Categories

Calender

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< November 2016 >>

Recent Entries

Archives

w closet×JUGEM

募集&ご案内

「俳句の授業ができる本 創作指導ハンドブック」増刷!

お問い合わせを頂きながらも売り切れ状態だった「俳句の授業ができる本 創作指導ハンドブック CD付き(三省堂)日本俳句教育研究会 三浦和尚 夏井いつき 編著」が増刷され、またお手にとっていただけるようになりました。
「取り合わせ」の俳句の作り方や、「句会ライブ」のやり方、「選句力をつけるためのノウハウ」などなど、そして「音」から連想して俳句を作る「音俳句」用のCDも付いています。
これ一冊で俳句創作の指導が可能です!

 

 

創作指導はこの一冊から!

全国の有名書店・ネット書店にて販売中

  • 2016.11.06 Sunday
  • 13:07

お便り&レポート

「いのちころころ」句会ライブ IN平岩小学校

広島県東広島市にある平岩小学校にて句会ライブ!

とても気持ちの良い秋晴れそのままのような、キラキラした笑顔がまぶしい子どもたちが迎えてくれました。
「命」をテーマにした参観日、ということで道徳の後の句会ライブのお題も「いのちころころ」。
自分や家族や友達…心が動いたことを俳句の種にして、5分で一句の「取り合わせ」の俳句に挑戦しました。

 

 

キム・チャンヒさんの俳画をゲットしたのは次の二句。

〜1位〜 お母さんへのメッセージが素敵な俳句に。
「ありがとう生んでくれて春の昼 海凪」
春生まれということで「春の昼」という季語を選んだそうですが、ぽかぽか暖かくなってきて、カラフルな花も咲き始める春の気分は、「ありがとう」の気持ちをさらに幾重にも色づけてくれています。全てのお母さんの心をふるわせる一句で、これを選んだ子どもたちの素直な気持ちにも嬉しくなりました。

 


〜2位〜 低学年から高学年まで幅広く子どもたちの心をつかんだ一句。
「天高し明日は席変えだれが来る 帆風」
皆が楽しみにしている「席変え」のワクワクした思いが、取り合わせた季語「天高し」〜教室の窓から見える気持ちよく澄み渡った青空〜によく表現されています。翌日の席変えの後の、新しく隣になった友達との笑い声まで想像できそうです。私自身、昔楽しみにしていた席変えを思い出しました。

 


平岩小学校は、普段から校長室の前に俳句ポスト「じまんのはいく」を設置して、毎月の入賞句を飾るなど、普段から取り組みをされているようです。じっくり季語を観察した一物仕立ての素敵な句が沢山並んでいました。今回の「出来事や感情、つぶやきなどを12音のフレーズにして、季語とドッキングさせて気軽に詠んでいける・取り合わせ」の技で、さらにバリエーション豊かな俳句が並んでいくのだろうと思わせる句会ライブでした。

 

 

校内には、子どもたちの作品が大切に掲示されていて、クラスごとに設置しているという「ふわふわことばの木」の「花」々には、こちらまで「ふわふわ」させてもらいました。これから、ふわふわの木に飾る「花」を集めていくように、12音の「俳句の種」を集めていってくれることでしょう。
素敵な子どもたちと俳句に出会え、「ころころ」と心が喜んだ秋の一日でした。平岩小学校の皆さん、ありがとうございました。

  • 2016.11.05 Saturday
  • 19:03

お便り&レポート

修学旅行で句会ライブ!

愛知の豊田北高校の皆さんが修学旅行で松山に!昼間散策して松山を楽しみ、俳句まで詠んでくれたそうで、キム・チャンヒさんと一緒に句会ライブにいってきました。
夕食時間に合わせての句会ライブは、360人+先生方が並んでいて壮観!面白く楽しい俳句が続出で、この人数だど盛り上がり方も最高です!本当によく笑いました(^^)自分たちの拍手で優勝句が決まり、上位2句には、キム・チャンヒさんの俳画が賞品になると知り、拍手にも力が入ります。
優勝句は高校生らしい恋の句!「話せずに思いがつのる秋の風 正慈」皆、修学旅行に何かを期待しているということでしょうか(笑)

 


接戦で2位になった句は、松山弁を詠み込んだなかなかワザアリの一句!「そぞろ寒よもよも言うな団子の値 健士朗」セット団子が割高で納得がいかなかったらしいです(笑)

 

 

豊田北高校の皆さん、本当に発想が豊かで楽しくて素敵な生徒さんたちでした。先生方も拍手の判定など、ご協力ありがとうございました。
松山への修学旅行生がどんどん増えてくると良いですね(^_-)

  • 2016.11.01 Tuesday
  • 21:35

お便り&レポート

俳都松山宣言2016 十七音が景色を変える

2016年11月29日(土) 松山市総合コミュニティセンター

「俳都松山宣言2016 十七音が景色を変える」

第1部 トークショー「俳句と出会ってからというもの」
第2部 俳句対局 第2回松山市長杯

 

