Categories

Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

中村文則『土の中の子供』

『教団X』がいろんな要素がある小説だったので、どこが中村文則さんの持ち味なのか気になったのもあり、芥川賞受賞作『土の中の子供』を手に取ってみました。

背表紙には、次のように紹介されています。

 

27歳のタクシードライバーをいまも脅かすのは、親に捨てられ、孤児として日常的に虐待された日々の記憶。理不尽に引きこまれる被虐体験に、生との健全な距離を見失った「私」は、自身の半生を呪い持てあましながらも、暴力に乱された精神の暗部にかすかな生の核心をさぐる。人間の業と希望を正面から追求し、賞賛を集めた新世代の芥川賞受賞作。著者初の短篇「蜘蛛の声」を併録。

 

土の中に生き埋めにさせるなどの被虐体験だけにとどまらない、命を危険にさらすような「恐怖」をもたらす出来事の数々が次々に主人公を襲ってきます。その中には、主人公自らが引き寄せようとしたものもあり、また、偶然に見舞われたものもありますが、どの出来事も、それを克服することで主人公自身が立ち上がる力を得ていくというような、イニシエーション的出来事となっているように感じました。

 

 

彼が立ち向かおうとするのは、「この世界の、目に見えない暗闇の奥に確かに存在する、暴力的に人間や生物を支配しようとする運命というものに対して、そして、力のないものに対し、圧倒的な力を行使しようとする、全ての存在」です。ギリギリまで自分を追い詰めていくことで、自らを脅かしてきた恐怖や理不尽を凌駕していく主人公。だからこそ、これ以上の悲惨さはないと思われるような彼の人生であっても、読者はそこに希望を見ることができるのだと感じました。

同時収録の「蜘蛛の声」は、「土の中の子供」とは逆に内に入り込んでしまう主人公の話でした。両者を並べて読むことで、人は、おかれている精神状態や状況によって、外向かって立ち向かう力を手に入れることもあれば、内に向かって力を蓄える時間も必要なのだろうと感じさせられました。

  • 2020.08.01 Saturday
  • 17:24

俳句関連・書籍など 紹介

夏井いつき『子規を「ギャ句゛」る 名句をひねると「ギャ句゛」になりました』

副会長の新刊です。

「ギャ句゛」とは、「最少の言葉変換で最大の意味変換」を狙う「知的言葉遊び」です。
YouTubeでの「夏井いつき俳句チャンネル」でも、
【名句をギャグに!】ギャ句゛で俳句のトレーニング
の回で分かりやすく解説されていますので参考にされてください。

 

 

今回は、正岡子規の名句を「ギャ句゛」ろうという企画!

ブログで募集して集まった2243句の中から選ばれた「ギャ句゛」が星付けと共に紹介されています。

また、ギャ句゛界重鎮☆金子どうだセンセーの上級講座もついています!

新書で「角度を変えた俳句の楽しみ方、ギャ句゛」の世界をのぞいてみませんか!

 

 

ギャ句゛技もたくさんでてきて楽しめます!

 

【職業変換】雉(きじ)→知事(ちじ)(動物を、ヒネリの聞いた時事を意識できる職業に!)
【ぎなた変換】話(はなし)・上手(じょうず)な(な)→歯(は)・無(な)し(し)・ジョーズ(じょーず)を(を)(語の切れ目を変える!)
【匂い付変換】花(はな)を(を)折る(おる)→鼻(はな)折れる(おれる)(風流な動作が、かなり痛い状況に!)
【アナグラム変換】顔(かお)見(み)ゆる(ゆる)→由美(ゆみ)かおる(かおる)(5音の並び・語順を替えて人名に変換!)
【アルファベット変換】ある(ある)僧(そう)→ALSOK(あるそっく) (お坊さんが警備保障会社」に!)
【シチュエーション変換】三寸(さんずん)→散々(さんざん)(具体的な数値から、一音でガラリと状況を変える!)

 

どんな子規句がどんなギャ句゛になっているかぜひ確かめてみてください!

  • 2020.07.18 Saturday
  • 20:55

句集を作ろう!コンテスト

「句集を作ろう!コンテスト」朝日新聞記事&応募冊子購入方法

7月8日(火)の朝日新聞愛媛版にて募集が告知されました「句集を作ろう!コンテスト」。

改めまして、応募方法等、コンテストの詳細についてご案内いたします。

 

 

■応募方法
応募締切までの一年間に作った俳句を、『句集コン必勝ガイド』(一冊380円:消費税・冊子返送料込)に付属の応募冊子を使って句集に仕上げ、個人もしくは学校単位で、作品(句集)を送付してください。(詳しい応募方法は、『句集コン必勝ガイド』付属の応募用冊子をご覧ください。)

