Categories

Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

小池真理子『恋』

前回の『二重生活』に引き続いて、小池真理子さんの第114回直木賞の受賞作品『恋』です。

タイトルだけを見ると、所謂恋愛小説なのかな…と想像しましたが、これが一筋縄ではいかない様々な「恋」が入り混じった作品で驚きました。描かれた「恋」の形は様々で、しかもどれもが普通に「恋」という文字面から想像するタイプの「恋」とはかけ離れたもので驚かされました。

 

 

裏表紙には、

 

1972年冬。全国を震撼させた浅間山荘事件の蔭で、一人の女が引き起こした発砲事件。当時学生だった布美子は、大学助教授・片瀬と妻の雛子との奔放な結びつきに惹かれ、倒錯した関係に陥っていく。が、一人の青年の出現によって生じた軋みが三人の微妙な均衡に悲劇をもたらした…。全編を覆う官能と虚無感。その奥底に漂う静謐な熱情を綴り、小池文学の頂点を極めた直木賞受賞作。

 

とあります。

冒頭で主人公布美子の行く末が語られているにも関わらず、最後の最後まで先が読めまないミステリーとなっています。とにかく、一つ一つが用意周到に積み重ねられ、結末まで組み立てられているので、ネタバレの観点からは、上の解説以上の内容については全く語れません。もちろん話の筋の面白さの魅力もあるのですが、そこに悲しい人間の性が驚きの展開の中で描き出されていき、先へ進めば進むほど退廃的な空気感をまとった純文学的読みごたえが加わっていって飽きさせません。

何か(誰か)をひたすらに恋う心が、幾重にも描かれた作品なので、これまで一途に思いをかけたことのある人(かけたいと願う人)であれば、何かしら立ち止まらずにいられない、思わず読み続けさせられてしまう、そんな作品でした。

  • 2020.06.06 Saturday
  • 22:04

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

小池真理子『二重生活』

門脇麦×長谷川博己×リリー・フランキー×菅田将暉の豪華俳優陣共演の映画『二重生活』は、哲学科の大学院生珠(たま)が、担当教授のすすめから「哲学的尾行」を実践して、人間の実存についての論文を書き上げるまでの物語です。好みの俳優さんばかりで興味深く観、また、登場人物としては、リリー・フランキーさん演じる教授に興味を持ちました。そこで、原作では教授がどのような人物として描かれているのか、映画だけでは消化しきれなかった部分を埋めたい衝動にかられ、原作本を手に取りました。

これまでも、映画→原作本という流れで出会う作品は多かったのですが、ここまで原作とかけ離れた映画に出会ったのは初めてで驚きました。唯一、珠に尾行される近所の既婚男性石坂のみが、原作と映画での描かれ方にそれほどの違和感はなかったものの、その他の登場人物は、名前が同じであるだけで、背負っている人生が異なった別人でした。微妙にエッセンスが似ているので、一見同じように見えなくもないのですが、小池真理子さんが意図していたであろう人物像とは、ことごとく別人として切り取られている印象でした。

 

 

まず、主人公珠の専攻は仏文学で、また、彼女に論文を仕上げる必要にもかられてはいません。また、何より恋人との絡みも含めた彼女の背負っている物語が全く異なっています。物語の核となる「尾行」に至る経緯も、教授の講義や人物からの影響はあるものの、自然発生的に珠自らが能動的に開始した「文学的・哲学的尾行」で、目的を持たない「自分自身から解き放たれる」だけのものです。映画でも、「尾行」を「理由のない尾行」と定義してはいるものの、最終的に論文を書くという目的が発生している時点で、原作で描こうとしていた「尾行」の理論は破綻してしまっているように感じました。

また、映画で個人的に興味のあった教授についての知りたい部分の答え合わせ的な記述は何もなく、映画で重要な役割を占めていた教授の物語は、全くの映画のみの設定だと分かりました。つまり、映画で描きたかったものと、原作で描いていたものはやはり別のものであった訳で、結末の差異云々を超えて、もうテーマが異なっているので、それぞれ別物として味わうしかない、という結論に達した読書体験でした。

背徳や秘密に焦点をあてた「二重生活」を描いた映画としてのテーマも嫌いではありませんでしたが、虚無を抱えて日常を生きる一女性の、自己解放の手段としての「尾行」という「二重生活」を得た現実の方に、より信ぴょう性を感じました。

  • 2020.05.24 Sunday
  • 11:59

実践報告・お便り

福岡女学院中学校・高等学校:エレガンスチャンネルのご案内

松山でも分散登校が始まっていますが、まだなかなか通常の学校生活が戻ってきそうにはありません。一日も早く学校現場に、元気な子供たちの変わりない姿が見られる日を待ち望むばかりですが、今は辛抱のしどころです。教員(である自分)が、こんなにも授業がしたい人種だったことを改めて思い知らされているそんな毎日です。