 

夏井いつき副会長と、TV「プレバト」で共演中の梅沢富美男さんのトークショーは、テレビの話も交えながら、次から次へと話がテンポ良くすすみ笑いがたえない。やのひろみさんの司会も楽しさを倍増させ、あっという間の一時間。

 

 

第2部の俳句対局は、対戦相手の俳句を元に二分以内(ほぼ一分くらいで作っていました@驚)に一句のペースで俳句を作り合う対決で、出場者のキャラクターも句柄もユニークで見応え十分。やはり頂上決戦はサスガ!の一言です!審査員の先生方もバラエティに富んでいて、俳句の解釈に幅がでて深みがより追加されていました。

 


笑って、感嘆して、また笑って…の楽しい3時間。「俳都松山」の顔の一つとして、これからも続いていってほしいイベントです。

 


入場整理券は、申込開始から数時間でなくなったそうです。(私自身、いつき組組員さんの声がけがなければ観覧できないところでした。)次は少しでも多くの希望者が観覧できるよう、さらに大きな会場での開催を願います。

  • 2016.10.29 Saturday
  • 18:56

募集&ご案内

〆切間近! NHKそれいけ!俳句キッズのご案内 

〜NHK松山放送局からのお知らせです〜

NHKそれいけ!俳句キッズ(以下NHKホームページより転載)

 

NHK松山放送局では、子ども達に楽しく俳句を学んでいただきながら、俳句を通じて地域の魅力を紹介する俳句バラエティーイベント「NHKそれいけ!俳句キッズ」を次のとおり実施します。

 

東予・中予・南予の各ブロック大会(予選)にご参加いただく小学生を募集します。ブロック大会では、会場周辺を吟行しながらオリジナルの俳句を創作。創作いただいた俳句をもとに、本選(12月23日開催)の「NHKそれいけ!俳句キッズ〜句会ライブショー〜」にご出場していただく各ブロック代表者を10名程度選出いたします。ブロック大会への出場ご希望の方は、以下の内容を確認してお申し込みください。
 

≪出場条件≫
 ・参加対象:愛媛県内在住の小学生
 ・お住まいの該当するブロック大会と本選(12月23日)に参加できる方
 ・保護者の同意と同伴をお願いします。

 

≪ブロック大会(予選)≫
 東予ブロック大会
  平成28年11月3日(木・祝)開演/午後0時50分
  西条市総合文化会館 展示室(西条市神拝甲79−4)             
 中予ブロック大会
  平成28年11月5日(土)開演/午後0時50分
  松山市民会館 小ホール(松山市堀之内)
 南予ブロック大会
  平成28年11月23日(水・祝)開演/午後1時 
  八幡浜みなっと 交流館(八幡浜市沖新田1581−23)

≪申込方法≫
参加無料。郵便はがき、もしくは封書に、出場希望者(小学生)の
(1)名前(ふりがな)、(2)性別、(3)学校名・学年
保護者の(1)郵便番号、(2)住所、(3)名前、(4)電話番号を記入してお申し込みください。
※複数でお申し込みの場合は、出場希望の小学生全員の名前(ふりがな)、性別、学校名・学年を記入してください。
≪あ て 先≫〒790−8501 NHK松山放送局「俳句キッズ」出場係
 

≪締め切り≫平成28年10月21日(金)必着


*応募多数の場合は抽選の上、各ブロックとも約100人の小学生の方に「ブロック大会参加」のご案内を、落選の方にはその旨をお伝えするご案内をお送りします。

 

≪本選≫
 「NHKそれいけ!俳句キッズ〜句会ライブショー〜」
  平成28年12月23日(金・祝)
  開場/午後0時40分 開演/午後1時 終演予定/午後3時30分
  松山市立子規記念博物館 講堂(松山市道後公園1−30)

 

【ゲスト】
未定 ※決定次第、NHK松山放送局のホームページ等で発表します。
【出演】
・ブロック大会を通過した約30人の小学生の皆さん
・夏井いつき(俳人)
・チキチキジョニー(東予ブロック俳句応援隊)
・テツ&トモ(中予ブロック俳句応援隊) 
・オジンオズボーン(南予ブロック俳句応援隊)
※俳句応援隊は担当するブロック大会へも出演します。
夏井いつき
チキチキジョニーテツ&トモオジンオズボーン

 

「NHKそれいけ!俳句キッズ〜句会ライブショー〜」
 ○第1部:「お笑い俳句ショー」
  俳句にまつわるトークや、お笑いライブをお楽しみいただきます。
 ○第2部:「俳句キッズ句会ライブ」
  出場する小学生が午前中に創作した俳句を披露し、観覧者とともに選評、投票により各賞をびます。

  • 2016.10.12 Wednesday
  • 00:19