Categories

Calender

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

トーマス・マン『ベニスに死す』

平野啓一郎さんの『マチネの終わりに』で、気になり読んでみたくなっていたのがトーマス・マンの『ベニスに死す』でした。ヴィスコンティ監督の映画(未鑑賞)でもよく知られる『ベニスに死す』ですが、『マチネの終わりに』では、「中高年になって突然、現実社会への適応に嫌気が差して、本来の自分へと立ち返るべく、破滅的な行動に出る」ことが《ヴェニスに死す》症候群と定義されていました。

個人的にあまり翻訳物が得意でないこともあり、どの訳者のものを手に取ろうかと悩むところから始まりましたが、青空文庫で実吉捷郎訳が読めることもあり、集英社文庫の圓子修平訳を手に入れました。淡々として状況がつかみやすいのが圓子修平訳で、詩的で主人公の感慨によりそっているのが実吉捷郎訳といった印象で、圓子→実吉訳と重ねて読んでいくと、トーマス・マンのやりたかった世界に読者も近づきやすいのかなと感じました。にしても、とにかく一文が長い!かなり苦労してしまいました。

 

 

高名な初老の作家アシェンバハは、ある日旅の誘惑に駆られ、ヴェネツィアへと旅立つ。そこで彼が出会ったのは、神のごとき美少年タジオだった。その完璧な美しさに魅了された作家は、疫病が広がり始めた水の都の中、夜となく昼となく少年のあとをつけるようになる…。(集英社文庫・背表紙より)

 

老いた芸術家が我を忘れ、死さえも厭わない美への憧れ。主人公の美少年への恋慕のようなもの(読者によって、好悪様々に受け取り方がありそうですが)が、成就させる類のものでないことによって、破滅的な結末も芸術家のある種の昇華であり、救いとして描かれているのかなと思いました。映画の評価も高いようで、ヴィスコンティ監督ならではの「美」という芸術の解釈となっていそうなので、観てみたくなっています。

  • 2020.01.18 Saturday
  • 22:25

句集を作ろう!コンテスト

朝日小学生新聞掲載記事:句集を作ろう!コンテスト・表彰式

1月12日付の朝日新聞紙面で、句集を作ろう!コンテストの表彰式の様子が掲載されました。

朝日新聞デジタルの記事では、当日の様子がカラーでご覧いただけます。

 

 

朝日新聞デジタル記事↓

(画像をクリックすると、朝日新聞デジタル記事に移ります)

 

入賞作品、及びイベントの吟行句は、1月31日まで、松山市立子規記念博物館の2Fの常設展示ロビーにて展示されていますので、ぜひご覧下さい。

(写真は4F講堂に設置していたものを撮影しています)

 

  • 2020.01.13 Monday
  • 11:10

俳句関連・書籍など 紹介

『2020年度版 夏井いつきの365日季語手帖』

新年最初の書籍紹介は、副会長の新刊『2020年度版 夏井いつきの365日季語手帖』。

 

 

よく知られた季語からマニアックな季語まで、毎日ひとつずつ「季語&俳句&鑑賞」に出会える一冊です。実作のヒントを参考に俳句を書き込むこともでき、詠んだ俳句は投句できるという、何重にも楽しめる趣向がつまっています。

選者はもちろん、副会長の夏井いつき。夏井選に入った優れた作品は、次年度の『季語手帖』に掲載されるばかりか、副会長の特選句が暦に取り上げられるという特典付き! これまで、ハガキのみの受付でしたが、ネットからフォームを使っての投句もスタートしました。

より身近になった『季語手帖』で、俳句のある365日を過ごしてみませんか!?

  • 2020.01.04 Saturday
  • 10:54

お問い合わせ先

2020年 どうぞよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。
本年も、日本俳句教育研究会をどうぞよろしくお願いいたします。
2020年が皆さまにとって素晴らしい年となりますように。

 

 

平素は、日本俳句教育研究会の活動にご理解とご協力を賜りまして誠にありがとうございます。

また、昨年は皆様から数多くの実践報告をお寄せ頂きまして重ねてお礼申し上げます。

 

日本俳句教育研究会では、引き続き皆様からの実践報告をお待ちしておりますので、nhkk.info@gmail.com 宛にメールで、もしくは、

お便りフォーム

にてぜひお寄せ下さい。

 

また、「俳句指導に関する俳句創作の指導方法」など、広く俳句教育に関する質問をお受けしております。
「児童生徒さんの俳句に対する具体的な質問」などでも結構です。
なお、「質問箱」は左のバナーまたは以下の

[nhkk質問箱]のフォーム

よりお気軽にご連絡ください。
質問の際の詳細は、フォームに記載しておりますのでご参考になさって下さい。

フォームをご利用頂かなくても、nhkk.info@gmail.com 宛にメールでも受け付けております。

 

皆様からのご連絡をお待ちしております。

  • 2020.01.01 Wednesday
  • 00:00

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

天童荒太『ムーンナイト・ダイバー』

10月に参加した「『巡礼の家』刊行記念イベント【天童荒太 ふるさとを語る】」のイベントで印象的だった話の一つが、『ムーンナイト・ダイバー』制作秘話でした。天童荒太さんは、4年たって被災地を訪れた時に、年月とともに復興という明るい報道へと変わっていく中にあって、そうではない人がいる現実につきあたり、言葉では言い表せないショックで呆然とされたとのこと。そして、「『悼む人』を書いた人間として」何ができるのかと問い、「失われたものがどれだけ尊いか」を書こうとしたのが『ムーンナイト・ダイバー』なのだそうです。

 

 

震災で兄を亡くしたダイビングのインストラクター・舟作は、立入禁止のフクシマの海域に潜って海底に残された遺品を探し出す仕事を請け負っています。しかし、彼の仕事は非合法のため、明るい月の出ている夜しか潜ることができません。罰せられるかもしれない危険をおかしながら、周作がなぜ潜るのか。そこに、親しいものが行方不明のままで先に進むことができず、せめて何らかの印をほしがっている依頼者グループの人々の思いが交錯していきます。

自分が生きていることの後ろめたさを抱える舟作。なぜ災害が起こったのか? なぜ自分が残ったのか? 不公平な中で、なぜ人は生きていかなければならないのか? 自分が果たさなければならない役目とは? 舟作の問いは、生かされている私たち読者それぞれの問いでもあり、また、私たち自身が舟作と共に問われている、そんな作品でした。

  • 2019.12.29 Sunday
  • 13:10