■『句集コン必勝ガイド』購入方法
『句集コン必勝ガイド』は、愛媛県内の各朝日新聞販売店(ASA)、松山市立子規記念博物館、愛媛県学校生協、ならびにマルコボ.コムなどにてお買い求めいただけます。

また、Amazon(2冊1組)、Yahoo!ショッピングでもご購入いただけますので、こちらもご利用ください。  

 

Amazon(クリックすると購入ページに移動します)

 

Yahoo!ショッピング(クリックすると購入ページに移動します)

 

以下、コンテストの詳細をお知らせいたします。

■主催

朝日新聞社、マルコボ.コム、日本俳句教育研究会

■部門

40句部門・20句部門

*どちらか片方の部門にのみご応募いただけます。(両部門にご応募の場合は、40句部門を優先して受け付けます。)
*その他、学校応募を対象として学校賞を設けます。(学校賞は40句部門・20句部門を問いません。)
■対象
小学生・中学生
■募集期間
2020年7月1日〜2020年9月末日締切
■審査員
三浦和尚(愛媛大学副学長)
小西昭夫(俳人)
堀田優子(元小学校校長)
キム・チャンヒ(デザイナー:装丁賞のみ)、他

■賞
 ◇最優秀賞 …小・中学生各1名 ※40句部門のみ
  (レプリカ句集・パネル進呈)
 ◇優秀賞 …40句部門3名/20句部門5名
  (40句部門はレプリカ句集、各部門パネル進呈)
 ◇一句賞優秀賞 …40句部門5名/20句部門5名
 ◇一句賞 …両部門あわせて15名
 ◇装丁賞優秀賞 …40句部門2名/20句部門2名
 ◇装丁賞 …両部門あわせて5〜7名
 ◇学校賞 …最優秀賞1校、優秀校2校、奨励賞2校
  (両部門あわせて。個人応募を除く学校応募の小・中学校対象)
 ※賞は応募状況により多少変動します。
■結果発表
2020年12月 朝日新聞紙上、及び
『100年俳句計画』2021年2月号にて発表予定
■作品展示
2021年1月以降 松山市立子規記念博物館(予定)

 

皆様からのご応募をおまちしております。

  • 2020.07.08 Wednesday
  • 10:40

実践報告・お便り

俳句の楽しさが実感できる、地域と共に創る「フォト俳句」の創作と鑑賞

『初等教育資料』7月号に掲載されました、愛媛県松山市立椿小学校の石田年保先生の「俳句の楽しさが実感できる、地域と共に創る『フォト俳句』の創作と鑑賞」を紹介します。

 

 

本実践は、「地域の俳句文化に対する理解を深め、俳句や地域を愛する心情を高め」ようと、学校内だけでない地域の人材(俳人を講師として招く)の協力のもと、3年前から取り組んでいるものです。

低学年の俳句の鑑賞を助けるために、自分たちで撮影した写真を利用していくのですが、実践を重ねていく中で、撮影する「対象物やアングル」もより俳句を意識したものに変化していくようで、俳句の解釈の理解の助けにとどまらない学びの数々が報告されています。

また、講師と共に制作した学校オリジナルの「椿小学校俳句手帳」を恒常的に使用しているのも特徴的です。100句を書き残せる手帳を三年生全員に配布して、卒業までの4年間の俳句を記録することが日常になっており、子どもたちの作った俳句を捨てずに蓄積することで、自らの成長を確認したり、俳句文化のある地域への親しみや愛着が生まれていっている実践報告となっています。

  • 2020.07.06 Monday
  • 12:56

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

中村文則『教団X』

『文筆系トークバラエティ ご本、出しときますね?』を読んで、以前から気になっていた中村文則さんの『教団X』にやっと手を出しました。中村文則さん、初読みです。

文庫600ページに、様々な要素が入り込み、登場人物たちそれぞれが背負っている(哲学的とも見える)信念のようなものが、これでもか、これでもか、というくらいに丁寧に描かれていきます。とにかく作者の書きたいことが全て書き尽くされていく、という感じで、ここまで書ききったら、作家としては気持ちがよいだろうなという印象でした!

物語で語られる、科学的思想や宗教的思想、そして、世界状況の分析などなど…、示唆に富んでいて、そこらを細かに丁寧に読んでいくと、600ページ以上の読み応えのある作品です。

 

 

物語の進んでいく方向、そして、彼らを動かしていく過去や思想などが、いわゆる世の中の暗部を抉り出していくようなものなので、一体この小説はどこに向かっていくのだろう…と思いながら読み進めていきましたが、結末の着地点が、ままない世の中にあって、人間そのものを信じたい作者自身の希望を見るようで、救われたような気になりました。

最後に語る人物も、それまでの登場人物たちへのスポットの当たり方でいえば意外でありながら、いや、やはりこの物語の全てを背負いきるには、この人でなければならなかったのだな…と妙に納得させられました。

  • 2020.07.05 Sunday
  • 22:13