじゃになってしまったようです。
    雪積もりみどりのなだれかき氷
 子供の俳句に、「○○だよ」や「○○ね」が多用されているのも気になります。
 12音の方にこだわってみようということは、再度伝えます。が、その子どものイメージの中にある1番にものが季語でなかった時は、どうしたらよいのかが、やはり理解できておりません。
 私の理解力と説明のしかたが悪く申し訳ないのですが…

 

 

A 季語は本にのっているものしかダメなのでしょうか?水たまりや長靴、プリンなどの冷やして食べるおやつは本に載っていませんでした。ということは、使えない、季語でない言葉という解釈になるのでしょうか?
 
・「季語」はやはり季節のものですので、季節感がないものは季語ではないと把握して頂いた方が良いかもしれません。もちろん、それは歳時記で確認できるのですが、歳時記の種類によっても収録されている季語の数は違ってきますので、ちょっとした季寄せには載っていなくても、大きな歳時記には載っている場合もあります。また傍題も季語と同じ扱いになりますので、量は膨大なものとなります。
 ちなみに「氷菓」は季語で、傍題は「氷菓子、アイスクリーム、ソフトクリーム、シャーベット、小倉アイス、小豆アイス、アイス最中、アイスキャンデー」で、全て季語として使用できます。
 しかし、プリンはないですね。一年中あるお菓子類のくくりではないでしょうか。もちろん、桜餅とかわらび餅とかは、季語になります。今はいろんなものが一年中食べられるので、混乱しがちになりますが、やはり、もともとはその時期にしか食べられなかったものというところで判断していくのか良いかと思います。ケーキもクリスマスケーキなら季語として使えます。
 
・そのように考えて頂くと、水たまりや長靴も、季節感を伴うものではありません。季語的な使い方をするのであれば、「梅雨の長靴」や「台風後の水たまり」などを詠むことになっていくかと思います。
では、季語が少ないのかと言いますと、俳句に親しんでいる側から考えると、あまりにも世の中は季語に満ちあふれているなと言うのが実感です。むしろ、なぜこれが季語で、あれは季語でないのか…そういった季語を発見していく面白さも子供たちと楽しんでもらえればと思います。シャボン玉・風船・ブランコなどが春の季語であると知ると、驚く子供たちも多いようです。
 
 一物仕立についてですが、本学級では季語は決めていません。

 

・できればぜひ先生から季語を決めて頂いて、「取り合わせ」での作句をオススメします。(前回の「俳句の取り組み方・「取り合わせ」について(質問への回答)」をご参照ください)
 

 その子どものイメージの中にある1番のものが季語でなかった時は、どうしたらよいのかが、やはり理解できておりません。

 

・子どもたちのイメージにある一番のもので、ぜひ12音の俳句の種を作らせてあげてください。
 季語はあとで取り合わせていくものですから、むしろ12音に季語が入っていないのがベストです。子どものイメージ通りを俳句の種にしていって下さい。季語に引っ張られると結局一物仕立ての俳句しかできず、一物仕立てで類想類句でない佳句を詠むのはかなり高度なワザです。ぜひとも一物ではなく取り合わせから俳句に入られることをオススメします。

 


 かき氷 練乳かけて甘すぎる

 

・もし、俳句を作ることだけに目的をおくのならば、このままで実感はありますのでOKです。しかし、作品のレベルをあげていくというスタンスでこの句の問題点を挙げるとするならば(もしプレバトで夏井が指摘するならば)、この句が類想・類句のど真ん中にあるということです。
 「かき氷」というと、「頭が痛い・キーンとなる」「練乳をかける・美味しい・甘い」「ベロが○色になる」「色がカラフル」というのは、全て類想になります。「一物仕立て」が難しいというのは、こういう類想を抜け出さなければならないからです。
 むしろ、誰もが詠みそうなことは詠まない、ということを児童さんに分かってもらうと良いように思います。『俳句の授業ができる本』でオススメしている「句会ライブ」では、決勝に残った10句について皆で議論していきますので、はじめに「誰もが書いていることを書いてしまうと決勝に残れないよ」と言って、なるべく類想をさけるようにうながすことをすすめています。
 ちなみに、具体的に食べている様子とか、かき氷がどのようにとけていくのか、とか、削られた氷を何かに見立てるか、などを詠むと一物でも佳句となる可能性がありますが、一物が高度になっていくのがおわかりいただけると思います。
 たとえば「かき氷」の「取り合わせ」ならば、『俳句の授業ができる本』p74では「秘密が一つできました」に「かき氷」を取り合わせています。かき氷と取り合わせることによって「秘密」がどんな秘密だと考えられるか味わってもらえると良いと思います。美味しさから広げていく子どももあると思いますし、かき氷の冷たさから、また、とけていくところから秘密の内容を想像していく子どももいることと思います。