さて、そんな日々の中、各学校で先生方が様々に工夫をこらした取り組みをされていますが、福岡女学院中学校・高等学校では、生徒たちへのステイホームの勇気づけにと、学内ホームページに、エレガンスチャンネルが登場しました。

その中から、国語科配信の「日常の出来事を俳句にしてみよう」をご紹介します。

 

写真は、福岡女学院中学校・高等学校HPより

 

生徒達にいま何ができるかということで、若手の先生からの提案で、オーサービジットで学んだ取り合わせのやり方や、昨年、一昨年のラーニングカフェで行った即興の俳句作りを、まったくの即興、台本なしで作成した動画だそうです。俳句を知らない先生が編集にかかわった学内の生徒用のチャンネルというところにも、先生方の思いを感じます。

動画の配信後は、卒業生や同盟校の先生からも俳句やってみたいと作品が届き始めているとのこと。谷口先生からは、「オンラインホームルームでもやれそうとの言葉も出てきていて、学内種まきでワクワクを取り戻していて、学校再開したら、じかに授業で、句会をやりたいとまた勇気を得ています」との報告を頂きました。

こんな時だからこそのおウチde俳句、まずは、ここからはじめてみませんか。

  • 2020.05.21 Thursday
  • 22:27

俳句関連・書籍など 紹介

『夏井いつきの 日々是「肯」日』

オールカラーが美しく、俳句とエッセイ、そして写真が絶妙にコラボしていて、俳句になじみのない方にも手に取りやすい副会長の新刊のご紹介です! 

 

 

「俳句」のある生活が、「好日」を超えた「肯日」をもたらしてくれることをつづったエッセイ。そこに寄り添うように添えられる写真と俳句。いやむしろ、俳句に添えられたエッセイではあるのですが、それぞれの距離感がなんとも味わい深く、初心者の方などは、俳句に対するイメージが少し変わってくるかもしれません。季語を味わうための解説もついています。

Stay Homeの日々を、自分らしい「肯」日に変えていきたくなるような一冊はいかがでしょうか。

 

この本は、俳句と共に生きる私の「喜びの遊び」を綴ったものです。人生に起こる出来事を、是は是とし、非は非として受け入れる。全ては俳句のタネだと腹を括る。そこから新しいものの見方が生まれてくるのだと、身をもって信じております。(「はじめに」より)

  • 2020.05.13 Wednesday
  • 11:44

備忘録〜個人的・書籍の感想〜

BSジャパン/若林正恭編『文筆系トークバラエティ ご本、出しときますね?』

外出自粛が続く今年のGW。普段あまり本とご縁のない人でも気軽に読めて、一冊でいろいろ出会えちゃった感をもらえる一冊などいかがでしょう。

芸人・若林正恭さんが司会進行を務め、毎回2名の作家がゲストとして登場し、日常生活や仕事のスタイルを語るテレビ番組『ご本、出しときますね?』の書籍版です。

番組HPの概要には、

「無類の本好き芸人、オードリー若林正恭と、第一線で活躍している人気小説家、エッセイスト、漫画などの「作家」達が、自分の人生の中で決めている“自分のルール”などをテーマに爆笑トーク! 番組の最後には“そういう時はこれを読め!”という、イチ押しの「本」を紹介してもらう、文筆系トークバラエティです。」

とあります。

 

 

大変ユニークな小説家たちが登場。西加奈子, 朝井リョウ, 長嶋有, 加藤千恵, 村田沙耶香, 平野啓一郎, 山崎ナオコーラ, 佐藤友哉, 島本理生, 藤沢周, 羽田圭介, 海猫沢めろん, 白岩玄, 中村航, 中村文則, 窪美澄, 柴崎友香, 角田光代, の錚々たるメンバーに加え、書籍特別企画として、尾崎世界観, 光浦靖子との鼎談も収録されています。

若林さんと作家たちが繰り広げるトークなので、普段あまり本を読まない読者でも気軽に手に取れ、小説家たちの素顔をのぞくことができます。ライバル作家への嫉妬や独特のコダワリなど、小説家たちのナマの人間の部分に楽しく出会わせてくれる一冊となっています。また、トークの内容に合わせて、同じような悩みをもつ読者へのオススメの一冊も毎回処方されます。

社会に出て行くのが不安な人、肩の力を抜きたい人、ズルしたくない人、悩める二十代などなど、読んでみたくなる本がズラリ。気軽に楽しめる、作家&読書のススメです!

  • 2020.05.01 Friday
  • 17:23