Categories

Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

湊かなえ『白ゆき姫殺人事件』

2014年に井上真央×綾野剛、中村義洋監督でゴシップエンターテインメントとして映画化された原作本です。

 

化粧品会社の美人社員が黒こげの遺体で発見された。ひょんなことから事件の糸口を掴んだ週刊誌のフリー記者、赤星は独自に調査を始める。人々への聞き込みの結果、浮かび上がってきたのは行方不明になった被害者の同僚。ネット上では憶測が飛び交い、週刊誌報道は過熱する一方。匿名という名の皮をかぶった悪意と集団心理。噂話の矛先は一体誰に刃を向けるのか。傑作長編ミステリー。(裏表紙)

 

映画では、映像という特性をいかして、綾野剛さん演じる赤星雄治が、週刊誌記者からワイドショーのディレクターに変わっていましたが、赤星が容疑者となった城野美姫の同僚、同級生、故郷の家族を取材し、その証言をSNSでつぶやいたり、週刊誌に掲載していく中で噂が噂を呼んでいき、読者は何が本当で嘘なのか分からなくなっていく物語の骨子はそのままでした。

小説では、人々の語りが淡々と並べられていく形式が取られていて、また発表媒体もより個人的な解釈を許す週刊誌(とSNS)ということもあり、結果的に(本人たちの意志に関わらず)、人が自分が見たいようにしか見ていない現実、自己顕示欲、何より、心の奥底に潜んでいる悪意が映画以上により読者にのしかかってくるように感じました。そして、結末の衝撃の犯人逮捕や、容疑者となった城野美姫の抱えていた現実が、さらに人間が抱える心の闇を提示していくこととなります。

 

 

この小説に特徴的なものとしては、それぞれの語りに加えて、ネット上のつぶやきや週刊誌の記事やブログの記事が参考資料的にまとめて掲載されていることです。映画とは違って、小説の本編でははっきりと姿を見せない今回の事件をかき回した張本人である赤星雄治の人となりが、資料によって明らかにされていくというのも面白い趣向でした。

一方、映画で赤星と美姫とが出会うラストシーンが中村義洋監督により付け加えられたものであることを知り、そこに監督ならではの原作の解釈を見たように感じました。ラストシーンに居合わせる(映画でのみ登場の)長谷川は、茶番劇のような登場人物によって異なっていく証言を「これってみんな本当のこと言ってるんですかね」と指摘していた人物であり、最後まで真実を見ることが出来ない(美姫に気付くことができない)赤星の愚かさがより際だっていくように感じます。映画で媒体が、日常生活により近いテレビのワイドショーに変更されていたのも、見たいものを見たいようにしかみない一般大衆をより浮かび上がらせるためだったのかもしれません。

  • 2020.11.21 Saturday
  • 15:54

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

西加奈子『さくら』

映画化されると知って手に取った、西加奈子さんの初期の作品でしたが、ドッシリと堪える作品でした。様々な切り口から読むことが可能な作品で、11月13日公開の映画ではこの作品のどんな部分に焦点があてられるのか…、とても気になりながら読みました。

 

 

妹ミキが生まれるときに、兄ちゃんと僕が出会った目の見えないおじいさんの言葉と、女性となったサキコ(サキフミ)さんの言葉の二つが作品全体を支えていきます。

「ぜえんぶわしのもんに出来るし、ぜえんぶ誰かに返すことも出来るんや。」「ぼん、だからなぁ、いきていけるんやで」

「嘘をつくときは、あんたらも、愛のある嘘をつきなさい。騙してやろうとか、そんな嘘やなしに、自分も苦しい、愛のある、嘘をつきなさいね」

登場人物たちは皆、「愛」にあふれた文字通りの幸福であるべき人ばかりであるにもかかわらず、作品では無(亡)くしていくものばかりが描かれていきます。そして、完璧で皆に通目され「いつも全力で生きて、自分に嘘をついたことが無」く「ありのままの自分」で生き続けてきた兄ちゃんが、「愛のある嘘」によって「こんなはずではない自分」に行き当たってしまう現実……。「愛のある嘘」が破壊しかもたらされない真実には愕然とさせられます。

歪んでいく愛や報われない愛、そして、ままならない現実を過ごしていくには、「この世にあるものは全部誰かのもので、全部誰のものでもない」とでも受け入れるしかないのかもしれません。「結局自分」であることを知った僕は、さらに、そこにあり続けてそんな自分を受け止めてくれる神の存在と共に現実を受け止めていくことになる……。そんな様々な形の「愛」が描かれた『さくら』でした。

〜あなたの愛は、僕を世界の高みに連れて行ってくれる。〜

作品に出てくるカーペンターズの「Top of the world」の歌詞を、なんとも切なく感じながらも、どんな日常であっても、それは奇跡的な美しく尊い日常であるのだ、という作者の祈りのような願いを感じた作品でした。

  • 2020.11.07 Saturday
  • 21:43

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

島本理生『ファーストラヴ』

第159回直木賞受賞作品で、来春には映画化も予定されている島本理生さんの長編ミステリー『ファーストラヴ』。

 

父親殺害の容疑で逮捕された女子大生・環菜。アナウンサー志望という経歴も相まって、事件は大きな話題となるが、動機は不明であった。臨床心理士の由紀は、ノンフィクション執筆のため環菜や、その周囲の人々へ取材をする。そのうちに明らかになってきた少女の過去とは。そして裁判は意外な結末を迎える。(裏表紙より)

 