 
・また「甘すぎる」という感情語もあまり俳句には好まれません。これの回避については、6月7日のブログの記事にてお答えしておりますのでご参考にされて下さい。

 

 以下のような俳句はルール違反でしょうか?比喩を大事にしていたら、季節感がぐじゃぐじゃになってしまったようです。
    雪積もりみどりのなだれかき氷

 

・ 「雪」「なだれ」「かき氷」の三つの季語が入っている句ですね。
 この俳句をどのレベルで評価するか…ということになっていくと思います。かき氷を比喩を使って表現しようとしていることは間違いないのですから、そこを評価するならば、それでありだと思います。

 ちなみに、一般には季語が複数入る俳句もあるのですが、複数の季語でOKなのは、明らかにある季語がその句の主役としてたっている場合ということになります。
 この場合は、「かき氷」というのが主になり、「雪」「なだれ」が比喩として働いていることになりますが、いかんせん、季語の中でも特に大きな季語「雪」(雪月花の一つ)から始まり、また、それが「なだれ」となり…のあとに、やっと主役の「かき氷」(夏)というのでは、読者にとっても少ししんどいように思います。
 また、かき氷を雪の山みたい、というも類想類句の範囲ということもできます。
 できれば、比喩を使うときには「なるべく季語でないものでたとえてみよう」というのを大前提にしてもらった方が、子どもたちは混乱しないかもしれません。
 今回の場合も、句の質を上げていこうとされるならば、ひとまず、かき氷を何かにたとえようとしたことは褒めてあげて、17音しかない俳句の中で季語を二つも使うのはもったいないから、季語でないものでたとえられるともっと良くなるよ、とアドバイスいただいたらと思います。


 子供の俳句に、「○○だよ」や「○○ね」が多用されているのも気になります。

 

・低学年の俳句の場合などに、この表現がぴたっとはまってよい口語俳句になったりもするので、絶対ダメだとはいいきれないのですが、これも、俳句は17音しかないので、そのうちの1音や2音を使ってしまうのはもったいないという意識ができていくと減っていくと思われます。

  • 2017.06.27 Tuesday
  • 10:00

質問への回答

俳句の取り組み方・「取り合わせ」について(質問への回答)

 nhkkへお寄せいただきました質問と回答をご紹介します

 

Q 俳句の前段階として、くらし俳句と題し、日常のもろもろを17音で表すという活動をおこなっています。これをレベルアップさせ、夏の俳句にしたいところなのですが…
 1番につまずくのが、どの季語を使うかです。本にのっているものを調べていると、季語って限られてきてしまうのではと感じてしまいます。
 たとえば、梅雨にちなんで広げると、水たまりや長靴何かも出てきます。でも、それは季語じゃない。なら、別の言葉に?となるけれど、そうすると、浮かぶ情景まで変わってきてしまう。そうした部分をどうすればいいのか、適切にアドバイスしてあげられないのです。

 また、指導していて悩むのは、添削です。どうアドバイスしてあげれば、よいか、本当に悩みます。夏井先生のちょっとのアドバイスで作品が変化するあの感じを、どうすれば児童に伝えられるのか日々悩み中です。
 わたしの力量不足なのですが、確実に子どもたちの俳句への親しみや楽しさは増しているので、何とか壁を乗り越えたいと思っています。
 授業では、伝え合いが主題です。自分の俳句に対する思いを語り、聞き、感じたことを伝え、双方向にその活動を行うことで、伝え合いや表現の面白さ、よさに気付かせたいと考えています。

 

 

A 授業目的の「伝え合いが主題で、自分の俳句に対する思いを語り、聞き、感じたことを伝え、双方向にその活動を行うことで、伝え合いや表現の面白さ、よさに気付かせたい」を念頭においてお答えさせていただきます。
 「俳句の前段階として、くらし俳句と題し、日常のもろもろを17音で表すという活動をおこなっています。」とのこと。大変素晴らしいご活動で、「実に子どもたちの俳句への親しみや楽しさは増している」様子が目にうかびました。
 「これをレベルアップさせ、夏の俳句にしたいところなのですが…1番につまずくのが、どの季語を使うかです。本にのっているものを調べていると、季語って限られてきてしまうのではと感じてしまう。たとえば、梅雨にちなんで広げると、水たまりや長靴何かも出てきます。でも、それは季語じゃない。なら、別の言葉に?となるけれど、そうすると、浮かぶ情景まで変わってきてしまう。そうした部分をどうすればいいのか、適切にアドバイスしてあげられないのです。」とのこと。

 

 まず、ご質問を拝見して感じましたのが、日常のもろもろを17音に→季語を入れた俳句にという流れの中、おそらく児童さんたちは季語を見つけて(決めて)から残りのフレーズを考える「一物仕立て」の型で俳句を作られているのではないかと拝察しました。実は、「一物仕立て」という俳句の作り方は、季語を観察して作っていく俳句ですから、ほとんどの人が似たり寄ったりの俳句になってしまうので、初心者には難しい型なのです。季語を見つけるのに大変なのに、せっかく見つけても、皆同じような俳句になってしまう…というのが、この型でよく起こってくる現象です。もちろん、そういった類想類句にある俳句を一つ一つ添削していくことはかなり困難なことです。

 

 そこで、nhkkが(夏井の句会ライブでもそうですが)おすすめしていますのは、『俳句の授業ができる本』にも「簡単俳句作りのコツ」と紹介しています「取り合わせ」という型で俳句を作ることです。実は、この「取り合わせ」という型の一番簡単なものは、「季語と関係ない12音のフレーズ(俳句の種)」に「5音の季語」を「取り合わせ」るというものです。俳句の種になんとなく似合ってさえいれば、どんな季語を取り合わせてもかまいません。(実際、この「取り合わせ」の型は、少なく見積もっても俳句の80%をしめるたいへんよく詠まれている型です)
 そして、nhkkが特に初心者の俳句作りの時にこの型をおすすめするのは、つぶやいた「12音のフレーズ(俳句の種)」が「(5音の)季語」の力を借りて即座にオリジナルな作品として機能していくからです。そして、この型は、「季語が俳句の気分を語る」ことを実感してもらえる型ですので、一つ一つの季語が持っている豊かさを感じることのできる型ということができます。作句の順番は、先に俳句の種を作って、後で季語と取り合わせていきます。

 


 『俳句の授業ができる本』P14からの例ですが、たとえば

「ランドセル今日も重たい」

という俳句の種に対して、以下の3つの季語をつけると、取り合わせる季語によって、俳句の内容が変わってきます。
「秋うらら」(秋晴れのような心の明るさ)―重くっても今日も楽しい学校だ!○○の時間が楽しみだなあ! 
「そぞろ寒」(心寒さや不安な気持ち)―今日の○○の時間は嫌だなあ。とか、先生に怒られないといいけど…。などランドセルを重く感じる不安げな思い。
「いわし雲」(秋のうろこ雲のような波立つ心)―高学年になって、学校だけでなく、自分自身についても悩み始めている思い。

 大切なのはいかに12音の俳句の種で自分らしいものを(または共感できるような実感にみちたもの)をつぶやけるか、というところになります。あとは、季語が勝手に俳句に感情を添えてくれます。

 

 先生のクラスでは、すでに日常を17音で表現することに楽しまれているようですので、季語が入った17音を見つけるという高度なワザだけでなく、オリジナルな12音のつぶやきをどんどん拾っていって、それらの俳句の種にし、それになんとなく似合う季語を取り合わせていくと、思った以上にバラエティに富んだ作品群ができあがってくると思います。
ですので、先生が今日の季語はこれ!というように、先にイメージの違ういくつかの5音の季語を提示しておいて、子供たちのつくった俳句の種に似合うと思う季語を取り合わせて、ぜひ、楽しんでもらえたらと思います。たとえば、夏のこの時期ですと、プラスの気分の種は「風薫る」に、マイナスの気分の種は「梅雨曇」に取り合わせるとピッタリあったりします。そのほか、雲の峰(夏の雲)、熱帯夜、南風、ひまわりや、かき氷、などなど、別の5音の季語で取り合わせてみると、句の気分が変わっていくのを楽しむこともできます。
 子供たちは、クラスメイトのオリジナルなつぶやきに、感心したり、共感したり、反発したり、…と様々な伝えあいをしてくれることと思いますし、友達がなぜその「季語」を選んだかで、その俳句の心理や季語の意味や深さにも近づこうとしてくれるはずです。

 

 まず添削を…というよりは、生徒たちのつぶやきの妙や季語を味わいながらの交流を楽しめる授業になれば…と感じながらご質問を拝見いたしました。ぜひ「取り合わせ」で生徒たちの生のつぶやきを皆さんで楽しんでもらえればと思います。きっと大人では思いつかないような楽しい俳句の種がたくさんでてくるのではないかと思います。イキイキとした実感のある句がたくさん生まれてくることを祈っています。
 もちろん、俳句の種のちょっとした助詞とか言い回しなどを変えたり、語順を変えるだけでも、佳い句になったりしていきます。もしかすると伝えあいの中で子供たちからでてくるかもしれませんし、そうでない場合は、先生の方から提案されても良いように思います。