裏表紙の紹介文とタイトルの『ファーストラヴ』とに、好奇心的違和感を持ちながら読み始めましたが、伏線に次ぐ伏線…という感じのストーリー展開で(伏線だけで出来た小説と言えるくらい)、この伏線がどう繋がっていくのか気になり続け、最後まで一気に読み進めました。

物語では、容疑者の環菜だけでなく、主人公の由紀や弁護士の迦葉をはじめとする登場人物たちそれぞれが抱えるトラウマがどんどん明らかになっていきます。環菜の事件を中心に据えながら、父子関係、母子関係の歪さが生んでいく闇のようなものが多方向から描かれていく小説でした。

 

 

自分の不快や恐怖はそっちのけにして、大人の期待に応えることで生き場所を確保してきた子供であった環菜。彼女を苦しめていたのは父なのか、母なのか、それとも…。彼女にとってタイトルとなった「ファーストラブ」の意味するものがなんとも切ない。そして、一番の闇を抱えていた人物が分かる結末まで…、心が折れそうになるばかりの展開の中で唯一の救いが、主人公の夫である、心を開かせる報道写真家・我聞でした。人の変われる可能性を信じる我聞の包容力。完璧ともいえる我聞の癒やしが存在することで、環菜だけでなく、主人公自身が変えていこうとしてる今に、読者である私も安心して寄り添うことができた気がします。一番番魅力的な我聞のお陰で、ミステリー要素だけでなくヒューマンドラマの要素を感じられました。

  • 2020.10.25 Sunday
  • 14:05

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

朝井リョウ『スター』

朝井リョウさんの新刊は、作家生活10周年記念作品[白版]の『スター』です。朝日新聞夕刊の1年2ヶ月の連載を加筆修正した作品ですが、私自身はこの単行本が初読みで、大変楽しみに手に取りました。

 

 

タイトルともなった「スター」の意味を探りながらの読書となりました。

小説では、プロとアマチュアの境目が曖昧になっているジャンルとして「映像」の世界が取り上げられていきます。主人公は、尚吾と紘の二人。彼らは、大学で二人で一つの映画を監督し、新人の登竜門となる映画祭でグランプリを受賞しますが、卒業後は、名監督への弟子入りとYouTubeでの発信という真逆の道を選ぶことになります。

二人は、それぞれの場で「作品の質や価値は何をもって測られるのか」「私たちはこの世界に、どの物差しを添えるのか」という表現者としての葛藤を抱えながら悩み、答えを出していくのですが、私たち読者自身も「質が高いもの」「本物」とは何なのか、私たちは何を選択しているのか、あなたはどんな星付けをしながら生きているのか、を問われているような作品でした。

対極を生きる二人の人生がどう再びクロスし、二人はどんな答えを出していくのか……。投げ込みチラシの「私の中で白黒つけられないグレーなテーマを扱っています」との作者からのメッセージを読んでいたので、どんな結末が用意されているのか(朝井リョウさんならではの不穏さも想定しながら)最後までドキドキしながら読み進めることになりました。

結末は明かせませんが、二人が別方向から同時に到達する「心」の問題、そして、彼らが世界に向かい合っていこうとする姿勢などなど、朝井リョウさん自身の表現者としての誇りや自信が、清々しく見えてくるような展開となっていて、まさに10周年記念作品[白版]と呼ぶにふさわしい作品だと一ファンとして嬉しくなりました。

どうやら、10周年記念作品は、今回の[白版]『スター』だけでなく[黒版]『正欲』の発売も予定されているようで、『正欲』は『スター』の対極にあるような作品なのだそうです。私たちが生きているまさに「グレー」である現実を、次回は「黒」側から眺めた一冊になるのでは! と、朝井リョウ的毒が大好物のファンとしては、来春の刊行が楽しみでなりません。

  • 2020.10.10 Saturday
  • 16:35

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

佐藤泰志『そこのみにて光輝く』

綾野剛×池脇千鶴×菅田将暉出演、呉美保監督の映画『そこのみにて光輝く』の原作本で、第二回三島由紀夫賞の候補になった作品です。背表紙には「にがさと痛みの彼方に生の輝きをみつめつづけながら生き急いだ作家・佐藤泰志がのこした唯一の長篇小説にして代表作。青春の夢と残酷を結晶させた伝説的名作」とあります。

 

 

読んでみると、映画は、原作本の設定や登場人物であるものの、主人公の背負っている過去が原作の要素だけを借りた別のものであり、主人公の達夫は別の影をまとう人物となっていました。また、他の登場人物たちのエピソードもかなり組み替えや追加のアレンジがされていました。とは言え、読みながら原作と映画との違いの一つ一つに気付いていくことは、小説の様々なエッセンスを凝縮して組み替え、一本の映画として作り上げている映画の完成度に改めて気付かされることとなりました。

個人的にこれまでは、映画と原作を比べてみると、描ききると言う点では、どうしても尺の中におさめなければならない映画は原作には及ばないなという印象で、別の視点で切り取った新しい作品として味わうことが多かったのですが、今回の呉美保監督作品については、凝縮することで、より深く原作の芯の部分が伝わる作品になっている印象で、こんな映画化の仕方があるのだ! と驚かされました。もちろん、綾野剛さんはじめ俳優さんたちの演技あってのものなのは言うまでもありませんが。

世の中から蔑まされた場所で、底辺の生活を送りながら、ままならない現実の中を生きていく人間、家族との繋がり、そして愛情。そして、そこに確かに注がれている「光」。救いの小説であり、また、映画でした。

  • 2020.09.27 Sunday
  • 23:10