 

  • 2017.06.26 Monday
  • 10:00

質問への回答

2 実践報告&質問→回答

 「1 実践報告&質問」の記事でご紹介しました「ご質問」への回答です。

 

Q 。隠臆擦稜亢腓亮錣涼罎法◆岾擇靴澆澄廖Α峭圓たいな」・「がんばるぞ」など、気持ちをそのまま言葉にしたものがかなりあったのですが、このような言葉が適切でない(?)ことをどのように伝えればいいのでしょうか。

 

A  岾擇靴澆澄廖屬んばるぞ」などの感情語の入った俳句は、どの教室でも多く見られる作品群です。感情語が入った佳句もありますので、絶対ダメという訳ではありませんが、感情語を入れて成功させるのは初心者では難しいのが現実です。「取り合わせ」の作り方でご指導をされているようですから、生徒さんには、
「楽しみだや、がんばるぞなど、答えを全部言ってしまうと面白くないよね。それに、みんなのつぶやいた俳句の種の気分を語ってくれるのが、取り合わせようとする季語だから、気持ちを全部12音の中にいれなくて良いんだよ。」
と伝えていただければと思います。
 nhkkの『俳句の授業ができる本』では、「『うれしいな』『かなしいな』俳句撲滅作戦」(P44)として、先にあえて感情語が入った俳句を作らせて、あとで、感情語を季語に置き換えるという手法を紹介しています。この撲滅作戦では、俳句の気分(感情)は、実は季語が担っているのだということを実感してもらうことができます。
 中学生と俳句作りに取り組まれているということですので、ぜひとも感情語の作品群を逆手にとって、「季語と関係のない12音」+「5音の季語」で作る「取り合わせ」が、なぜ後から季語を選んで取り合わせるのか、ということを中学生にも実感してもらう材料にしていただければと思います。
 「取り合わせ」という型では、個人個人のオリジナリティあふれるつぶやきと、感情まで語ってくれる季語とがスパークするので、初心者でもあっと驚く俳句が詠めるのだ、と分かってもらえると、12音と取り合わせる季語を自由に操ることを楽しみながら俳句に取り組んでもらえるのではないかと思います。
 また、今回「風薫る」・「衣替え」がお題となったようですが、生徒さんたちの作る俳句の種が前向きの気分でない場合もありますので、「梅雨曇」などの、陰の気分を語ってくれそうな季語も入れておくと、またできあがった句にバリエーションが生まれてくると思います。ぜひ、お試しください。

 

 

Q◆ヾ嫋泙垢觝檗◆峪笋眛韻厳亳海あるから」、「共感したから」と発言する生徒が多く、句自体の言葉や、情景に言及することが少なかったのですが、この辺りのアドバイスの仕方はどのようにすべきでしょうか。

A◆―蕕瓩ら上手く読み解くことは難しいので、「同じ経験がある」「共感した」という感想から初められたので構わないと思いますが、「どのような『同じ経験』なのか」、「どう『共感』したのか」などを具体的に聞いていくと、さらに深まっていったり、その発言をきっかけに、また別の発言が出てきたりという、好循環が生まれていくこともあります。
 また、句会(ライブ)では、良い点を深めていくことになると思いますので、話題となっている「俳句の中で季語がどう良い(効いている)のか」、「他の季語ではどう変わるのか」、など、作者がその季語を選んでいるということの意味に寄り添っていくと、作者の意図にも近づいていきますし、季語の深さに思い至っていき、鑑賞も自然に深まっていくことになります。

 さらに発展的な内容としましては、日々の作句の際などに時々、副会長が選句をしております「俳句ポスト365」の「天・地」の入選句などの中から、中学生の共感を呼びそうな句をピックアップしておいて、先に「どんな句だと思う?」と考えさせた後、副会長の選評を紹介して、鑑賞の練習と佳句に触れる機会を作っていくなどの方法も考えられます。

 

 

 先生の、「『俳句をする時間が楽しみ』、『句会が待ち遠しい』と生徒に思ってもらう」という目標に、同じ志で活動をしておりますnhkkとしましては、背中を押してもらった気がしました。「1〜2ヶ月に1度の句会を実践しつつ、生徒はもちろん私も成長できたら」とのこと、ぜひとも、今後の実践の様子などもお知らせいただきますようお願いいたします。

  • 2017.06.07 Wednesday
  • 23:32

1